リンパ反射療法

ロングブレスダイエットが内臓のリンパ循環の停滞の改善に効果的

2017/05/07

内臓の血流のうっ滞やリンパ循環のうっ滞があるとその臓器に関連した筋肉の筋力の弱化現象が生まれます。

この時、筋肉の筋膜に障害を及ぼしてしまう傾向にあるようです。

慢性的な肩こりや腰痛など筋膜が原因の症状で、筋膜を調整してもなかなか改善しなかったり、すぐに筋膜の障害が再発してしまうような場合は内臓の血流やリンパ循環のうっ滞に原因がある場合があります。

 

内臓のリンパ循環の停滞の検査

背骨の脊柱の脇や体の前面などには内臓に関連したリンパの反射点があります。

リンパの反射点に指先を当てた状態でキネシオロジー検査を行ったときに、ストレス反応が出る場合は内臓の血流やリンパ循環のうっ滞があるサインです。

何かしらで内臓の血流やリンパ循環のうっ滞を改善させる必要があります。

 

内臓のリンパ循環の停滞の悪影響

内臓のリンパ循環の停滞があると関連する筋力の弱化が生まれます。

筋力の弱化によって身体の姿勢を維持することが困難になりやすくなります。

筋力の弱化の影響で猫背になったり反り腰の姿勢をとってしまう傾向にあります。

また、座った姿勢では足を組まないと維持できなくなり、足を組みたくなってしまいます。

弱化した筋肉を補うために他の筋肉に負担がかかり、常に筋肉が緊張して体が固い傾向にあります。

筋肉の緊張から交感神経の働きが高まり、血流が悪くなって冷え症を引き起こしてしまうこともあります。

 

内臓のリンパ循環の改善にロングブレスダイエットが効果的のことがあります

リンパ反射点にアプローチして検査を行って反応が出たら、ロングブレスダイエットのように息を吐くことを意識した呼吸を数回行います。

行った後に再度検査を行って、反応が切り替わったならば、ロングブレスダイエットは内臓のリンパ循環の改善に効果的であるということがわかります。

息を吸うという行為よりも息を吐くという行為が良いのか、積極的に息を吐くことで横隔膜を活性化することが良いのか、何が反応しているのかはわかりませんが、ロングブレスダイエットのような息を吐く行為で内臓のリンパ循環の改善があるようです。

ロングブレスダイエット出なくてもドローインの呼吸法でも同じように効果があるようです。

 

冷え症や姿勢の悪さを改善したいと思われている方は試してみてください。

内臓へのストレス刺激は食事やメンタル、姿勢などで常にかかっています。

ロングブレスダイエットやドローインの呼吸法は1,2日行って終わりにしてしまうのではなく、気が付いたらいつでも行うようにしてください。

約3週間続けることができると効果が実感できると思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

内臓や筋肉の悪い状態を反映するリンパ反射点

2017/02/10

筋肉と内臓は関連があります。

内臓のリンパ循環が停滞しているとその内臓の状態を反映するリンパ反射点が過敏な状態になります。

内臓の状態やリンパ反射点の影響を筋肉が受けると、関連している筋肉は弱化してしまいます。

 

内臓と筋肉の関係

目と上部僧帽筋

肝臓と大胸筋胸肋部

胆嚢と膝窩筋

胃と手の筋肉

胃と大胸筋鎖骨部

胃と首の筋肉

小腸と腹筋

小腸と大腿四頭筋

腎臓と腸腰筋

膀胱と腓骨筋

膀胱と前脛骨筋

副腎と縫工筋

大腸と腰方形筋

大腸と大腿筋膜張筋

大腸とハムストリング

生殖器と大殿筋

生殖器と中殿筋

生殖器と梨状筋

など

 

内臓と筋肉のリンパ反射点

リンパ反射点は主に前面と背面にそれぞれあります。

背面の多くは背骨の脇にあります。腹筋の小腸と生殖器の大殿筋、大腸の大腿筋膜張筋の反射点は太ももにあります。

前面は主に胸骨の脇の肋骨間にあります。小腸の大腿四頭筋の反射点は肋骨下縁にあります。

 

リンパ反射点の検査

筋肉の状態が内臓の影響を受けているかどうか、内臓のリンパ循環が低下しているかどうかをキネシオロジー検査で調べることができます。

筋肉にアプローチして反応がでて、リンパの反射点にアプローチをして反応が消えた場合、その筋肉の障害は内臓の状態に原因があると考えられます。

 

リンパ反射点の治療

リンパ反射点を軽くマッサージすることで刺激が加わり反射が切り替わります。

軽い押圧でも強い痛みを感じることがあります。20秒ぐらい刺激しているとスッと痛みが軽くなります。この時に反射が切り替わっています。

内臓のリンパのうっ滞が改善されます。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

おならが出てしょうがない過敏性腸症候群はクロストリジウムが原因

2017/02/01

おならが出て困る、ガスがたまる

おなかにガスがたまって苦しい。おならがいつも出てしまって恥ずかしい。

そんな症状でお悩みの方は腸内の悪玉菌のクロストリジウムが原因かもしれません。

 

クロストリウム属の細菌は脂肪や胆汁と反応するとガスを発生します。

また、乳糖によって増殖、ガスを発生するため乳製品を摂取するとおなかにガスが溜まったり、おならがいっぱい出るようになります。

ウェルシュ菌によっておならが出てしまうことについてはこちらに書いてありますので見てください。

 

クロストリウム属の細菌にウェルシュ菌がいます。

食中毒の原因となる細菌です。

大きな鍋でカレーやシチューでの食中毒の原因となります。

二日目のカレーで食中毒を起こすという報道がたまにありますが、ウェルシュ菌によって食中毒を起こすことはとても稀なケースです。

ウェルシュ菌は嫌気性菌で芽胞を作り耐熱性があります。

2日目のカレーで温めなおした時に熱でカレーの中にいる菌のほとんどが死滅してしまいます。芽胞で生き残ったウェルシュ菌はカレーのように粘性のある汁は嫌気状態になりやすいため、一気に増殖してしまいます。

しかし、巨大な鍋でかき回さずにいる状態でなければ増殖できません。また、他に細菌がいると増殖できない弱い菌です。

ウェルシュ菌というのはそういう菌なのです。

 

腸内でウェルシュ菌が増殖する原因

風邪をひいた医師た時などの抗生物質の投与で腸内細菌が死滅した状態の時に、ウェルシュ菌が体内に入ると増殖してしまいます。

下痢が続いたときなども同様にウェルシュ菌の被害を受けやすくなります。

高脂肪食を続けていると腸内の菌種が減ってしまう傾向にあります。

そのような腸内環境でもウェルシュ菌増殖してしまいます。

クロストリウムによって発生するガスは腸粘膜を刺激するためリーキーガット症候群を引き起こしてしまうこともあります。

ウェルシュ菌によるおならやガスを改善するために

クロストリジウムに対して納豆菌が効果があるという報告があります。

納豆をこまめに摂取して腸内環境を改善することでガスがたまったり、おならが大量に出ることを改善することが期待できます。

お菓子やスイーツなどの高脂肪食の摂取は控えるようにします。

 

クロストリウムによる過敏性腸症候群の検査

病院では内視鏡などで腸に異常が見られないと過敏性腸症候群と診断されます。

そのような場合はクロストリウムによる過敏性腸症候群である可能性があります。

丸山カイロプラクティックではキネシオロジー検査を行うことでクロストリウムである可能性を確認します。

腸に関連するリンパの反射点に反応があり、脂肪、酸、アルカリ、バクテリアにアレルギー反応がある場合はクロストリジウムによる影響であると考えます。

腸のリンパマッサージを行って腸周りのリンパ循環を改善し、脂肪や酸、バクテリアなどに対するアレルギー除去を行うことでウェルシュ菌が活性化しにくい腸内環境に体質を改善していきます。

 

おならが出て困る、ガスがたまる、なかなか改善しない過敏性腸症候群でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

アレルギー除去慮法やリンパマッサージが改善のお役に立てるかもしれません。

お食事や腸を良い環境にしていくマッサージや運動などのアドバイスもおこなっています。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

猫背と胃の関係

2017/01/28

猫背の原因

胃の状態が悪いと猫背になりやすくなります。

猫背の姿勢は胃の状態を悪くしてしまいます。

 

胃と手の痛みの関係でも述べましたが、胸の筋肉の大胸筋鎖骨部と胃は関連があります。

胃の血流やリンパ循環にうっ滞があると大胸筋鎖骨部の筋力が弱化してしまいます。

大胸筋鎖骨部の弱化は協力筋である大胸筋胸肋部や小胸筋を過剰に緊張させてしまいます。

それによって猫背になってしまいます。

 

猫背は胃を守ろうとする防衛反応の姿勢のこともあります

胃の血流やリンパ循環にうっ滞があると本能的に胃を圧迫して血流を低下させようとします。うっ血は静脈血の停滞です。静脈血が停滞していると動脈が血液を送っても流れていかないために充血してしまいます。

充血による炎症を回避するために胃のあたりを圧迫するような姿勢をとってしまうのです。

 

胃の血流やリンパ循環のうっ滞の原因

食べ過ぎや飲みすぎ、冷たいものを飲むことなどが原因となっていることがあります。

精神的なストレスも胃の周りの血液のうっ滞を引き起こします。

横隔膜の機能低下によっても血流のうっ滞を引き起こしやすくなります。

 

胃の血流やリンパ循環のうっ滞の検査

胃の血流の低下の検査はできませんが、リンパ循環のうっ滞がある場合は胃の血流も低下していると考えます。

胃のリンパ反射点でのキネシオロジー検査を行います。

反応が出れば胃の血流やリンパ循環のうっ滞がおきている可能性があります。

リンパマッサージを行いうっ滞の反射を切り替えます。

2回目に検査をおこない、再度反応が出るようであれば慢性的に胃の周りの血流やリンパ循環のうっ滞があると思われます。

 

胃の血流やリンパ循環のうっ滞の改善のアプローチ

胃に関連する経絡や脊柱の調整を行います。

横隔膜が関連している場合は横隔膜のリンパマッサージを行います。

リンパマッサージの指導も行いますので、日常的にセルフマッサージを行うと胃のうっ滞による影響を予防することができます。

 

良い姿勢をすることを意識していてもつい猫背になってしまう。

猫背でない良い姿勢をするのがしんどいという方は胃のリンパ循環がうっ滞しているかもしれません。

肩こりや頭痛は猫背が原因である場合が多くありますが、その猫背の原因は胃にあるのかもしれません。

ご自分の症状が胃に原因があるかもしれないと感じた方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

キネシオロジー検査やリンパマッサージなどで胃からくる不調の改善をサポートします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

胃と手の痛みの関係

2017/01/28

手の症状と胃との関係

手の腱鞘炎がなかなか治らない、手が冷える、手の痛みがなかなか改善しない。

そんな手の症状はもしかすると胃の不調と関連しているかもしれません。

手のひらに多く汗をかいてしまう多汗症も胃が関係しているかもしれません。

 

手の筋肉には胃と関連している筋肉が多くあります。

胃の血流やリンパ循環の停滞があると胃に関連がある筋肉が弱ってしまいます。

弱った筋肉の代償で神経が興奮したり、他の筋肉が緊張してしまって症状がおきるようになります。

胃の障害が直接、手の障害を引き起こすわけではなく、代償的に手の障害となってあらわれます。

外傷や炎症で手に障害がおきると、なかなか回復しない環境になってしまっています。

 

また、胸の筋肉の大胸筋のうち、鎖骨部の大胸筋は胃と関連があります。

胃のリンパ循環のうっ滞があると大胸筋鎖骨部の筋力は弱化してしまいます。

大胸筋鎖骨部の弱化の代償で大胸筋の胸肋部や小胸筋が過緊張を引き起こすようになります。猫背になりやすく、小胸筋の緊張では神経や血管を圧迫するため手の冷えや痺れ、痛みを誘発します。

大胸筋鎖骨部が弱化している人は腕を支える能力が乏しいため、腕を組みたくなってしまいます。腕を組む癖がある人は胃のリンパ循環が低下している可能性があります。歩くときはポケットに手を入れる癖があります。

 

手の痛みが胃と関連しているかどうかを調べる検査

痛みがある場所に刺激を加えてキネシオロジー検査を行います。

反応が出た場合、胃の部分に手を当てます。

もし、キネシオロジー検査の反応が消えたならば、その手の痛みは胃に関連がある可能性が高くなります。

次に胃に関連するリンパの反射点のキネシオロジー検査を行います。

反応が出たならば、胃のリンパ循環が悪くなっていると思われます。

2回目の検査で再び反応が出るようであれば、胃のリンパ循環の停滞が手の痛みを引き起こす引き金になっている可能性が高いと思われます。

 

胃に関連する手の症状の治療

手の筋肉や関節に対してアプローチを行いますが、胃からの悪い刺激があるため回復が遅くなっています。

胃のリンパマッサージを行うことで胃からの悪い刺激を抑制します。

さまざまなところで治療を受けても改善しなかった手の症状も比較的早期に改善しやすくなります。

 

東村山市の丸山カイロプラクティックでは胃に関連する症状をキネシオロジー検査やリンパ反射療法を行うことで改善へのアプローチを行っています。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

なかなか良くならない症状でお悩みの方は一度丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大腸と腰痛の関係

2017/01/28

大腸が原因の腰痛

大腸の状態が悪いと腰痛を引き起こすことがあります。

ぎっくり腰を繰り返してしまう、立ち上がる時にズキッと腰が痛むなどという症状には大腸の血流の低下やリンパ循環の低下が背景にあるかもしれません。

 

腰の筋肉に腰方形筋という筋肉があります。

腰痛を引き起こす原因の腰方形筋

この筋肉は大腸と関連があります。

大腸の血流やリンパ循環が停滞していると、腰方形筋を障害してしまいます。

腰痛と回盲弁症候群の原因となる腰方形筋

 

右の腰方形筋は回盲弁と関連していて、左位の腰方形筋はS状結腸と関連しています。

回盲弁症候群がある方は右の腰方形筋が障害されやすく、便秘などでS状結腸のリンパ循環が停滞していると左の腰方形筋が障害されやすくなります。

 

左右の腰方形筋のバランスが悪くなると椅子に座った状態で床のものを拾おうとして体を傾けた時に筋肉が過剰収縮してしまい、急性腰痛を引き起こしてしまいます。

普段はホルモンの作用などで障害がおこることを抑制していますが、寝不足やストレスでホルモン分泌が低下するとちょっとした刺激でぎっくり腰を引き起こしてしまうようになります。

 

また、大腸のリンパ循環のうっ滞はリンパの反射によって腰方形筋の血流のうっ滞を誘発します。椅子に座っていて動かないでいると筋肉の血流のうっ滞を悪化させてしまうため、立ち上がる時にズキッとした痛みを引き起こすようになってしまいやすい傾向にあります。

 

また、大腸はハムストリング大腿筋膜張筋とも関連があります。

ハムストリングと大腿筋膜張筋は骨盤を安定させる機能があります。

大腸のリンパ循環や血流の低下があるとハムストリングや大腿筋膜張筋の機能が低下して骨盤が不安定となります。

骨盤の不安定から腰痛になりやすい状態になってしまいます。

大腸と腰痛が関連しているかどうかの検査

大腸と腰方形筋とのリンパ反射点にキネシオロジー検査を行うことで反応をみます。

反応が出れば大腸に腰痛が関連していることを疑います。

施術を行って反応が改善し、2回目の検査で再び反応が出るようであれば大腸によって腰痛になっている可能性が高くなります。

 

大腸が関係している腰痛へのアプローチ

丸山カイロプラクティックでは大腸に関連するリンパマッサージを行って大腸のリンパ循環の停滞を改善していきます。

回盲弁症候群を併発していることが多くありますので、回盲弁の検査も行い、反応があるようであれば回盲弁のリンパ反射療法を行っていきます。

回盲弁症候群はすぐには改善しないため、長期的なアプローチが必要になってきます。

 

大腸が関係している腰痛の方へのアドバイス

大腸に障害があれば、日常的に腰方形筋に悪い刺激が加わっています。

なので、日常的に腰方形筋を活性化するようなストレッチや運動を行うことで障害の症状が発生しない様にします。

悪い姿勢でのデスクワークや長時間の立ちっぱなしなどの場合はすぐに腰方形筋が障害されてしまいますので、こまめに腰方形筋を刺激してあげることが大切です。

食べ過ぎやアルコールの飲みすぎ、お肉の過剰摂取、甘いものの過剰摂取は大腸に悪影響を与えることが多いため、食生活の改善を心がけるようにしましょう。

 

慢性的な腰痛は慢性的に悪い刺激が加わっている大腸に原因があるかもしれません。

ご自分の腰痛が大腸と関係があるかもしれないと感じた方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

キネシオロジー検査で関連性を検査したり、リンパ反射療法を行うことで腰痛の改善をサポートしていきます。

腰方形筋に対する効果的なストレッチやトレーニング法などのアドバイスも行っています。

腰痛でお悩みの方は一度ご連絡ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。