小指や薬指のしびれや力が入りずらくなる肘部管症候群

小指や薬指のしびれや力が入りずらくなる肘部管症候群

2017/09/29

肘部管症候群とは

肘の内側部分に尺骨神経の通り道のトンネルとなっている肘部管というところがあります。

この部分で尺骨神経が障害されることでおきる尺骨神経障害の状態を肘部管症候群といいます。

手のしびれの肘部管症候群

肘部管症候群によっておこる症状

尺骨神経は手の小指と薬指の感覚を支配しています。

肘部管で尺骨神経が傷害されると小指と薬指にしびれや痛みを感じるようになります。

また、小指を曲げたりする動きや指を開く筋肉の動きを支配しているのでそれらの動作がしづらくなったり、できなくなったりします。

 

肘部管症候群の原因

肘部管部分で尺骨神経が圧迫されたり、引き延ばし損傷を受けることでおこります。

圧迫は靭帯の肥厚やガングリオン、骨棘などがあります。

引き伸ばし損傷は血流の低下などで柔軟性の乏しくなっている神経が強い負荷で引っ張らられたり、反復して引っ張られることを続けているとおこりやすいです。

転倒した際に手をついたり、テニスやゴルフなどで手首を反らすような動作を行うと強い負荷で引っ張られるような状態になります。

パソコンのキーボード操作やマウスの操作で手首を反らした状態で指を酷使している状態が続くと反復した牽引がおこり障害が起きやすいです。

キーボードを打つのが早い人でEnterキーを力強くたたくような人は障害されやすい傾向にあります。

筋肘部管部分で神経と筋膜の癒着が起きている時は引き伸ばし損傷を受けやすかったり、炎症によって障害されやすいです。

血流の低下は胸郭出口での血管の圧迫による場合があります。

 

肘部管症候群の検査

打腱器で肘部管の部分を軽くたたいて、小指のあたりに痛みや痺れが誘発されれば、肘部管症候群であると思われます。

キネシオロジー検査では、肘部管部分を触ったり、たたいたりするとストレス反応がでます。

指に力が入らない、痛みがある、痺れがあるという原因を確認して、肘部管部分を触って反応が反転したならば肘部管に障害があると確認できます。

セロトニンや抗ヒスタミン薬で反応が反転する場合は血流の低下が原因となっています。

血流を阻害している部位の改善が必要になります。

抗炎症薬で反転反応があれば炎症が起きているということが確認できます。

作業姿勢などを改善して炎症が悪化しない様にしていくことが必要です。

 

 

肘部管症候群の改善のためのアプローチ

キネシオロジー検査の反応に基づいてアプローチしていきます。

血流の低下がある場合は血流の低下の原因を改善するようにアプローチすることが必要です。

筋膜の癒着による場合は筋膜リリースのアプローチを行います。

筋膜の癒着や靭帯の肥厚の時は超音波療法を行うことで改善することがあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇