人が言うことが理解できないよく聞き間違える

人が言うことが理解できないよく聞き間違える

2017/09/30

40代の女性の方で恐怖麻痺反射の統合不全を疑って来院されました。

小さいころから不器用で理解力が遅いということを改善したい。

人がいうことを理解することがうまくできないことがあり、よく聞き間違えてしまいます。

そのことで人から馬鹿にされたり、悪く言われたりすることでひどく傷ついてしまいます。

 

キネシオロジー検査

経絡のエネルギー反応の検査で反応がでない。

水で反転するため脱水傾向にある。

喉、肺で反転し、ロキソニンで反転反応があります。炎症状態である。

小腸と大腸のリンパ反射点で反転反応があり、大腸は腹式呼吸で小腸は小腸経のツボの刺激で改善反応がありました。

1/2吸気でストレス反応があり、恐怖感情で反転反応がありました。

方鼻呼吸でストレス反応があり、さみしさの感情で反転反応がありました。

ネガティブな情報を受け入れる思考のアレルギーがあり、副腎、糖、脂肪、セロトニンで反転反応がありました。

ネガティブな情報を否定する思考のアレルギー反応があり、同様の反応がありました。

私の言った言葉を記憶してもらうように指示して反応を見ると、ストレス反応がありましあ。

右耳をふさいで同様に検査を行うと反応が反転しました。

左耳では反転しませんでした。

セロトニンで反転反応がありました。

ロキソニンで反転反応がありました。

耳引張りを行うことで反応が出なくなりました。

糖および脂肪で反応がでなくなりました。

バレリューのテストではストレス反応がでなかったため、椎骨動脈は関係していないようです。

同側運動ではストレス反応がでませんでした。

対側運動でストレス反応が出ました。

小腸の経絡の刺激と腹式呼吸でストレス反応の反転がありました。

 

アプローチ

恐怖感情のアレルギー除去療法をおこない、対側運動のトレーニングのアドバイスをおこないました。

耳引張りを行って耳の血流を良くするようにアドバイスをおこないました。

コメント

聞いてたことが理解できないのは左右の耳からの情報の入力エラーであると思われました。

聴覚に好ましくない左右差があり、聞こえた情報を思考に変換して脳に入力していると思われます。

それによるストレスでエネルギーが不足したり血流が低下することでさらに聞いたことが理解できなくなっています。

恐怖感情を無くしていくことと、耳の血流を良くしていくことが改善の第一歩になると考えられました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇