グレーゾーンの発達障害の改善と英会話の上達方法は同じ

グレーゾーンの発達障害の改善と英会話の上達方法は同じ

2018/06/03

発達障害は発達が障害されているという状態です。

ほとんどの場合、発達を障害する要因はストレスです。

ストレスは安全でない環境の中で受ける精神的なストレス、細菌、ウィルスによるストレス、毒素、酸欠、栄養不足、肉体的ストレス、拘束ストレスなど様々です。

逆に発達を促進する要因もストレスです。

それも安全な環境の中で与えられるストレスです。

 

安全な中で与えられたストレスは栄養となって学習されていきます。

 

世界一受けたい授業でやっていましたが、誰でも英語ができるようになるようです。

その方法は楽しんで2200時間以上学習することらしいです。

 

楽しんでやる学習は安全な環境の中での学習だと思います。

 

発達障害の改善にはほめて育てることだと思います。

褒められるということは精神的な安全な環境を作り出します。

 

ただ、脳や体に害が与えられる環境は改善しなくてはなりません。

口呼吸で酸欠になっている、慢性副鼻腔炎で炎症性ストレスがあったり、細菌毒素のストレス、栄養不足などのストレスは改善しなくてはなりません。

朝食を食べないでいることの低血糖。

甘いものを食べ過ぎることでの食後低血糖。

浅い呼吸での脳の酸欠。

姿勢が悪いことでの関節ストレス。

など。

 

赤ちゃんが発達障害にならないための予防対策として私がお勧めするのは「おんぶ」です。

愛情、安全の感覚にはオキシトシンというホルモンが関係しています。

オキシトシンは皮膚接触などの接触で分泌されます。

英語の学習と同じで考えると、2200時間の接触があればオキシトシンは十分に分泌されるようになると思われます。

長時間の接触していることが可能なのがおんぶです。

一日毎日3時間おんぶしていて2年間です。

一日毎日5時間おんぶして1年3か月です。

最近はおんぶの習慣が少ないですからね。

ベビーカーって楽ですもんね。

 

私も中学、高校の時に毎日2時間づつぐらい楽しく英語を勉強していれば、今頃は英語をペラペラしゃべれていたかも。

楽して学生生活を送っていたのがダメだったんですね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇