ガンの原因はカンジダ菌にある

ガンの原因はカンジダ菌にある

2017/11/18

シンチモーニ氏の言う癌の原因はカンジダ菌というのはかなり当たっている真実のようだと思われます。

癌細胞の性質とカンジダ菌の性質は同じようなものを持っているのです。

癌細胞、カンジダ菌はともにプロスタグランジンE2を分泌するようなのです。

カンジダ菌に寄生された細胞は癌細胞となってしまう可能性が高くあります。

癌細胞がプロスタグランジンE2を分泌する

『東京大学大学院医学系研究科の半谷匠大学院生と同生産技術研究所の柳井秀元特任准教授らの研究グループは、死を迎えたさまざまな細胞からプロスタグランジンE2(prostagalndin E2;PGE2)が放出されることを見いだし、死んだ細胞由来のPGE2が、炎症・がんといった病態の進展に深く関与することを明らかにしました。

 

細胞が死を迎える際には核酸やタンパク質が放出され、炎症反応を引き起こすことが知られています。これらの分子はダメージ関連分子パターン(damage associated molecular patterns;DAMPs)と呼ばれ、炎症・免疫系を活性化し、自己免疫疾患や動脈硬化、がん、神経変性疾患など、炎症の関わる様々な病態に関わることが分かってきています。したがってDAMPsはさまざまな疾患に対する治療標的として注目を浴びていますが、このようなDAMPsの中に炎症・免疫反応を抑える分子が存在するかどうかは知られていませんでした。

 

研究グループは細胞が死ぬと、PGE2が放出され炎症・免疫系を抑制することを見いだしました。実際、細胞が死を迎える際にPGE2の放出を抑えた場合、炎症・免疫応答が増強されることも明らかにしました。さらに、肝障害を患ったマウスにおいてもPGE2の産生を抑制するとその症状が悪化し、死んだ細胞による炎症反応が増強されることやがん細胞においてもPGE2の産生を抑制すると、抗腫瘍免疫応答が増強され、がん細胞の増殖が抑えられることもわかりました。』

http://www.u-tokyo.ac.jp/ja/utokyo-research/research-news/dead-cell-derived-immunosuppressive-molecule-identified.html

より

 

カンジダ菌がプロスタグランジンE2を分泌する

『カンジダ菌などの真菌は、プロスタグランジンE2 という生理活性物質を産生します。そこで、抗生物質を投与しカンジダ菌が増殖したマウスの血液中のプロスタグランジンE2(PGEM)濃度を測定したところ、2倍以上に増えていました。そして、その状態で抗真菌剤をマウスに投与してカンジダ菌を減らしたところ、プロスタグランジンE2(PGEM)濃度も下がりました。

同時に、プロスタグランジンE2を産生できない遺伝子改変マウスにも抗生物質を投与したところ、血液中や肺気道内のプロスタグランジンE2が増加しました。以上の結果から、カンジダ菌からプロスタグランジンE2が産生され、血液を介し肺まで送られていることが証明されたのです。』

http://www.atopinavi.com/navicontent/list?c1=health&c2=1&c3=125&n=2

より

 

プロスタグランジンは炎症性物質だと思っていたのですが、プロスタグランジンE2には炎症、免疫反応を抑制する作用があるようです。

カンジダ菌はその作用によって人の免疫系によって排除されることなく寄生生息する能力を持っていると思われます。

そして、寄生された細胞が癌化するのではないのでしょうか。

カンジダ菌の影響による障害のキネシオロジー検査

障害のある部位や内臓のリンパ反射点にアプローチしてストレス反応がでたらナイスタチンを手に持ちます。

反応が反転したらカンジダ菌が原因である可能性が高いと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇