手のしびれの原因を確認するキネシオロジー検査

手のしびれの原因を確認するキネシオロジー検査

2018/05/14

手がしびれる原因には、脳梗塞などの脳の問題、糖尿病による末梢神経障害、手首部分で神経血管が圧迫される手根管症候群、胸郭部分で神経血管が圧迫される胸郭出口症候群、頸椎の神経出口のところで神経血管が圧迫される頚椎症、筋肉のトリガーポイントによる放散痛などがあります。

 

丸山カイロプラクティックでは手のしびれの原因の確認にキネシオロジー検査を行っています。

手のしびれのキネシオロジー検査

①まず、しびれている部分をイメージします。

ストレス反応があればその部分に何かしらの障害があると思われます。

ロキソニンで反転反応があれば炎症が起きています。

炎症が起きる原因を追究していき、改善反応を探します。

 

イメージでストレス反応が無ければしびれている部分には問題がありません。

②痺れの原因の可能性のある手首、前腕、肘、上腕、肩、鎖骨部、首、胸へとそれぞれ意識してキネシオロジー検査を行います。

反応が無い場合は、神経血管の圧迫もしくは脳の問題だと思われます。

 

次に体に手のしびれの原因を問いかけます。

ほとんどの場合Yesの反応がでます。

先ほどのイメージしてストレス反応がでたところを意識した状態で、再度問いかけます。

Yesの反応が反転した場合、その部分が手のしびれの原因となります。

その原因部分を改善させる施術が必要になっていきます。

②のイメージでストレス反応が無かった時はオキシコンチンを用いて問いかけを行って反転反応があれば脳が過敏になっている可能性があります。

オキシコンチンで反応がなければ関節や筋肉の状態による神経血管の圧迫だと思われます。

②のイメージをしながら問いかけていき、反転反応がある場所を探します。

反転する反応がでた部位を改善させる施術を行っていきます。

 

オキシコンチンで反応がでた場合は精神的なストレスで脳が過敏になっていることもありますが、脳自体に問題があることもありますので一度病院で検査を行って脳に問題が無いといいうことを確認したほうがいいかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇