過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群について

2017/05/20

過敏性腸症候群とは腸の運動や分泌機能の異常でおこる病気の総称です。

おなかが痛くなる、おなかが張る、下痢、便秘、おならが良く出るなどの症状が現れます。

病院で検査を行って、炎症や潰瘍などの気質的な障害が無いにも関わらず症状が出る場合は腸の機能異常が起きていると考えられます。

 

過敏性腸症候群の原因

腸の機能異常がおこる原因には腸内細菌の悪玉菌の割合が大きくなっている、自律神経の影響、腸のリンパ循環や血流の停滞の影響、食べ物のアレルギーによる影響などがあります。

回盲弁症候群が関係している場合もあります。

精神的なストレスや環境が変わることでおなかが痛くなったり、下痢をしやすいというのは自律神経の影響に含まれます。

 

過敏性腸症候群の検査

病院で腸の内視鏡検査を行って、炎症や潰瘍が無ければ過敏性腸症候群です。

丸山カイロプラクティックではキネシオロジー検査を行って確認しています。

腸に潰瘍や炎症がある場合は『腸の障害』とします。

腸に炎症や潰瘍が無い機能異常の場合は『腸のエネルギーブロック』とします。

まず、自分自身に問いかけるキネシオロジー検査を行います。

「腸の障害がありますか?」

Yesの反応がでたら炎症や潰瘍があると思われます。確認でロキソニンを手に持って反応が反転したならばプロスタグランジン性の炎症があると思われます。

一度病院で検査を行ったほうがいいかもしれません。

Noの反応が出たならば、「腸のエネルギーブロックがありますか?」と問いかけます。

Yesの反応が出たら腸の機能異常が起きていると考えられます。

もし、Noの反応が出たとしたら、症状の原因は腸の機能異常によるものではなく、カンジダ菌やバクテリアなどの腸内細菌による影響であると思われます。

 

次におなかが張る、おなかが痛い、おならが出るなどの症状の状態をイメージします。

反応が出ますので、アレルギーキットを手に持ったり、オキシドールやアンモニアなどを手に持って反転する反応を探します。

反転する反応をしたものが過敏性腸症候群を引き起こす引き金となっている原因物質となります。

原因物質による反応を改善するような運動やサプリメントなどの反応を探し出して過敏性腸症候群の改善をサポートします。

サプリメントの検査では丸山カイロプラクティックでは新ビオフェルミンと納豆があります。もし、ご自分で飲まれているサプリメントがありましたらご持参すればそのサプリマントが効果的かどうか検査することができます。

回盲弁症候群が過敏性腸症候群の引き金になっていることもあります。

回盲弁症候群の検査で反応が出て、症状と回盲弁症候群の検査が反応するようであれば回盲弁機能を改善するようなアプローチが必要になります。

 

過敏性腸症候群の治療

アレルギー物質に反応が出るようであればアレルギー除去療法を行います。

過敏性腸症候群の方は多くの物質にアレルギーがある傾向にあるため、複数回の施術が必要になることが多いです。

呼吸法やリンパマッサージによってアレルギーが自然回復することもあります。

回盲弁症候群の場合は回盲弁機能を改善するリンパ反射点を探してリンパマッサージのアプローチを行います。

回盲弁機能は自律神経の影響を受けやすく、アレルギーや呼吸法が悪いと再発しやすい傾向にあります。

大腸や小腸のリンパ反射点のマッサージを指導していますので、精神的なストレス時や食後などリンパマッサージを積極的に行うことで過敏性症候群の症状を緩和することが期待できます。

腹式呼吸、ドローイン呼吸法ロングブレスダイエットの呼吸法は腸の血流やリンパ循環の改善に効果があります。

検査で呼吸法を行ったときに反転反応があれば、呼吸法を行うことが過敏性腸症候群の改善につながります。

整腸剤で改善反応が出るようであれば、積極的に整腸剤を飲むことをアドバイスします。

 

過敏性腸症候群の人でよくある悩みのおならについて

丸山カイロプラクティックに来られる過敏性腸症候群の方の一番多い悩みは「おならがdる」ことです。おなかが痛くなることよりも、下痢してしまうことよりもおならが出てしまうことがお困りの方が多いようです。

おならのガスには毒性のあるものがあって我慢すると腸の機能を障害するという悪循環に陥ってしまうことがあります。

また、おならに対する不安が腸の緊張や活性酸素を作り出しておならの原因になることもあります。

安全なおならと安全でないおならをキネシオロジー検査で調べてみたほうがいいと思います。

 

過敏性腸症候群などのおなかの不調でお悩みの方は丸山カイロプラクティックにご相談ください。

病院でわからないような症状の原因はキネシオロジー検査で確認します。

病院に通院されている方もキネシオロジー検査を受けることで原因が絞り込まれていくので、改善が早まることが期待できます。

一度キネシオロジー検査を受けてみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇