骨盤のゆがみからくる坐骨神経痛

骨盤のゆがみからくる坐骨神経痛

2019/01/07

左足のお尻のあたりからくるぶしのあたりまで足の背面にビリビリと痛みとしびれ感があるという男性の方です。

3か月ぐらい前から朝起きた時に違和感を感じ、それからずっとその症状が続いています。

整形外科で痛み止めの処方と牽引を1ヵ月ほど続けたけど変化が無く、整骨院でマッサージを受けたが変化がありませんでした。

立ち仕事でつらく、カイロプラクティックを試してみようと思い来院されました。

腰痛は慢性的にありましたが、足に痛みや痺れが出るというのは初めてのようです。

 

検査を行うと、腰の筋肉の緊張状態が強く、体が固い。しかし圧痛はありませんでした。

ヘルニアや坐骨神経痛の足上げ検査では反応がありませんでした。

下部腰椎のあたりにストレス反応があったため、アクティベータでの関節の矯正を行いました。

 

アクティベータの検査を行っていると、だんだんと足のしびれ感が増強してきたと訴えててきたので、検査の際に働く大腿四頭筋の調整を行いましたが変化が無く、骨盤から腰椎にかけてのモビリゼーションを行ったところ、しびれ感が無くなりました。

 

この方の場合、骨盤が前傾することで下部腰椎の後方の筋肉が過剰に収縮して坐骨神経を圧迫していることが足の痛みとしびれの原因だったようです。

2回目の治療から、ブロックによる骨盤の矯正を行っていくことで4回目以降に痛みとしびれが出ることが無くなってきました。

 

関節のストレスが筋肉の緊張を作り出して、その筋肉の緊張が骨盤のゆがみを作り出すという悪循環サイクルにあるようなので、今後も定期的に調整を続けたほうがいいと思われました。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇