寝違えは激しい筋肉痛です

寝違えは激しい筋肉痛です

2017/04/23

目が覚めて起き上がろうとしたら首に激痛が走って痛くて首を動かすこともできない。

寝違えと呼ばれる現象です。

寝違えは主に肩甲挙筋と呼ばれる首の筋肉が過剰に収縮することによっておこる筋肉痛です。

筋肉痛には筋疲労によるものと筋損傷によるものがあります。

寝違えは筋損傷による筋肉痛が原因です。

筋損傷とはどういうものか

筋損傷は、たとえば肉離れなどのように、自分で歩けないほどの痛みをともないます。普段使わない筋肉を急に使いますと、筋繊維が損傷して炎症を起こすのです。この炎症により痛みが生じます。

寝違えを起こす肩甲挙筋は強い力をほとんど使わない筋肉であるため、過剰な収縮が起こると筋繊維が損傷してしまいます。

 

寝違えがおこる仕組み

寝違えがおこる時は肩甲挙筋の伸張反射が関係しています。

伸張反射はジャンプするときのように少ししゃがみこんで大腿四頭筋を伸張させると反射的に収縮して高いジャンプ力を生み出します。

これと同じように寝ている時に首や肩甲骨の状態によって肩甲挙筋が伸びている状態になっていて、急に首を動かすようなことをして肩甲挙筋に力が入ると急激に強い力で収縮してしまいます。

頚椎に障害があると首を動かした時の痛みによる反射で収縮してしまうという場合もあります。

筋肉には腱紡錘という過剰に筋肉が収縮して筋肉が損傷しないようにするセンサーがあります。

寝ている首の状態で肩甲挙筋がストレッチされていると腱紡錘にうっ血や虚血が生じて腱紡錘が機能しなくなってしまうことがあります。

また、寝ているような安静状態が続いていると腱紡錘の状態依存性反射反転がおこり、腱紡錘が機能しなくなります。

覚醒すれば腱紡錘は機能するようになるのですが、目覚めてすぐの場合は反射反転が切り替わらないことがあります。

目覚めてすぐに首を動かそうとすると腱紡錘による筋収縮の抑制が効かないために寝違えがおこります。

 

寝違えになってしまったら

筋肉が損傷してしまって急性炎症を起こしています。

すぐに氷嚢などで冷やすようにします。

15分~30分冷やすようにします。

寝違えを発症してからすぐに冷やすほど症状の程度が軽くなります。

痛みがなくならない場合は鎮痛薬のロキソニンを飲みます。

ロキソニンは副作用の比較的少ない鎮痛薬です。

ただし、空腹時に服用すると副作用がありますので、何か食べ物を食べてから服用するようにします。

ロキソニンは炎症に伴って発生する発痛物質のプロスタグランジンの生合成を抑制します。

これによって痛みが抑えられます。

ロキソニンを飲んでも痛みが軽減しない場合は筋膜障害や関節障害によって筋肉を収縮させてしまう環境にあるのかもしれません。

筋膜や関節の状態を改善させるアプローチが必要になります。

うっ血やトリガーポイントなどによって組織が腫脹してしまっている場合もロキソニンが効きません。リンパマッサージなどを行う必要があります。

 

寝違えの痛みがなくなっても注意が必要です

寝違えは筋損傷が原因で、安静にしていれば1週間もすれば痛みがなくなります。

しかし、炎症が起きてしまった組織は瘢痕化や筋膜の癒着がおきやすい傾向にあります。

痛みが軽減しだしたころから適切なストレッチなどを行う必要があります。

炎症が起きると必ずしも瘢痕化や癒着がおきるとは限りません。

しかし、瘢痕化や癒着が起きてしまうと筋肉を動かした時に痛みが出るようになったり、肩こりを感じやすくなったりしてしまいます。痛みがなくなっても不調が続くようになってしまいます。

 

首を動かして痛みが出たり、動きにくくなった、肩こりを感じやすくなったなどを感じるようであれば、筋肉に障害があるかどうかを確認して改善のアプローチが必要です。

寝違えを起こしてしまってその後首の不調や肩こりなどを引きずってしまっているようであれば丸山カイロプラクティックにご相談ください。

キネシオロジー検査で首の不調や肩こりの原因を調べて改善に向けてのアプローチを行います。

まずは一度首の不調や肩こりの原因を検査してみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇