アレルギー治療

ビタミンBサプリメントとビタミンB群アレルギーの関係

2019/04/21

体の不調があるとサプリメントでビタミンB群を摂取しようと思う人は多いと思います。

 

サプリメントをとって体調が良くなればよいのですが、全く変わらないという場合はもしかするとビタミンB群のアレルギーがあるかもしれません。

 

ビタミンB群は水溶性なので過剰に摂取しても尿として排泄されてしまうので蓄積しないため問題が無いと言われています。

 

しかし、過剰な摂取が過剰な排泄につながって、それが続くとアレルギー反応をおこしてしまい、少量の摂取でも過剰な排泄となってしまってビタミンB群の不足となってしまうことがあるのです。

 

アレルギーとなってしまう原因で一番考えられるのはリーキーガットです。

 

リーキーガットは腸から栄養素が漏れ出してしまう状態で、ビタミンB群も血管に吸収されてしまいます。

 

リーキーガットと正常な腸の吸収の違いは、正常な場合は栄養を吸収する血管から吸収されて肝臓に行ってそこで解毒されてから全身に回っていきますが、リーキーガットの場合は、腸に栄養を送っている血管の静脈に入り込んでしまいます。

 

リーキーガットの場合は肝臓を経由しないで全身を巡ってしまうのです。

 

正常な腸の場合は過剰な栄養素となった場合(血中濃度の上昇)は腸からの吸収が低下します。

 

しかし、リーキーガットの場合は量の吸収機能の影響に関係なく血管に入り込んでしまうため吸収のコントロールができません。

 

ビタミンB群は血中濃度が高くなると腎臓での排泄が高くなります。

 

なので、サプリメントなどを摂取すると体からどんどん排泄されてしまいます。

 

体内でのビタミンB群の不足という状態がビタミンB群アレルギーの症状となってしまうのです。

 

そして、ビタミンB群の不足によっておこる症状の何かがビタミンB群アレルギーの症状なのです。

 

食事の改善や運動を行っても症状が一向に改善しないという場合はビタミンB群のチェックをしてみたほうがいいかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

シックハウス症候群で体中が痛い

2019/01/31

西東京市在住の10代の男性がお母さんと一緒にシックハウス症候群で化学物質にアレルギーがあるということで当院にきました。

 

2年ほど前に引っ越して、その家に半年ほど住んだあたりから症状が出始めました。

体中のあちこちが痛くなってしまうようになってしまいました。

夜になると症状が悪化して眠れないことが多くなっていました。

父親の仕事の関係で3週間ほど海外で生活することになった時に、症状が軽減して、また日本に戻ってきたら症状が再発したのでシックハウス症候群ではないかと思い京都の病院で診てもらったところトルエン、ホルマリンのアレルギーがあると言われて、漢方薬を出してもらい飲み続けていました。

この時は病院の先生にOリング検査でアレルギー物質を調べてもらいました。

症状はほんの少し良くなったかなという程度の改善でした。

そのうち、緑黄色野菜でもアレルギー反応を起こすようになってしまい、野菜を食べた後にはだるくて動けなくなったり、体中が痛くなるということがおきるようになってしまいました。

ただ、それは必ず毎日あるというわけではありませんでした。

漢方やフラワーエッセンスなど様々な治療を受けましたが、あまり変化がありません。

 

今回、東京に引っ越しをして、アレルギー治療のことをホームページで見かけたので来院しました。

 

アレルギーの検査の反応

 

アレルギー基本項目では、植物性脂肪、ホルモン、カビ、ウィルスにアレルギー反応がありました。

内臓、化学物質、野菜、乾燥豆のアレルギー反応がありました。

化学物質のアレルギーは内臓のアレルギーで反転反応があり、肺が特定できたので、肺でのアレルギー反応を除去する必要があると感じました。

 

アレルギー除去療法

まず、内臓のアレルギーをカビのアレルギー反応の除去を行いました。

2回目の来院の時に、アレルギーの治療を受けた後から調子が良いということを言われていたので、そのままアレルギー除去の治療を継続。

3回目。痛みが軽減。

 

現在、症状が少しずつ改善しているようなので、アレルギー反応がなくなるまで治療を継続している。

 

 

シックハウス症候群についての考察

 

発症の機序は特定できないけど、化学物質によって器官に炎症が起きてしまい、そこからアレルギー物質が体内に入り込んでしまったということが一つ考えられます。

また、炎症が起きたところにカビやバクテリアが増殖寄生してしまい、そこでカビやバクテリアのアレルギーが起きてしまったということも考えられます。

そして、カビやバクテリアに寄生された臓器にたいしてアレルギー反応が起きてしまうことで、慢性的なアレルギー状態に陥ってしまった可能性があります。

臓器、カビ、バクテリアのアレルギー反応を除去することが体のあちこちが痛くなるという原因不明の症状を改善するカギになると思われます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お肉のアレルギーで息苦しさを感じる

2018/12/28

胃のあたりが重苦しく感じて、なんとなく息苦しいという患者さんです。

 

キネシオロジー検査で胃のあたりをイメージしてもらうとストレス反応があります。

抗炎症薬で反転反応があるので、炎症が起きているようでした。

 

息苦しさの原因は胃で反応しなかったため、調べてみると肉にアレルギー反応があり、豚肉のアレルギーがありました。

そして、豚肉で息苦しさの反応が反転しました。

 

豚肉のアレルギー反応は胃酸で反転したので、胃酸の分泌過剰、もしくは不足のために胃の炎症部位からアレルギー反応を起こしているのではないかと思われました。

 

豚肉のアレルギー反応のストレスで横隔膜の働きが抑制されて息苦しさを感じるようになってしまっているようです。

 

この患者さんは以前に他のお肉でもアレルギー反応があり、それは除去しました。

そのつど、息苦しさは改善するのですが、時々再発するようです。

 

パターンとして忙しかったり、精神的なストレスがあった後にアレルギーが発症するようです。

 

胃炎から食べ物のアレルギーとなってしまうことがあるので、おなかの重苦しさや息苦しさを感じるような方は注意が必要です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やる気がでないポジティブ思考ができない思考のアレルギー

2018/06/11

思考のアレルギーが様々な症状の原因になっていることがあります。

思考のアレルギーには4パターンあり、

①ポジティブな情報を受け入れることができない

②ポジティブな情報を否定してしまう

③ネガティブな情報を受け入れてしまう

④ネガティブな情報を否定することができない

という、4パターンです。

 

ポジティブ思考ができない人は①もしくは②のアレルギーがある傾向にあります。

 

この原因はいくつかありますが、多くの場合、エネルギー(糖、脂肪)で反応がでることがあります。

脳や体の組織に糖や脂肪のエネルギーが乏しくなるとポジティブな行為を行わない様にするという防衛反応が働く場合があります。

積極的に活動をすること、ポジティブな行動にはエネルギーが必要なのです。

エネルギーを失わない様にするために、反射的にポジティブな情報を受け入れない様にしたり、ポジティブな情報を否定してしまうようになってしまうのです。

エネルギーが乏しくなる原因には低血糖があります。

血流の低下による局所的な低血糖や高血糖のリバウンドの低血糖、血糖値は正常なのにビタミンやミネラルの不足によって代謝ができないことによる低血糖などがあります。

やる気が出ないのは低血糖によって反射的にポジティブな思考ができなくなってしまっていることが原因かもしれません。

 

このような思考のアレルギーはキネシオロジー検査で確認していきます。

丸山カイロプラクティックでは性別を利用した言葉の発言でのキネシオロジー検査を行います。

女性の場合

①私は女です。(ポジティブな情報の肯定)

②私は女ではありません。(ポジティブな情報の否定)

③私は男です。(ネガティブな情報の肯定)

④私は男ではありません。(ネガティブな情報の否定)

 

アレルギー反応がでたら、それが反転する刺激を探していきます。

糖の波動キットで反転すれば低血糖の可能性が高くなります。

合わせて脂肪の波動キットでも反転すればエネルギー不足です。

更にビタミンやミネラルで反転するようであればエネルギー代謝が悪いことが原因であると思われます。

うっ血や虚血で反応すれば血流が原因だと思われます。

 

原因を改善するようにしていくことが大切です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無意識に常に力が入ってしまうのはアドレナリンアレルギー

2017/09/21

何かしているときに無意識に体に力が入ってしまっているという人がいます。

歯を食いしばってしまっていたり、手に力が入ってしまっているという場合が多いみたいです。

この状態が続いていると肩こりや腰痛、冷え性になりやすくなってしまうことがあります。

この体に力が入ってしまうというのは交感神経が過剰である場合がほとんどで、その交感神経が過剰になってしまう原因にアドレナリンのアレルギーがある場合があります。

 

体に力が入っていると体はどうなってしまうのか?

体に力が入った状態が続くと筋肉の緊張によって血流が悪くなり、筋肉に老廃物が蓄積して炎症を起こすようになってしまいます。

一過性の炎症の場合はその炎症を治そうとして副交感神経が働くようになりますが、慢性炎症状態となってしまうと常に交感神経が働くようになってしまいます。

すると筋肉が緊張して炎症が起きるという悪循環サイクルとなってしまい疲労や痛みから回復できなくなってしまいます。

 

アドレナリンのアレルギー

体に力が入ってしまうことはあまり良いことではありませんが、悪いことではありません。

力が入って、そのあと力が抜けないということが悪いことなのです。

そしてその力が抜けない原因にアドレナリンのアレルギーがあります。

アドレナリンは恐怖の感情と関連していて何かしらの恐怖を感じている状態が常にあるとアドレナリンのアレルギーに陥ってしまって力が抜けなくなってしまいます。

 

力が抜けない原因とアドレナリンアレルギーの検査

筋肉は収縮後にリラックスするという神経的な作用があります。

筋収縮後筋弛緩の操作を行って筋肉のリラックスが無ければ神経的に何かが狂ってしまっています。

この時によくあるパターンがアドレナリンのアレルギーです。

恐怖感情の波動キットを手に持ってキネシオロジー検査をおこない、ストレス反応がでたならば、恐怖感情のアレルギー除去療法を施します。

恐怖感情のアレルギー治療の後に再度筋収縮ご筋弛緩の操作を行って筋肉のリラックスが確認できたらアドレナリンのアレルギーがあると確認できます。

1回で恐怖感情のアレルギー除去ができる場合もありますが、複数回の刺激が必要な場合もあります。

 

アドレナリンアレルギーは細菌感染が原因である場合もあります

慢性的な交感神経が過剰な状態の原因は精神的なストレスが続いているということもありますが、細菌感染による場合もあります。

細菌に対する体の防衛反応で交感神経が常に働くようになってしまうのです。

そしてそれが続くとアドレナリンアレルギーとなってしまいます。

 

アドレナリンや恐怖感情にアレルギーがあるなんてほとんどの人は気が付くことができません。

キネシオロジー検査を行うとアドレナリンや恐怖感情にアレルギーがあるということを確認することができます。

体に力が入ってしまう、体の力が抜けない。

なので肩が凝る、体が疲れやすいなどの症状が出て不快さを感じているようであれば一度丸山カイロプラクティクでのキネシオロジー検査でアドレナリンのアレルギーや恐怖感情のアレルギーがあるかどうかを検査してみてはいかがでしょうか?

そして、アレルギー除去を行うと、マッサージを受けたり、自分で運動やストレッチをすることで肩こりや腰痛が改善するような環境になっていきます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

子供の食べものアレルギーはお酢で改善する

2017/09/15

子供に多い卵アレルギー、牛乳アレルギー、小麦アレルギーは食事の前にお酢や酢の物を摂取すると改善していくことがあります。

ただ、この改善は遅延型の食べものアレルギーの場合です。

食べてすぐに顔や喉などにアレルギー症状が出る即時型のアレルギー反応はまた対処法が違います。

 

遅延型の食べものアレルギーの原因

未消化のタンパク質が腸から体内に入り込んでしまうことでおこります。

胃で十分に吸収されやすい状態に分解されずに小腸に流れ込んでしまうことが大きな要因です。

リーキーガットの状態があると容易に体内に入り込んでしまいます。

卵のカゼイン、牛乳のカゼイン、小麦のグルテンは消化されにくいタンパク質で胃で十分に消化される状態にならないと吸収されにくいのです。

不十分な状態で小腸に入り込んで、それが吸収されずに体内に入り込んでしまうことでアレルギー症状がおこります。

 

お酢で食べ物アレルギーが改善する

酢酸には食べ物の胃での停滞時間を長くするという働きがあります。

お酢を摂取することでアレルギー物質のタンパク質が胃に長くとどまり、吸収されやすい形に分解されるので、正常に吸収できるようになってアレルギー反応がおこらなくなっていきます。

 

お酢で改善する食べ物アレルギーのキネシオロジー検査

すべての人がお酢で食べ物アレルギーが改善するわけではありません。

お酢でアレルギーが改善するかどうかはキネシオロジー検査で確認していきます。

まず、アレルギー物質を手に持ってストレス反応をみます。

胃にアプローチして反応が反転したら、胃が関係しています。

小腸にアプローチして反応が反転したら、小腸からの体内へ入り込むことが食べ物アレルギーの原因です。

大腸にアプローチして反応が反転したら、大腸が原因です。

原因の反応がお酢を手に持って反転したらお酢を摂取することが食べ物アレルギーの改善につながるということが確認できます。

たまに酸にアレルギーがあるという場合があります。

お酢にアレルギー反応がでれば、お酢は逆に食べ物アレルギーを悪化させる可能性があります。

細菌の寄生や精神的なストレスで交感神経が過剰な場合に酸のアレルギーとなってしまっていることがあります。

原因となっていることを改善させることが食べ物アレルギーの改善につながります。

 

子供の食べ物アレルギーは成長とともに消化機能が発達してなくなっていくことが多いですが、中には改善しないでずっとアレルギー反応が残ってしまうことがあります。

どのような原因で食べ物アレルギーが起きているのかをキネシオロジー検査で確認しておくと、食べ物アレルギーは改善しやすくなります。

食べ物アレルギーでお悩みの方は一度丸山カイロプラクティクでのキネシオロジー検査でアレルギー反応の原因を確認してみてはいかがでしょうか。

アレルギー改善の手助けになると思います。

食べ物アレルギーでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。