冷え症の人は肉を食べたほうがいいのか?

冷え症の人は肉を食べたほうがいいのか?

2017/06/24

お肉を多く食べるように食生活を改善すると体温が上昇し、冷え性が改善するということを耳にします。

お肉を食べることでの冷え症の効果は人によって違います。

とりあえず、1,2週間お肉を多く摂取してみて冷え症が改善するようであれば続けてみましょう。

お肉を多く摂取しても冷え症の状態が変わらないようであればお肉を多く食べるのはやめたほうがいいと思います。

 

お肉を食べると体温が上昇する

食事誘発性熱産生(DIT)というのがあります。

食事を摂った際に、咀嚼、消化・吸収などにより発生するエネルギー代謝のことです。

三大栄養素では、タンパク質の消化・吸収が最もエネルギーを必要とし、その放熱率は約20%。糖質および脂質は各々約5%。代謝全体の10%程度を占めています。

お肉を食べると運動していなくても消化のために発熱するのです。

しかし、これは消化機能が正常なヒトです。

内臓のうっ血やリンパのうっ血があると消化機能が正常に働かないために十分に発熱しません。

そのためお肉を食べても冷え症となります。

 

お肉を食べるから冷え症になる

内臓のうっ血やリンパのうっ血があるとタンパク質を消化して食事誘発性熱酸性が不十分である場合があります。

お肉を食べて消化吸収が不十分であった場合、タンパク質は腸内の悪玉菌に分解されてアンモニアが発生します。

アンモニアは強い冷却作用があるために内臓が冷えてしまい、冷え性を悪化させることがあります。

 

冷え症改善にお肉を食べたほうが良いのか?それとも良くないのか?

先ほど述べたように試してみることが一つの方法です。

それ以外の方法ではキネシオロジー検査を行うという方法があります。

冷え症改善のためのキネシオロジー検査の手順

  • 牛肉、豚肉、鶏肉、魚肉の波動キットを手に持って反応をみます。

ストレス反応があるかどうかを確認します。

ストレス反応がある場合はその肉を食べること自体が体にとって良くないことである反応です。

お肉を食べても冷え症は改善しないし、悪化することも考えられます。

2、次に冷え性の状態をイメージしてキネシオロジー検査を行います。

ストレス反応が出ると思いますので、先ほどの肉の波動キットを手に持って反応をみます。

ストレス反応が反転したらそのお肉を食べると冷え症改善効果があると考えられます。

ストレス反応が反転しない場合は胃や小腸のリンパ反射点にアプローチして反応をみます。

反応が反転したら胃や小腸の血流低下がお肉の消化を妨げていると考えられます。

胃や小腸の状態を改善するようにアプローチを行うことで、お肉を食べると冷え症が改善していくようになります。

胃や小腸の状態がそのままだと、お肉を食べても冷え症は改善していきません。

お肉を食べても冷え症が改善しない人の傾向

猫背で姿勢が悪い。

座っていることが多く、座っている姿勢が悪い。

食べるとおなかがはりやすい。

このような人は姿勢によって内臓が圧迫されていて血流やリンパのうっ滞を招きやすくなっています。

姿勢を改善することが大切です。

良い姿勢を維持できない原因に骨盤や背骨のゆがみがあることがあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇