筋肉痛の原因ってなんだ?乳酸の蓄積?

筋肉痛の原因ってなんだ?乳酸の蓄積?

2017/08/07

筋肉痛の原因って何なんでしょうね。

私は乳酸の蓄積だと思っていました。

しかし、最近では乳酸は筋肉痛の原因ではないといういのが常識になっているようです。

 

そもそも「筋肉痛の原因」の原因って何をさしているのでしょうね。

筋肉痛の原因は組織の炎症です。

炎症による発痛物質の影響で痛みが出ます。

 

では炎症を引き起こす原因って何なんでしょう?

反復性の筋収縮によって筋組織に微小断裂がおこって炎症が起きることがあります。

虚血によっても炎症がおこります。

組織が酸化すると炎症がおこります。

乳酸の蓄積によっても炎症がおこります。

 

乳酸の蓄積は筋肉痛の原因の一つでもあるのです。

『人体の酸化の1番の原因は、乳酸の蓄積です。

乳酸は具体的な数値を伴って、細胞や血液を酸化させます。

乳酸が細胞をpH5~6に酸化させ、血液をpH7.3以下に酸化させます。

ミトコンドリアはpH7.35以上の弱アルカリ性でないと活動できないので、乳酸の蓄積によってATP不足と細胞の障害という致命的な不具合を招きます。

 

ブドウ糖=乳酸×2です。

乳酸はブドウ糖を2つに割っただけの、単純な糖です。

余った糖(乳酸)は、毒性を持ちます。

毒性を発揮した糖は、タンパク質を劣化させ、AGEs(アクリルアミドなど)を作ります。

乳酸の蓄積による劣化が、老化や病気の原因です。

 

ガン細胞が分泌する乳酸が、慢性炎症の根本原因です。

ミトコンドリア機能不全のガン細胞は、必ず乳酸が蓄積し、大量の乳酸を分泌します。

蓄積した乳酸は、炎症性サイトカインであるIL-6・IL-23・IL-17などを増強し、慢性的な炎症を起こし続けます。

慢性炎症はガン・慢性病の原因であり、細胞を焼き続けて破壊します。』

http://16296315.at.webry.info/201408/article_9.html

より引用しました。

 

ただ、筋肉痛の原因は乳酸の蓄積だけじゃないですからね。

使われていない筋肉を酷使すれば筋組織の損傷が起きて炎症が起きて筋肉痛になりますからね。

筋損傷を起こしやすい筋肉の動きとしては遠心性収縮運動が障害されやすいです。

腹直筋は分割されているので、一つの筋肉が収縮するとその隣の筋肉は遠心性収縮運動となりやすいのです。

腹筋をうまく使えていない人はすぐに筋肉痛になってしまいます。

他の筋肉に比べて腹筋が筋肉痛になりやすいのはこのためです。

 

筋肉痛の原因が乳酸の蓄積であっても、乳酸が関係ないとしても、筋肉痛になっちゃう人はなっちゃうんでしょうがないですね。

トレーニングでは最初は無理せず、筋肉をしっかり使えるようになってから本格的にトレーニングをするようにするとつらい筋肉痛は回避できると思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇