金縛りで体が動かないその2無呼吸症候群の改善対策

金縛りで体が動かないその2無呼吸症候群の改善対策

2019/04/15

私は朝、体が硬直して動けないというような症状で不調が続いて困っています。

 

自分自身でこの不調の原因をかんがえてみたら、脳のエネルギー不足とそれに伴う中枢型無呼吸症候群ではないかという考えに至りました。考えに至った経緯はこちら。

 

心臓の機能が低下している人の30~40%の割合で中枢型の無呼吸症候群がみられるとされています。

 

このままではちょっとやばいです。

 

金縛り様の状態で目が覚めた時に、心臓の拍動や脈拍を「ドキ、ドキ」と感じることがよくあります。

 

拍動の感じはそのうち眠ってしまうのですぐに感じなくなります。

 

ただ、この状態がずっと続くとそのうち心臓が疲弊して機能が低下してしまう恐れがあるのではないでしょうか。怖いです。

 

早急に改善をしたほうがいいと思って対策を考えてみました。

 

私の中枢型無呼吸症候群は脳のエネルギー不足が原因だと考えています。

 

なので、まずは私にある「糖のアレルギー」を除去します。

 

脳のエネルギー不足の原因として脳への血流の低下をかんがえます。

 

その原因は首の筋肉の緊張によるうっ血ではないかと考えます。朝起きれない原因をキネシオロジー検査で確認してみるとうっ血で反応がでています。

 

ただ、この緊張は無意識のうちの緊張なのでどうすることもできません。

 

この無意識の緊張を作っている原因は筋紡錘、腱紡錘、筋膜のエラーではないかと思って調整してみましたが、緊張状態に変化が無かったので他に原因があると考えられます。

 

菌の影響による交感神経の緊張ではないかと考え、菌の反応が反転したドクダミを積極的に摂取するようにしています。現在3日目。変化は感じない。

 

筋肉の硬直は無意識に筋肉の無酸素運動を好んでいる、もしくは有酸素運動を嫌っているのではないかと考えて、ミトコンドリアの機能が低下している状態の改善をしてみることにしました。

 

方法は、ナイアシンのサプリメントの摂取です。

 

本日アマゾンで注文しました。

 

4月28日到着予定です。

 

それまでは運動でミトコンドリアの機能を高めるようにしようと思います。

 

ナイアシンのサプリメントの効能はさまざまなものがあるようなのでちょっと期待です。

 

ただ、副作用も強いらしいので、注意しながらやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇