足が痛くなり正座が続けられない 東村山市在住46歳女性 教師

足が痛くなり正座が続けられない 東村山市在住46歳女性 教師

2016/10/19

東村山市在住の女性の方が正座ができなくなる足の痛みを訴えて来院されました。

40代になってから膝が痛くなるようになりました。深くしゃがみこんだり、正座をすると痛みました。我慢できる痛みだったので、ストレッチや湿布などで対処していました。半年ほど前から正座をしているとふくらはぎがキュッと痛くなって続けることができなくなりました。病院で痛み止めを処方されましたが、回復しません。整骨院に行くと半月板損傷だといわれ、電気治療とテーピングをされましたが、テーピングがかぶれてしまうため、他の治療法を探して丸山カイロプラクティックを訪れました。

<初回の様子>
膝の裏が腫れている
ハムストリングの筋力低下と検査時の膝の痛み
足のむくみ

<施術と経過>
正座での足の痛みは膝窩筋が関係していると思われました。
膝窩筋の筋膜に対してのアプローチと膝窩筋に負担をかけているハムストリングの筋力低下に対してアプローチを行いました。
3回目の施術から正座のできる時間が長くなりました。5回目の施術で正座での痛みが出なくなりました。その後来院されなくなり、5か月後にまた痛みが出だしたようで施術を継続しています。

<コメント>
いつも膝が曲がった歩き方、立ち方をしているため膝窩筋にストレスがかかっていたようです。緊張した膝窩筋が正座の時に神経や血管を圧迫して足に痛みが出ていたと思われます。ハムストリングの筋力低下が膝窩筋の緊張を更に強くしていたもようです。足首や膝、骨盤の関節の受容器を活性化させて、足のバランス感覚を良くしていくことで膝を曲げて歩くことが改善されて最終的な足の痛みの改善につながりました。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇