股関節の痛みや股関節の障害について

股関節の痛みや股関節の障害について

2017/05/15

股関節は骨盤とともに立位時に体を支える重要な関節です。

歩行時には軸となって歩行を容易にしています。

逆に言うと、股関節に障害があると体を支えることが困難になります。

また、歩くことでもストレスになるようになってしまいます。

 

股関節の痛みの原因

股関節を動かす筋肉の収縮痛やトリガーポイントが原因となることが多いです。

筋肉のバランスが悪くなると関節を動かした時に関節と関節がぶつかってしまって痛みが出ることもあります。膝を胸に近づけたりするような股関節を大きく動かした際に痛みが出ることが多いです。

股関節周りの筋肉の緊張が強い状態が続くと、股関節への血流が低下してしまう傾向にあります。普段は痛みがおきない様な動きをしているので気が付かないのですが、いつも歩いていないような長時間歩いたり、登山をしたり、つまずいて強い負荷がかかった際に炎症がおきて股関節の痛みを強く感じるようになることがあります。

筋肉の緊張と血流の低下があるためなかなか回復しない傾向にあります。

 

股関節の痛みの治療

キネシオロジー検査で股関節の障害を確認していきます。

痛みのある股関節のあたりをイメージして反応をみます。

反応があれば抗炎症剤を手に持って反応をみます。反応が反転したならば、股関節部分に炎症が起きています。炎症を抑えるような反応を探してアプローチして改善を促します。

反応が無い場合は、違う部位からの放散痛が原因であることが考えられます。

股関節部分に関連痛を引き起こす筋肉には腹筋や腸腰筋があります。

また、負荷が無い時には障害が無く、負荷がかかるとストレス反応で痛みが出ているということも考えられます。

筋肉を動かして反応を見て、ストレス反応が出るようであれば筋肉を調整します。

 

時々、股関節が外れそな感覚になる場合

立っていたり、歩いていて股関節が外れそうなような感覚になることがあります。

股関節がポキッとなると、関節がはまって違和感がなくなります。

このような状態は腸腰筋の筋肉が緊張している時におこることが多いようです。

腸腰筋筋膜障害筋紡錘腱紡錘のセンサーエラーがあると、立っていたり歩いている時の負荷でだんだんと収縮してきてしまって、関節部分の大腿骨を引っ張ってしまい外れるような感覚になります。関節がポキッとなる時の刺激で筋肉の緊張がリセットされて元に戻ります。

腸腰筋の調整が必要になります。

反り腰傾向の人は日常的に腸腰筋のストレッチを行わないと障害が継続しやすい傾向にあります。筋膜障害は通常のストレッチでは改善しないため、筋膜を意識したストレッチを行うようにします。

筋紡錘、腱紡錘のセンサーエラーは自然回復することがあまりありません。

筋肉は筋紡錘や腱紡錘センサーをモニターして動いているのでエラーの情報のままでは、好ましい動きはできません。

一度、検査を行って調整することをお勧めします。

ヨガのような呼吸に合わせた持続的なストレッチは筋紡錘や腱紡錘のセンサーエラーを調整することがあります。

 

股関節の痛みなどの障害でお悩みの方はお気軽に丸山カイロプラクティックにご相談ください。

骨盤のゆがみが股関節の障害の原因となっていることもあります。

そのような場合もキネシオロジー検査を行うと原因を確認することができます。

一度、原因を確認してみてください。

原因がわかれば、原因を改善するようにアプローチしていけば股関節の障害は改善していきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇