肩こりと筋膜障害と姿勢の関係

肩こりと筋膜障害と姿勢の関係

2018/10/06

肩こりで悩む人は姿勢が悪い傾向にあります。

姿勢が悪い人は肩や首の筋肉の筋膜が障害されていることが多いです。

そして筋膜が障害されていると悪い姿勢をとり続けてしまうようです。

 

軽度の筋膜障害では筋膜がたるんだ状態になっています。

このたるんだ状態を脳がストレスとして感じます。

ただ、多くの場合、そのストレスは脳の緩衝作用で感じない様になっています。

仕事や作業などで何かに集中している時や精神的もしくは肉体的ストレスが強い時は筋膜障害のストレスの緩衝作用が働きにくくなっています。

 

そこで、筋膜障害のストレスが発生しない様な姿勢をとってしまうと考えられます。

筋肉が伸びていて、なおかつ筋肉に力が入った状態になっていると、筋肉の状態と筋膜は一致していきます。

そのような姿勢は一般的に良くないと言われている姿勢となります。

 

筋膜のストレスを感じない様に、筋肉にストレスがかかる姿勢を無意識にとってしまうのです。

 

筋肉の緊張から、そのうち血流が悪くなり、うっ血によってむくみが生じだるさを感じるようになります。これが肩こりの感覚です。

また、虚血の状態になると炎症が起きたり、カルシウムの蓄積によって痛みが生じます。

うっ血の後に炎症が起きると伸びた筋膜が変性してさらに症状が悪化してしまいます。

 

一度変性してしまった筋膜はマッサージを行っても元に戻りません。

 

筋膜を意識したストレッチや筋膜リリースを行うことで解消できます。

 

肩こりの原因が筋膜にあるかどうかはキネシオロジー検査を行うとわかります。

キネシオロジー検査では筋膜が障害されていると、筋肉をストレッチしても収縮させてもストレス反応がでます。

 

原因がわかれば対処法がわかります。

筋膜に対して適切にアプローチしていけば肩こりは改善していきます。

 

まあ、キネシオロジー検査で原因を調べなくても、ネットを検索すれば多数出てくる肩こりを改善する筋膜リリースのストレッチを2週間実践していれば効果を感じれると思います。

そして、効果を感じれないようであれば、筋膜が原因では無いということがわかります。

関節などに対してのアプローチが必要になると思われます。

 

肩こりでお悩みの方は一度筋膜リリースを実践してみることをお勧めします。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇