筋膜障害の検査

筋膜障害の検査

2016/11/13

筋膜障害になっているかどうかはキネシオロジーの検査によって確認することができます。

筋膜障害については「筋膜障害」に戻る

筋膜については「筋膜とは」に戻る

筋膜を縮めたり、伸ばしたりするストレスをかけた時の反応を読み取ります。

反応が出れば、筋膜リリースによって筋膜を調整します。

 

下肢長によるキネシオロジー検査

アクティベータ検査正常な時矢印アクティベータ検査異常

 

筋膜にストレスをかけた時に筋膜に障害があると足の長さに変化が現れます。

 

筋紡錘や腱紡錘のエラーは磁石を当てると反応します。

反応がでたら、筋膜を縮めるもしくは伸ばす刺激を加えてエラーの方向を確認します。

エラーを改善する方向に刺激を加えて調整します。

 

筋膜は負荷をかけて同じ姿勢をしていると障害されてしまいます。

 

筋膜が障害される原因

 

筋膜障害についてへ戻る

 

筋膜とはに戻る

 

東村山市の丸山カイロプラクティックのご案内

筋紡錘や腱紡錘は筋肉に沿ってあるので適切な方向に刺激を加えないと調整できません。

適切な方向を知るには筋肉の知識が必要です。

国際基準の学位を持つ丸山カイロプラクティックは筋肉・骨格・神経系のスペシャリストです。

肩こり腰痛筋膜の障害が原因のことがあります。

辛い肩こりや腰痛でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇