リーキーガットがあるとなぜ慢性疲労を起こしやすいのか?

リーキーガットがあるとなぜ慢性疲労を起こしやすいのか?

2017/11/11

リーキガットという状態はリーキー(漏れる)+ガット(腸)で腸から栄養素などが漏れ出るという状態です。

リーキーガットの状態では慢性疲労の状態になりやすいといえます。

 

リーキーガットと慢性疲労の関係

腸から吸収された栄養素などは肝臓へ行き、肝臓で解毒されてから栄養素となり血流によって全身にいきわたります。

リーキーガットの状態では漏れ出たものがリンパによって吸収されたり、腸から栄養を吸収する血管ではなく、腸に栄養を送っている血管に入り込んでしまいます。

これらの吸収経路では肝臓を経由しないで全身を回ってしまいます。

リンパから吸収されて、リンパの滞りがあると感冒様症状となってだるさや疲労感となります。

解毒されていない物質が全身を回り、腎臓や肺での排泄システムに負担がかかり、疲労感を生じたり、肝臓での解毒に負担がかかり疲労感となります。

 

リーキーガットでは全身にいる悪玉菌に餌を与えている状態

リーキーガットの状態で吸収されたタンパク質は解毒分解されていないため、体の細胞の栄養とはなりません。

かわりにそのタンパク質は体にいる悪玉菌の餌となってしまいます。

多くの悪玉菌は栄養要求性が高いので、タンパク質などの栄養素がないと増殖することができません。

リーキーガットの状態では健康な人では生息しないような場所に悪玉菌が生息、増殖するような状態になってしまっているのです。

食べているものの一部が悪玉菌の餌となってしまっているのです。悪玉菌の毒素等を処理するために肝臓や腎臓に負担がかかり、疲労感を生じてしまいます。

 

慢性疲労の状態の原因がリーキーガットにあるかどうかのキネシオロジー検査

疲労の状態をイメージしてキネシオロジー検査の反応をみます。

ストレス反応がでますので、腸のリンパ反射点にアプローチして再度反応をみます。

ストレス反応が反転してでなくなったら腸が問題となっているということがわかります。

リーキーガットが背景にある可能性があります。

リーキーガットという状態を認識してもらい、自分自身に問いかけるキネシオロジー検査を行います。

「リーキーガットの状態がありますか?」と問いかけてYesの反応がでればリーキーガットの状態であるとおもわれ、慢性疲労の原因がリーキーガットにあるということがわかります。

 

リーキーガットによる慢性疲労改善のためのアプローチ

リーキーガットの反応を反転させる刺激を探します。

乳酸菌、納豆などの整腸剤、ドクダミなどの生薬、腹式呼吸による内臓への刺激等で反転反応を探します。

乳酸菌で改善反応がでる人もいれば、でない人もいます。

改善する刺激は腸内環境によって人それぞれのようです。

 

リーキーガットはなかなか改善しにくい症状の一つです。

そして一般的な病院の検査ではわからない症状です。

そんなリーキーガットという症状にはキネシオロジー検査で原因を確認して、改善することができる刺激を探してアプローチすることがとても有効です。

病院にいっても改善しない慢性疲労、休息しているのに改善しない慢性疲労はリーキーガットが原因かもしれません。

慢性疲労でお悩みの方は丸山カイロプラクティックにお気軽にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇