返事は「うん」ではなく「はい」が良い

返事は「うん」ではなく「はい」が良い

2018/03/25

朝の連続テレビの「わろてんか」で長男が子供の躾で「『うん』やのうて『はい』やろ」というセリフが時々出てきます。

私も大学生の時に先輩によく怒られました。

なんでなんでしょうね。

 

最近、キネシオロジー検査を行っていて、多くの人に思考のアレルギーがあるということがわかってきました。

よくある思考のアレルギーはポジティブな情報の否定とネガティブな情報の肯定です。

その原因を調べていくと、糖や脂肪で反転反応があることが多く、エネルギー不足によって思考のアレルギーが発生していると考えられました。

エネルギーの消耗を恐れる代償として思考のポジティブな情報を否定したり、ネガティブな情報を受け入れてしまうようです。

 

返事をするときに「うん」は楽です。

「はい」は「うん」よりもちょっとエネルギーを使います。

人に対応する時の返答でエネルギーを惜しんだ行動をしていちゃダメなんですね。

無意識のうちに「うん」を使ってしまうような場合はエネルギー不足が背景にあるかもしれません。

そしてその背景には思考のアレルギーがあるかもしれません。

注意したほうがいいですね。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇