体に関すること

体の緊張が取れない原因その2、自律神経失調

2018/10/28

体の緊張状態とリラックス状態は自律神経の影響に大きくかかわっています。

 

自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。

 

交感神経は戦う防衛反応の際に働く神経で体は緊張状態になる傾向にあります。

 

副交感神経は消化活動や休息、細胞の修復などの時に働く神経で体はリラックス状態になる傾向にあります。

 

交感神経の働きが過剰になって、副交感神経があまり働かなくなっている状態だと体の緊張が取れないというようなことになることがあります。

 

原因はさまざまで、特定するのは困難ですが、よくあるパターンとして精神的なことが関与している場合と細菌感染による場合があります。

 

カビや細菌に対する体の防衛反応は交感神経で行われます。

そのため、常に体が防衛反応で緊張してしまうようになってしまうのです。

免疫力を高めるような食事や生活習慣が大切です。

 

精神的なストレスのうち、不安やネガティブな選択での迷いは交感神経の働きを活性化して副交感神経の働きを抑制してしまいます。

この時、ある程度疲労を感じるぐらいに筋肉をしっかりと活動させることがあれば交感神経の活動が抑えられて体の緊張が取れないということはおこりにくいのですが、精神的なストレスがあると精神的な疲労のために筋肉を疲労させることができない傾向にあるので、体の緊張が取れないというようになってしまいます。

 

体の緊張が取れない原因に自律神経が関与しているのかどうかの確認は丸山カイロプラクティックでは「自律神経の渦巻きの図」を用いたキネシオロジー検査で確認しています。

 

横になった状態で副交感神経の渦巻きを指さした時にストレス反応があれば、休息時に副交感神経が働かずに交感神経が過剰になっていると思われます。

また、単に自律神経が関与しているかどうかは交感神経遮断薬を用いたキネシオロジー検査でストレス反応がでれば確認できます。

 

マッサージを受けて楽になるのが一時的という方は交感神経が過剰なのかもしれません。

マッサージを受けると一時的に副交感神経が優位になりますが、すぐに交感神経が過剰に働いて効果が無くなってしまいます。

交感神経を過剰にしてしまう原因を改善する必要があります。

 

ロングブレスを行うと過剰な交感神経を抑制することができるので、体の緊張が取れない人は試してみるといいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

体の緊張が取れない原因その1エネルギー不足

2018/10/27

いつも肩や腕に力が入ってしまって緊張しっぱなし。

リラックスしようと思っても全然緊張が取れない。

 

肩こりが強いし、ひどくなると頭痛がする。

腰はいつも重だるい。

 

そんな緊張が取れない原因はエネルギー不足かもしれません。

 

エネルギーが不足しているのでエネルギーを作り出すために交感神経を高めている。

その結果、筋肉が緊張し続けている。

そんな人はいくらストレッチをしても、リラックスを心がけても改善しません。

 

エネルギーが不足している原因には血流の低下、エネルギー代謝に必要なビタミンB群やミネラルの不足、小腸での糖や脂肪の吸収障害、カビや酵母菌に糖を奪われている、副腎疲労などがあります。

 

緊張が取れないかどうかの確認はPIRストレッチ(Post Isometric Relaxation ストレッチ)を行って確認します。

筋肉には収縮後にリラックスするという性質があります。

これがおこらない場合は緊張が取れない状態になっていると考えられます。

 

副腎のリンパ反射点を刺激してリラックスすることができるようであれば、副腎が原因であると考えられます。

副腎のうっ血が関係していることが多くあります。

 

副腎で反応しない場合はキネシオロジー検査でそれ以外の原因を確認していきます。

糖やビタミンB、ミネラル、カビなどの波動キットで確認したり、うっ血に反応する抗ヒスタミン薬、自律神経に反応する交感神経遮断薬、カビや酵母菌の波動キットで確認していきます。

 

施術はそれらの反応がでたものを打ち消す刺激を探してアプローチしていきます。

 

なかなか取れない体の緊張状態は本能的にその緊張状態を求めているのかもしれません。

 

ヨガやストレッチを行っているにも関わらず、体の緊張が取れないという場合はそのような原因があるということを頭の片隅に入れておいた方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無意識に悪い姿勢になってしまううっ血性疾患

2018/09/29

腰痛や肩こりの原因に姿勢が悪いということがあります。

雑誌やテレビなどでよく取り上げられています。

実際、良い姿勢になることで筋肉の負担がなくなって血流が良くなり、腰痛や肩こりが改善するということがよくあります。

しかし、良い姿勢をとり続けるというのはなかなか続かないものです。

無意識のうちに悪い姿勢になってしまいます。

 

無意識のうちに悪い姿勢をとってしまう原因にうっ血があります。

うっ血性の人は血流が良くなるとストレスを感じてしまうのです。

そのストレスを回避するために無意識のうちに血流が良くならない様に悪い姿勢になってしまうという場合があるのです。

 

悪い姿勢を無意識のうちに脳が求めているのです。

 

うっ血を改善する良い方法の一つが腹式呼吸です。

ただ、横隔膜の動きが悪いといくら腹式呼吸をやったつもりになっていても腹式呼吸になっていません。

下部頚椎に不具合があると横隔膜の神経にストレスがかかっていて横隔膜が動きにくい状態になっている場合もあります。

 

このような方にはロングブレスをお勧めしています。

ロングブレスは頸椎からの横隔膜の神経を経由しないで横隔膜を積極的に動かすことができます。

 

良い姿勢を維持することが苦しくてすぐに悪い姿勢になってしまうという方はロングブレスを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

水分不足とむくみの関係

2017/05/01

水分不足がむくみにつながる

むくみというのは、体の中の水分がうまく排出されず、余計な分が停滞して起こるものです。そのためむくみの原因というと、水分の摂り過ぎという印象があります。しかし、実は水分が不足している状態も、むくみを引き起こすということもあるh所です。いわゆる脱水症状によるむくみです。

 

なぜ脱水がむくみになるのか

脱水とむくみというのは、一見すると正反対のことのように思えます。なぜ脱水がむくみにつながるのでしょうか。

人の体は気温の変化に応じて体を変化させています。

夏の暑さに対しては、血管を太くして血流量を増やし、皮膚の表面温度を上昇させて、体の中から熱を逃がそうとします。そして同時に汗をかいて蒸発させ、どんどん熱を放出しようとします。

脱水状態になっても放っておくと、この体温を下げる汗を作り出すための水分が不足してしまいます。そうすると、体は体温のコントロールを優先しようと判断します。その結果、本来尿として出される水分を極力減らし、汗の方に水分をまわそうとします。

このときに分泌されるのが「抗利尿ホルモン」というホルモンです。これによって尿の量を抑えます。この抗利尿ホルモンというのが厄介なのです。

 

抗利尿ホルモンの持続時間

抗利尿ホルモンというのは、一度分泌されると数日分泌が続きます。そのためこの抗利尿ホルモンが分泌された状態で、脱水の状態を体や喉が感じ、水分を慌てて摂取してしまうと、その水分が尿になれないため、体に残り、むくみの原因になってしまうのです。

 

むくみと脱水の悪循環サイクル

一度むくみを生じるようになってしまうと、むくみによってうまく発汗による放熱作用ができなくなってしまうため、今度は水を飲むとすぐに排泄されるようになってしまいます。

水分をとるとすぐトイレに行きたくなってしまうというパターンに陥ってしまいます。

そして、脱水状態に陥ってしまいます。

アルコールやコーヒーなどの利尿作用のあるものを摂取していると、より一層脱水になりやすくなってしまいます。

脱水傾向の検査

脱水に陥っているかどうかはなかなか気が付きにくいものです。

水をふくんだティッシュペーパーを手に持ってキネシオロジー検査を行うと脱水傾向にあるかどうかがわかります。

水を含んだティッシュを手に持って反応が出るようであれば脱水傾向にあります。

また、むくみのある場所に意識を持って行った状態や手で触れた状態で反応が出た時に、水で濡れたティッシュを手に持って反応が切り替わった場合はむくみは水分代謝が関係していると思われます。

腎臓にアプローチして反応をみたり、抗利尿ホルモンが分泌される下垂体と関連がある棘上筋や棘上筋のリンパ反射点にアプローチして反応を見ることで抗利尿ホルモンの影響があるかどうかがわかります。

 

脱水傾向は水分を摂取すれば改善する傾向にあります。

しかし、腎臓やホルモンの作用がうまく働いていないと水分摂取が逆に体の負担になってしまっていることがあります。

足や手や脇腹などの筋肉がつりやすかったり、むくみやすかったりする場合は水分代謝がうまくいっていない可能性があります。

むくみやつりやすさでお悩みの方は一度丸山カイロプラクティックでのキネシオロジー検査を受けてみてください。

キネシオロジー検査で原因と改善方法を導き出すことができます。

むくみや脱水傾向の改善には白湯を飲むことが効果的です。

検査の反応でむくみや脱水の改善方法を調べると、白湯を飲むことで改善するという反応が出るパターンの人が多くいます。

一部の人では体温以上の温度の水を飲むと良いという反応が出ます。

とりあえず白湯を飲むことが安全に改善に導く傾向にあるようです。

1ヵ月ほど続けていて足がつらなくなったという声が聞かれます。

また、3か月ほど続けていて足がむくまなくなったという例もあります。

試しに白湯を飲んでみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

正しい姿勢と姿勢の改善

2016/11/13

猫背、反り腰、曲がった腰

自分の写真を見るといつも頭が傾いている顎が上がっている

姿勢が良くないと、見た目の問題だけでなく、肩こりや腰痛、膝の痛みなどを引き起こしてしまうリスクが高くなります。

 

良い姿勢を心がけるようにしましょう!

 

正しい姿勢とは

正しい姿勢というのはありません。

どのような姿勢をとっていても、それはあなたにとって正しい姿勢なのです。

しかし、良い姿勢と悪い姿勢というのはあります。

姿勢の悪い人は悪い姿勢を正しい姿勢だと体が覚えてしまっています。

良い姿勢を学習して、良い姿勢が正しい姿勢だと体に覚えてもらうようにしましょう。

 

あなたの姿勢はどの姿勢?

姿勢の改善

見た目で一番良いと感じられるのはAだと思います。

Bはちょっと力が入りすぎてるように見えます。

Cは反り腰で腰が痛くなりそうな感じに見えます。

Dは下腹が出てしまって見た目も悪いし、腰痛や肩こりがありそうに見えます。

 

良い姿勢とは

一般的には図のような姿勢が見た目に良くて、体にとって良い姿勢だといわれています。

良い姿勢

左右の耳の高さが揃っている

左右の肩の高さが揃っている

骨盤の高さが揃っている

横からの重直線が耳たぶ、骨盤、くるぶしと一直線になっている

 

これが良い姿勢です。

 

良い姿勢には2つの良い姿勢があるのをご存知ですか?

一つは、筋肉や関節などの肉体にとって良い姿勢。

もう一つは、神経にとって良い姿勢。

です。

上の図のような姿勢は肉体にとって良い姿勢です。

 

良い姿勢を維持するためには骨(関節)を筋肉で支えないと維持することはできません。

筋肉をコントロールしているのが神経です。

神経の働きで筋肉をコントロールできると良い姿勢が維持することができます。

 

なぜ、良い姿勢ができないのか?

良い姿勢を維持するためには神経が疲れてしまいます。

神経が疲れない様にするには、神経を使わないで筋肉に負担をかけます。

上のイラストのCやDの姿勢は神経を使わないようにした、神経にとって良い姿勢で、肉体にとって悪い姿勢なんです。

内臓や精神的なストレスが多いと神経を休めるために肉体にとって悪い姿勢をとるようになります。食べ過ぎで内臓の消化に負担がかかっているとCやDのような姿勢をとる傾向にあります。

また、姿勢を維持するための神経がトレーニングされていないと神経的なストレスに脆弱で肉体にとって悪い姿勢をとるようになります。

関節のゆがみや筋膜障害で神経のセンサーにエラーがあると、神経を使うことにストレスがかかるので神経を使わずに肉体にとって悪い姿勢をとるようになります。

良い姿勢でないこと(悪姿勢)の弊害

肉体にとって悪い姿勢は筋肉の緊張状態が続くため、血流が悪くなります。疲労物質がたまりやすくなりますし、炎症が起きやすくなります。

それによって冷えや痛みを作り出してしまいます。

よくある障害は腰痛や肩こり、膝の痛みです。

頭痛や四十肩も悪い姿勢が原因がほとんどです。

 

良い姿勢になる方法

良い姿勢を作るためには意識的に良い姿勢をとるように心がけることが大切です。

しかし、良い姿勢がわからない場合がほとんどです。

壁に頭、背中、お尻、踵を付けた姿勢が良い姿勢の状態になります。

良い立ち姿勢の基本ポジション

この姿勢を1回1分間ぐらいキープします。

これを続けると良い姿勢を体が学習していきます。

姿勢の悪い人は一日に数回行うとより効果が出ます。

 

良い姿勢になるためには治療が必要なこともあります。

図のような姿勢をすると、どこかがいたくなる、筋肉が無理をしているような感じがする。

このような場合は関節にトラブルがあったり、筋膜にトラブルがあります。

そのトラブルから逃げるために良い姿勢をとることができない可能性があります。

障害されている場所を改善しないと、無意識のうちに悪い姿勢をとるようになります。

 

東村山市の丸山カイロプラクティックのご案内

姿勢の改善には筋肉・関節・神経に総合的にアプローチすることが大切です。

カイロプラクティックの施術を受けていると姿勢が良くなっていくという声が多くあります。

悪い姿勢でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ストレートネックの作り方

2016/11/12

肩こりがひどくて頭痛がする。

苦しくなって治療市に行くと整形外科や整体治療院で「ストレートネックですね」と言われる。

 

ストレートネック=まっすぐな首、だと何がいけないのでしょうか?

正常な頸椎とストレートネッ

正常な場合、頸椎には緩やかな前弯があります。

この前弯がクッションになって頭への衝撃のクッションになっています。

すトレーをネックではこのクッションが無いために、衝撃を予防するために常に首や肩の筋肉が緊張状態になってしまいます。

 

そのため、

肩こりや頭痛、寝違え、頭痛の原因

になります。

 

ストレートネックでは首を反らせていないのに、反らしている状態になっているため、椎間関節にストレスがかかりやすくなっています。

また、椎間孔が狭まって神経を圧迫しやすくなっていて、手の痺れなどの神経症状を作りやすくしてしまっています。

 

悪いことばかりではない、ストレートネックは必要なんです

日本ではまっすぐな頸椎をストレートネックといいますが、カイロプラクティックの本場アメリカでは「クレーンネック」といったりします。

吊り上げる荷物がの負荷が頭の重さだと思ってください。

クレーンが曲がっていたら重さに耐えられずに折れてしまいます。

重心が前にあってそれを支えて維持するためにはクレーンのようにまっすぐな支持棒が必要なのです。

 

ストレートネックは頭の重さを支えるために進化した形なんです。

パソコンを長時間行う、スマホを長時間行う。

そうするためにはストレートネックが必要なのです。

ストレートネックは筋肉をコントロールするために神経を使わず、楽をするための堕落した進化形です。

ストレートネックは堕落した姿勢を維持するためには必要な構造なんです。

 

ストレートネックの作り方

堕落した姿勢を長時間維持するようにしているとストレートネックを作ることができます。

 

ストレートネックの治し方

堕落した姿勢を長時間続けないことを意識することが大切です。もし、長時間続けてしまったのならば、改善するためのストレッチなどをおこなうことが必要です。

筋膜が障害を受けてしまっていると、その姿勢を維持しようとしてしまいます。

顎を引いた良い姿勢をとろうとするとしんどくてできない、という人は筋膜が障害されています。筋膜の調整を行わないと良い姿勢を維持することはできません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。