慢性疲労症候群とAGAハゲに共通するTGF-β

慢性疲労症候群とAGAハゲに共通するTGF-β

2018/12/26

慢性疲労症候群を調べていたら、慢性疲労症候群の患者にはストレスによってTGF-βという物質が多くなっている傾向にあるようです。

https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/fatigue/fatigue07.html

慢性疲労症候群に陥るメカニズムより

 

TGF-βって何だ?と思って調べてみると、ハゲに関する物質でもあるようです。

「http://hageaga.com/2016/08/tgf-%CE%B2%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E8%84%B1%E6%AF%9B%E5%9B%A0%E5%AD%90/」より

TGF-βは、毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する因子として知られており、その作用が高まると髪の毛は成長期から退行期に移行すると判明しています。

脱毛因子「TGF-β」は、FGF-5(髪の毛が抜けるように命令するタンパク)に伝達され、毛乳頭や毛母細胞へ「髪の毛よ抜けるよう」指令を出します。

 

TGF-βは髪の毛が抜けるように指令を出すスイッチを押す物質のようなものみたいです。

 

慢性疲労症候群と合わせて考えると、ストレスがあるとハゲやすい。これは正しいみたいです。

 

ただ、慢性疲労症候群の多くは環境要因(身体的・精神的ストレス)と遺伝的要因が関係した神経・内分泌・免疫系の変調に基づく病態で、ウイルスの再活性化や慢性感染症によって惹起された種々のサイトカイン異常による脳機能障害である可能性が高いみたいなので、改善するのはとても困難だ。

 

原因が複雑な場合は、キネシオロジー検査で一つ一つ原因を確認してみると慢性疲労症候群もハゲも改善できるのではないかと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇