なぜ腰痛が良くならないのか?

もやもや血管の腰痛

2017/09/11

最近になってわかってきた腰痛の隠れた原因にもやもや血管という状態があります。

腰痛

姿勢の悪さや腰の筋肉の緊張が続くと筋肉に酸素や栄養を送る血流が低下してしまいます。

睡眠時や休息で筋肉がリラックスすれば血流が再開しますが、リラックスできない状態であると筋肉の栄養不足、酸素不足が続いてしまいます。

この時、筋肉に栄養を送るために新しい血管が作られることがあります。

この血管は非常に細く、蛇行していて、MRIなどで撮影するともやもやとした雲のように見えるので「もやもや血管」と呼ばれています。

もやもや血管

もやもや血管と腰痛の関係

正常な血管の場合は動脈から送られた酸素や栄養素は動脈の毛細血管で組織に送られ、代謝された老廃物は静脈の毛細血管やリンパによって回収されます。

もやもや血管ができてしまうような状態では静脈の毛細血管が退化してしまっているため、老廃物がうまく回収されずに滞り、浮腫や炎症となってしまいます。

そのため、痛みが出るようになります。

日常的に動かしている大きな筋肉は血流が滞って毛細血管が退化するということは少ないのですが、背骨の脇の脊柱起立筋や腰方形筋、骨盤の梨状筋などは持続的な緊張で毛細血管が退化しやすいのです。

ずっと立っていたり、同じ姿勢で座っていると血流が滞り、痛みが出てくるようになります。

一度血流が滞ると少し腰をうごかしても、老廃物や炎症性物質がなくならないので痛みが持続してしまうようになります。

 

もやもや血管の腰痛の検査

腰痛の原因がもやもや血管なのかどうかは一般的な検査ではわからないものです。

キネシオロジー検査を行うと、もやもや血管が腰痛の原因になっている可能性を確認することができます。

もやもや血管の場合はその場所に炎症などの状態があるので、痛みが出ている場所をイメージするとストレス反応がでます。

ロキソニンで反転反応があれば炎症が起きていることが確認できます。

抗ヒスタミン薬で反転反応があればうっ血の状態であると思われます。

セロトニンで反転反応があれば虚血性であると思われます。

もやもや血管の場合は炎症反応があり、虚血反応とうっ血反応の両方が出る傾向にあります。

痛みのある筋肉のあたりをモビリゼーションで動かしてあげて反応を見た時に、反応がなくなればもやもや血管だと確認できます。

筋肉の血流の改善の刺激がストレス反応を打ち消します。

 

もやもや血管の腰痛の施術

まず、圧迫刺激によって浮腫を改善するようにアプローチします。

そして、モビリゼーションをおこなって血流を改善してきます。

腰痛の場合は骨盤や腰椎のゆがみが筋肉の緊張を作り出している原因となっていることがありますので、ゆがみの矯正が必要になることもあります。

腰痛の原因がもやもや血管だけの場合はこの施術を行うと痛みが軽減します。

毛細血管の機能はすぐには回復しないため、日常的にストレッチや軽い運動を行うことで痛みはなくなっていきます。

 

腰痛の原因はさまざまで、原因にアプローチできていないとなかなか改善しないことがあります。

キネシオロジー検査で原因を確認してから施術を行うと、早期回復の手助けとなります。

どこに行ってもなかなか良くならない腰痛でお悩みの方は一度丸山カイロプラクティクキネシオロジー検査で腰痛の原因を確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

なかなか良くならない腰痛は筋膜障害が原因かもしれません

2017/08/13

針灸やマッサージなど様々な治療を行ってもなかなか改善しない原因には筋膜障害トリガーポイント筋紡錘障害腱紡錘障害などがあります。

筋膜や筋紡錘や腱紡錘は筋肉の状態を感知するセンサーの役割りがあります。

このセンサーが狂ってしまっている状態だと筋肉が収縮したりストレッチされると脳がご認識して筋肉を緊張状態にさせてしまったり、筋力が発揮できない状態を作り出してしまいます。

トリガーポイントは筋肉にできてしまった老廃物の蓄積でしこりのようなものです。

このトリガーポイントはセンサーを刺激して狂った情報を発信させやすくなります。

 

狂ってしまったセンサーは安静やマッサージなどで良くなるということがありません。

センサーに対するアプローチが必要になってきます。

 

なかなか良くならない筋膜障害が原因の腰痛

筋膜が障害されていると筋肉のストレッチと収縮の両方でストレスを感知してしまいます。

動きによってストレスが蓄積するため、ウォーキングやジョギングなどの反復的な動きで筋肉の緊張状態が強くなります。

筋肉の緊張によって血流が悪化して痛みを感じるようになります。

この血流の悪化はうっ血であることが多く、重だるい鈍痛を感じる傾向にあります。

休むと筋肉の緊張が一時的に軽減して血流が良くなるため痛みを感じなくなりますが、動きを再開すると痛みも再発するようになります。

立ち仕事や座っている姿勢では筋肉が動かない状態の姿勢をとる傾向にあって、動かない姿勢が血流を悪くして痛みが出るようになります。

同じ姿勢を続けていて筋膜の癒着が生じると立ち上がる時などにズキッとした一瞬の痛みが出るようになります。筋肉が動くと癒着がなくなるためそのあと動かしても痛みは出ません。

そしてある程度同じ姿勢を続けているとまた動きはじめに痛みが出ます。

これが繰り返されます。

筋膜障害を引き起こしやすい腰の筋肉

筋膜障害性の腰痛を引き起こす筋肉には腰方形筋腸腰筋があります。

おなかを突き出しているよな反り腰では腸腰筋がストレッチされた状態となってしまっていて立ち続けていると腰に重だるい痛みが出ます。

椅子に座ると逆に収縮状態となってある程度の時間座っていると立ち上がる際にズキッとした痛みが出るようになります。

椅子に座っている姿勢で腰が丸まっている状態は腰方形筋がストレッチされた状態が続いてしまいます。椅子に座っているような腰方形筋のストレッチ状態ではそれほど痛みが出ることはありません。しかし、腰方形筋の長時間のストレッチ状態は筋膜障害を助長してしまいます。寝返りをうつなどの腰をひねる動作で強い痛みを引き起こしやすくなります。

 

腰方形筋や腸腰筋の緊張は腰椎の椎間板を圧迫しやすくなり腰椎の椎間板ヘルニアを助長してしまいます。

また、腰方形筋の緊張は椎間関節の圧迫を引き起こしやすく、腰を反るような動作で痛みが出やすくなります。

腸腰筋や腰方形筋の筋膜障害があると椎間板ヘルニアや椎間関節の障害など引き起こしてしまいやすいため腰痛の症状が複雑となり改善が難しくなっていきます。

 

腰痛を引き起こす筋膜障害のキネシオロジー検査

腸腰筋、腰方形筋のそれぞれを検査します。

筋膜障害では筋肉のストレッチと収縮の両方でストレス反応がでます。

ストレス反応があれば筋膜障害があると思われます。

トリガーポイントがある場合も収縮とストレッチで反応がでます。

筋肉にトリガーポイントがあるか筋膜障害があるかどうかを確認していきます。

筋膜障害とトリガーポイントの両方ある場合も多くあります。

 

腰痛の原因の筋膜障害の治療

腸腰筋はストレッチを行って筋膜をリリースしていきます。

トリガーポイントがあると筋収縮がおこると筋膜障害が再発するのでトリガーポイントがある場合はトリガーポイントの治療も行っていきます。

腰方形筋は筋膜リリースを行って調整を行います。

 

なかなか良くならない腰痛は筋膜障害が原因かもしれません。

一度丸山カイロプラクティクのキネシオロジー検査で腰痛の原因を確認してみてはいかがでしょうか。

原因がわかれば、それに対するアプローチで腰痛の症状は良くなっていくことが期待できます。

腰痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

靴下を履こうとしたときにおこるぎっくり腰

2017/06/08

靴下をはこうとしたら突然腰に激痛が走る。

ぎっくり腰です。

激痛でそのまま動けなくなってしまう場合と軽い痛みから始まって数時間後にどんどんと痛くなって座った状態から立ち上がろうとしたら激痛になったり、翌朝起きたら激痛で起き上がれない状態になる場合があります。

 

靴下をはこうとしたときにおこるぎっくり腰の原因

腰方形筋の過収縮

激痛でそのまま動けなくなってしまう場合は腰方形筋の過収縮状態が原因である場合だと思われます。

腹筋の低下や中殿筋の低下によって靴下を履く動作をしたときに腰方形筋がつってしまいます。

腰方形筋によるぎっくり腰は筋肉の過収縮による筋損傷なので1週間もすれば痛みは自然となくなっていきます。

腸腰筋の過収縮

あとからだんだんと痛くなってくる腰痛は腸腰筋の過収縮が原因であると思われます。

靴下を動作で腸腰筋が過収縮してつってしまいます。腸腰筋の緊張が引き金となって腸腰筋周りのリンパ循環や血流の低下がおきて、血液循環の不良による炎症が広がっていきます。

腰の痛みが翌朝起きたら激痛に変わってしまったという場合はこのパターンだと思われます。

腸腰筋によるぎっくり腰は腸腰筋の過収縮とそれに伴うリンパ循環や血流の低下による炎症、そしてその炎症による反射性収縮という悪循環に陥ることがあります。

リンパ循環や血流の低下が改善されないと1週間以上痛みが継続してしまうことがあります。

 

繰り返し起こるぎっくり腰

一度靴下を動作でぎっくり腰を経験すると、靴下を履く動作に注意をするようになるものです。しかし、原因が解消されていない場合は他の動作でもぎっくり腰がおこることがよくあります。

腰方形筋パターン

体を横に曲げる姿勢で腰方形筋の過収縮がおこります。

落ちている物を拾おうとして体を少し傾けた時に、腰方形筋が過収縮して筋肉がつってしまいます。ぎっくり腰になります。

腹筋が弱い人などは咳をした際に腰方形筋にストレスがかかるため、咳をしただけでぎっくり腰になることもあります。

腸腰筋パターン

姿勢によって腸腰筋が緊張状態になりやすかったり、内臓の下垂によって腸腰筋周りの血流やリンパの循環が停滞するようになりやすい環境にある場合があります。

寒さや季節の変わり目、精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れたときなど、腸腰筋周りの血流が低下しやすくなります。

そのような時に体を曲げたり、深くしゃがみこんだり、重いものをもちあげようと力をぐっと入れた時に過収縮してしまい、ぎっくり腰になります。

 

繰り返すぎっくり腰は原因が解消されていないことがほとんどです。

どのようなことがぎっくり腰の原因になっているのかをキネシオロジー検査で確認して根本原因の改善が必要だと思います。

 

ぎっくり腰の原因のキネシオロジー検査

腸腰筋や腰方形筋の筋力検査を行った後にキネシオロジー検査の反応をみます。

ストレス反応が出た場合は筋肉に何かしらの障害があります。

筋肉の障害は筋膜・筋紡錘・腱紡錘・トリガーポイントが原因となっています。

次に、自分自身に問いかけるキネシオロジー検査を行います。

「急性腰痛の原因がわかりますか?」と問いかけます。

Yesの反応が出るので、腸腰筋や腰方形筋の筋力検査を行った後に再度反応をみます。

反応が反転してNoの反応が出た場合は、その筋肉にぎっくり腰の原因があると確認できます。

反応が出た筋肉を調整することでぎっくり腰の原因が改善されます。

1週間後ぐらいに再検査を行って反応がまだ残っているようであれば、悪化要因を探して改善させる必要があります。

 

原因が改善されずに痛みがなくなったぎっくり腰は筋肉の線維化となってしまう傾向にあります。筋肉は硬くなって強くなりますが、慢性的な痛みにつながってしまうことがあります。

ぎっくり腰やぎっくり腰になった後の慢性的な腰痛でお悩みの方は丸山カイロプラクティックにご相談ください。

キネシオロジー検査で原因を確認して改善へのアプローチを行っていきます。

検査法や治療法などお気軽にお問い合わせください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

便秘と腰痛の関係

2017/03/26

大腸と腰痛は関係があります。

腰痛がある人で、排便をした後に腰のすっきり感がある人は大腸が原因の腰痛かもしれません。

大腸と腰の筋肉の関係

腰の筋肉の一つの腰方形筋は筋肉と臓器の関連があります。

大腸にストレスがかかっていると、関連のある腰方形筋にも同様なストレスがかかります。

緊張して固くなり、腰痛を引き起こす原因となります。

また、大腸と関係がある大腿筋膜張筋のリンパ反射点は腰の広い部分にあります。

腰が重い感じがするという場合は大腸周りのリンパ循環が停滞していてリンパ反射点が刺激されているからかもしれません。

腰痛に大腸が関係しているかどうかの検査

キネシオロジー検査で確認していきます。

腰の筋肉などに原因ある場合は症状のある場所をイメージするとキネシオロジー検査に反応が出ます。

反応が出た場合、大腸のリンパ反射点にアプローチします。そして腰痛のある場所をイメージします。

この時に反応がきえている場合は腰痛に大腸が関連していると思われます。

大腸に関連するリンパ反射点のマッサージを行うことで大腸の機能を調整していきます。

 

大腸に関連する腰痛改善のアドバイス

腰にある大腸のリンパ反射点はストレスの無い状態で活動させるとマッサージ効果で改善されていきます。

腰を前屈と後屈させて、痛みのない動かしやすい方向に10回程度腰を動かす運動を行います。

腰痛の強い人は一日3回程度行うと大腸に関連する腰痛は改善していきます。

試してみてください。

 

腰痛でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

キネシオロジー検査で腰痛の原因を探って根本原因からの改善を目指します。

 

便秘と腰痛に関しては

意外な原因!便秘からくる腰痛!?」にも書いてありますので見てください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。