過敏性腸症候群改善のためのアプローチ

過敏性腸症候群改善のためのアプローチ

2017/09/01

過敏性腸症候群の検査で出たストレス反応を打ち消すような刺激が過敏性腸症候群の改善のためのアプローチになります。

ストレス反応を打ち消すような刺激をキネシオロジー検査で確認していきます。

過敏性腸症候群改善のためのキネシオロジー検査と改善のアプローチ

腸の知覚過敏

抗炎症薬のロキソニンで反応がでるようであれば腸に炎症状態があります。

腸の炎症状態は腹式呼吸で改善するケースが多くあります。

腹式呼吸を行って反応が反転すれば腹式呼吸が改善のための刺激になります。

胸椎や腰椎のゆがみが知覚過敏の状態を作り出していることもあります。

胸椎や腰椎で反応が反転すれば矯正の施術をすることが改善につながります。

食べ物が原因になっている場合はキネシオロジー検査で一つ一つ腸に悪い影響を与える食べ物を探っていきます。

食べ物自体にアレルギーがある場合と腸の状態が悪いので悪い刺激となっている場合があります。

アレルギー反応の場合はアレルギー除去療法を行います。

アレルギー反応でない場合は腸の状態が良くなるまで一時その食べ物を食べない様にします。

 

心理的異常

精神的なストレスで腸の機能障害が生じています。

恐怖の感情によって分泌されるアドレナリンが原因であることが多いようです。

「恐怖の感情」にアレルギーがあるかどうかを検査して反応があるようであればアレルギー除去療法で反応を切り替えていきます。

交感神経の過剰と活性酸素の反応があるようであれば、自律神経訓練法のアドバイスとビタミンCの摂取のアドバイスをします。

腸の運動異常

腸の運動の運動異常は胸椎と腰椎が関係していることがあります。

胸椎と腰椎で反応がでるよであれば関節の矯正の施術を行っていきます。

抗ヒスタミン薬やセロトニンで反応がでる場合は内臓の血流の低下が疑われます。

腹式呼吸を行うと内臓の血流の改善効果があります。

腹式呼吸を行っても改善効果の反応が無い場合は上腹部のマッサージを行います。

それで反応がでるようであれば、横隔膜の動きが悪くて腹式呼吸がうまくできていないということがわかります。

横隔膜のリンパ反射点へのアプローチを行って腹式呼吸のトレーニングを行っていきます。

横隔膜は頸椎からの神経と関係しているので頸椎に問題があるようであれば頸椎の施術を行っていきます。

腸内環境が関係している過敏性腸症候群

腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増えている状態だと菌の毒素などが腸壁を刺激して過敏性腸症候群を引き起こしていることがあります。

腸内環境を良くするといわれているヨーグルトなどの乳酸菌や納豆菌を積極的に食べることで腸内環境が良くなって症状が緩和されることがあります。

乳酸菌や納豆を使ってキネシオロジー検査を行って改善反応がでれば積極的に摂取することをお勧めします。

丸山カイロプラクティックでは新ビオフェルミンとビフィーナを検査に使用しています。

腸内環境の改善に関しては抗菌薬を使ったほうが有効の場合もあります。

治療で病院に行かれている方は丸山カイロプラクティックでのアプローチと並行して行うと効果的だと思われます。

 

過敏性腸症候群は腸内環境や血流、メンタルなどが複合的に働いて起こっている症状なので改善するのは困難です。

しかし、根本的な原因がわかれば改善の糸口がわかり、アプローチを続けていけば改善につながります。

おなかの調子が悪くてお困りの方は丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇