意外!糖質制限ダイエットで手根管症候群になる

意外!糖質制限ダイエットで手根管症候群になる

2016/10/17

糖質制限ダイエットには様々な弊害があることがあります。
その一つが手根管症候群です。
その手根管症候群の原因はむくみです。

なぜ、糖質制限ダイエットでむくみになるのでしょうか?

糖質の主なものが、炭水化物です。炭水化物は別名「含水化物」といわれ水分を多く含んでいます。中でもご飯のお米はとても多くの水分を含んでいます。
ご飯を炊くのを思い出してください。お米が十分に浸る量の水が炊きあがる時にはなくなっています。お米に吸収されているのです。

一般的に糖質制限ダイエットで真っ先に制限するのがご飯である傾向にあります。

ご飯を制限すると腸内にある水分がなくなるため、あっという間に体重が減ります。
これに喜んで、ごはんを減らし続けると脱水傾向になってしまいます。

脱水傾向になると、体に水分を蓄えようとするため、むくみになります。

むくみが手首の手根管で神経を圧迫して手に痺れが出るようになります。
これがむくみによる手根管症候群です。

女性はホルモンの関係で特にむくみやすいので注意が必要です。

もし、糖質制限ダイエットを行っていてむくみやすかったり、手に痺れが出るようであれば糖質制限ダイエットのやり方を見直したほうが良いですよ。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇