伸張反射と筋紡錘のセンサーエラー

伸張反射と筋紡錘のセンサーエラー

2016/06/17

伸張反射とは,筋が受動的に引き伸ばされると,その筋が収縮する反射をいいます。

 

この時同時に収縮する筋肉の反対の筋肉(拮抗筋)は反射的に弛緩します。

 

この反射は脳からの指令ではなく、脊髄を介した反射です。

 

筋肉が伸ばされた状態になると速やかに収縮して反射的に体勢を維持できるような仕組みになっています。

伸張反射

 

 

筋肉が伸びると筋紡錘が伸長されます。

 

その情報は1a求心性ニューロンによって脊髄に伝わります。

 

脊髄の中で主動筋に収縮指令を伝達するα運動ニューロンと協力筋へのα運動ニューロンに伝わり、主動筋と協力筋を収縮させます。

 

それと同時に、拮抗筋のα運動ニューロンに対する1a抑制性介在ニューロンに伝わります。

 

 

1a求心性ニューロンの情報伝達が抑制されるので拮抗筋のアルファー運動ニューロンによる収縮指令が伝わらないので拮抗筋は弛緩します。

 

この一連の反射活動によって上の図の場合、速やかに膝が曲がることができます。

 

 

筋肉の障害を引き起こす筋紡錘のセンサーエラー

筋紡錘のセンサーにエラーがあると間違った指令で筋肉が動くため、障害を起こしたり、充分な能力が発揮できなくなります。

筋紡錘が働かない状態では筋肉に力が十分に入らず、筋力が弱化していきます。

筋紡錘が過剰に働いている状態ではちょっとしたストレッチで筋肉が収縮状態を続けてしまい、血流が悪くなって筋肉の炎症や痛みなどを生じやすくなります。

筋紡錘のセンサーエラーの検査

キネシオロジー検査でセンサーのエラーがあるかどうかを確認します。

筋紡錘が働かないように筋肉を縮めたり、また逆に働くように筋肉を伸ばしたりします。

ストレス反応がでればその方向に対しての筋紡錘のセンサーエラーがあります。

筋紡錘のセンサーエラーの調整

検査で出たストレス方向と反対の方向に刺激を10回程度加えます。

センサーが調整されて筋肉が正常に働くようになります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇