恐怖麻痺反射統合不全と聴覚過敏

恐怖麻痺反射統合不全と聴覚過敏

2018/10/21

恐怖麻痺反射が統合されていない人のお悩みの症状の一つに聴覚過敏というものがあります。

周囲の音がやたらとうるさく感じてしまって、ひどくなると生活に支障をきたしてしまいます。

 

人によってはある種の声に反応し、発展すると言葉に強く反応するようになったりすることもあります。

 

この現象はストレス→ホルモン分泌→防衛反応→聴覚過敏という反応で起きていると思われます。

ストレスに対処するために周囲の情報を集めようとする防衛反応によって聴覚が過敏になってしまいます。

 

また、脳(聴覚野)が過敏になっているために聴覚過敏になっている場合もあります。

ストレスに対する防衛反応でコルチゾールなどの脳内麻薬物質を分泌している場合です。

自己否定、自分を傷つけるような言葉や自分に対してネガティブな言葉を自分自身に投げかけていると、その言葉によって無意識に自分自身が傷つきます。

自分では気がつかない自分自身でつけている傷を修復するために脳内麻薬が分泌されるのです。

脳の聴覚に関する部分が麻薬中毒となって聴覚が過敏になってしまいます。

これは恐怖麻痺反射の統合不全ではなく、後天的な環境による障害です。

 

丸山カイロプラクティックではキネシオロジー検査でそれらの原因を確認していきます。

オキシコンチンという薬を用いてキネシオロジー検査を行って反応がでた場合は脳が過敏になっていることが原因だと考えられます。

自分自身を傷つけるようなネガティブな言葉を使わないようにしていくことで改善していきます。

ただ、薬物の麻薬中毒と同様に再発しやすいので定期的なフォローが必要です。

 

恐怖麻痺反射の統合不全による聴覚過敏の場合はストレス→ホルモン分泌→防衛反応→聴覚過敏のどの段階での反応が好ましくないのかを探っていき、それらを切り替えていくことが必要になっていきます。

恐怖麻痺反射の統合不全の場合は統合するための学習が必要になってきますので、根気と努力が必要な作業となっていきます。

 

恐怖麻痺反射による聴覚過敏も脳が過敏になってることが原因の聴覚過敏も両方とも根気と努力が必要な症状だと私は思います。

 

聴覚過敏でお悩みの方は一度キネシオロジー検査で原因を確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇