歩いていると足が痛くなる 清瀬市在住34歳女性 主婦

歩いていると足が痛くなる 清瀬市在住34歳女性 主婦

2016/10/17

清瀬市在住の34歳女性の方が歩行中の足の痛みを訴えて来院されました。

足の痛みは半年ぐらい前から始まりました。最初のころはマッサージで改善していたのですがだんだん効かなくなってきました。左足の外側がふくらはぎのあたりまで痛みます。腰痛は20代のころからあります。病院で坐骨神経痛といわれ、痛み止めの薬をもらいましたが効果がありません。整体院では脊柱管狭窄症ではないかといわれ、2か月ほど通いましたが変化が無いのでやめました。
最近は横向きで寝ていると足がしびれてきます。睡眠が浅くなってるような気がして困っています。

<初回の様子>
脊柱管狭窄を増強するテストを5分間行いましたが症状の誘発はありませんでした
ヘルニアの検査では症状の誘発はありませんでした
梨状筋の筋力低下がみられました
お尻の筋肉が全体的に弱くなっていて圧痛がありました
股関節の機能障害の反応がありました

<施術と経過>
足の痛みは脊柱管狭窄症や坐骨神経痛ではなく、小殿筋の筋膜障害だと思われました。
股関節の安定性が悪かったため、梨状筋と大殿筋にアプローチを行いました。
小殿筋の筋膜と骨盤のゆがみの矯正を行いました。
初回の施術で夜寝ている時の痛みは出なくなったようです。歩行で痛みが出始める距離が長くなったようでした。
股関節を安定させるように骨盤ベルトを巻くようにアドバイスして、5回目の施術から痛みが出なくなりました。
その後は肩こりの改善で通われています。

<コメント>
この方は床に座る生活をしていて、その座り方が梨状筋を弱化させていたようです。梨状筋が弱化すると股関節と骨盤の安定性が低下します。骨盤と股関節の安定の補助筋である小殿筋に負担がかかり、筋膜障害を起こしていたと思われました。横向きで寝ると小殿筋が圧迫されて痛みが出ていたようです。
骨盤と股関節が不安定の状態で歩くと筋肉にストレスがかかるため、歩いている時に痛みが出ていたようです。
床に座る時のように長時間同じストレスがかかっていると障害が起きてしまうことがあります。時々立ち上がって姿勢を変えるようにすると障害を予防することができます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇