腱鞘炎に対するカイロプラクティック治療

腱鞘炎に対するカイロプラクティック治療

2019/01/12

パソコンの入力操作や美容師さんなど、手をよく使う職業の人がなりやすい腱鞘炎です。

腱鞘炎

 

手は仕事や日常生活でどうしても使うことが多いので、改善しにくかったり、反復しやすい厄介な症状です。

 

腱鞘炎は炎症なので、一般的には安静にして炎症をおさえます。

多くの場合は湿布などを貼ったり、テーピングやサポーターで固定したりします。

 

それで良くなればよいのですが、良くならない場合は違うアプローチが必要です。

 

腱鞘炎でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

①炎症による腱と腱鞘の癒着

癒着が起きてしまっている場合は超音波治療器を使ってのアプローチが効果的です。

初期の場合は3~4回の超音波治療器の施術で痛みが軽減していきます。

 

②炎症による筋膜障害

炎症が起きて筋膜が変性してしまっていることが大きな原因です。

筋膜障害で筋肉の機能が正常に発揮されないために、炎症が継続しやすい状態にあります。

筋膜リリースなどのアプローチを行うことで筋膜障害をリセットしていくことが必要です。

筋膜障害はマッサージでは改善しませんし、痛み止めなどで改善しません。

温めても良くならないため、負荷がかかると再発してしまいます。

 

③血流障害による炎症

血流が悪いことによって慢性的な炎症状態に陥っている場合があります。

血流が悪いことが原因かどうかはキネシオロジー検査で確認していきます。

血流を悪くしている原因にアプローチする必要があります。

肘や肩周りが血流を悪くしていることもありますし、背骨からくる自律神経の影響、内臓からくる自律神経の影響、経絡によるものがあります。

根本原因に対するアプローチが必要です。

 

④ビタミンB群やミネラルの不足

ビタミンB群が不足していることで、炎症が抑えられない状態になっていたりしているかもしれません。

また、ミネラルが不足していることでむくみや筋肉の過剰な収縮や癒着がおきやすい状態になっているかもしれません。

どのような栄養素が不足していることが原因なのかキネシオロジー検査を行って補給してあげることも大切です。

また、副腎でのビタミンB群やミネラルの代謝機能低下や胃や小腸の機能低下での吸収障害があることもありますのでそれらも同時にチェックすることが必要です。

 

なかなか改善しない腱鞘炎でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご気軽にご相談ください。

ご相談はこちらへ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇