喉の詰まり感から息苦しくなり胸が押される感じがして頭がもやもやして不快感

喉の詰まり感から息苦しくなり胸が押される感じがして頭がもやもやして不快感

2017/11/12

清瀬市在住36歳男性の方が喉の詰まり感と息苦しくなって胸が押される感じがすること、それに伴って頭がもやもやした感じで不快感がするという症状の改善のために来院されました。

症状は5年ぐらい前からあり、動悸や頻脈、汗がとならないなどの自律神経症状がありました。

めまいや吐き気に襲われて首のストレッチを行うようになったら改善してきたのでそのままにしていました。

1年ぐらい前に整体で関節の矯正の施術を受けてかなり良くなった感じがありましたが、現在ある症状は変わらず通院をやめました。

4か月ぐらい前から急にまた症状がひどくなり、頭が重い感じと耳がふさがった感じがして首をうごかしたらポキッとなって突然息苦しくなってしまいました。

それから仕事に支障があるほどの状態となってしまったために、病院と併設してあるカイロプラクティックで施術を受けて良くなりましたが、完全には良くなりませんでした。

いろいろ調べて、能瀬駅髄液に問題があるのではないかと考えて当院に来院しました。

 

キネシオロジー検査

エネルギー反応が出ず、のど、食道もしくは気道の炎症があるようでした。

肺の部分には炎症反応がありました。

脳脊髄液循環障害のキネシオロジー検査

吸気、呼気、1/2吸気、1/2呼気、方鼻呼吸、口鼻呼吸のすべてにストレス反応はありませんでした。

喉の詰まり感について

喉の詰まり感のイメージでストレス反応がありませんでした。

喉を触るとストレス反応があり、脱水、炎症反応がありました。

カビのストレス反応がありました。

頚椎、腰椎に原因がある反応がありました。

胸の苦しさについて

イメージでストレス反応があり、横隔膜で反転反応がありました。

交感神経、カビで反転反応がありました。

頚椎、胸椎に原因がある反応がありました。

頭のもやもやについて

イメージでストレス反応があり、腹式呼吸、抗ヒスタミン薬、交感神経遮断薬で反応がありました。

胸椎、腰椎、骨盤に原因があるという反応がありました。

斜角筋の筋膜障害、上部僧帽筋の筋膜障害、トリガーポイントがある反応がありました。

 

施術

骨盤、脊柱に対するアクティベータの施術を行いました。

斜角筋、上部僧帽筋の筋膜リリースとトリガーポイント療法を行い、頸椎のモビリゼーションを行いました。

 

コメント

喉の詰まり感は喉や食道、気道のカビが関係していると思われました。

炎症による乾燥で詰まり感となり、その刺激から交感神経が過剰になり頸部の筋肉の緊張やうっ血が生じて頭のもやもや感となっていると思われました。

横隔膜の動きが悪く、内臓のうっ血によって頸椎、胸椎、腰椎、骨盤の関節障害が生じている可能性があり、それが症状を誘発するという悪循環になっている感じがあります。

以前通われていた整体院やカイロプラクティックで骨盤や脊柱の矯正を行って一時的に良くなるのはそのためではないかと思われます。

横隔膜の状態と呼吸を改善して内臓のうっ血が改善されると根本原因が改善されていくと思われます。

カビと肺の炎症が関係しているようなので、改善には時間がかかると思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇