手のしびれの場所と神経の関係

手のしびれの場所と神経の関係

2016/07/03

しびれは不快な症状ですが、痛みと違って苦痛を伴わないために放置されやすいです。

 

しかし、しびれの原因の多くは炎症が神経を障害しているもので、その炎症の原因は虚血又はうっ血です。

 

しびれを放置していると虚血やうっ血によって神経や筋肉に酸素や栄養素が回らないために徐々に組織や機能が退化していってしまいます。

 

毛細血管が退化してしまっている場合は回復までに時間がかかり、リハビリも必要になってくるので早めに対処することが大切です。

 

手を支配している神経には尺骨神経・正中神経・橈骨神経があります。

 

それぞれの神経が障害されるとその神経の支配する部位にしびれや痛みを生じます。

手のしびれと神経

 

それぞれの神経の障害されている部位にストレスをかけるとしびれや痛みが誘発されたり、しびれや痛みが増強されます。

 

ストレスをかけるテストではファレンテスト頸椎圧迫テスト指による圧迫ストレス検査などがあります。

 

神経が障害される場所はある程度決まっていて、障害される場所によって胸郭出口症候群・手根管症候群・肘部管症候群・円回内筋症候群・回外筋症候群などと呼ばれています。

 

手根管症候群ファレンテストで反応が出やすいです。

 

肘部管症候群は肘部管の部分を刺激すると尺骨神経部位にしびれが出ます。

 

円回内筋症候群では正中神経領域に知覚の鈍麻やしびれを生じます。

 

回外筋症候群では橈骨神経領域に知覚の鈍麻やしびれを生じます。

 

手のしびれに対する治療は関節のゆがみや神経伝達の改善を行って筋肉の緊張状態を好ましい状態に切り替えてうっ血や虚血になりやすい状態を改善します。

 

糖尿病性の手のしびれの場合は回復にかなりの時間と根気を要します。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇