体の仕組み

マッサージを受けると翌日だるくて動けなくなる

2017/10/01

マッサージを受けると翌日にだるくなってしまうという人が時々います。

中にはだるくて動けなくなってしまうというような感じになってしまうという人もいるようです。

一般的には好転反応などといわれていますが、なぜ、マッサージを受けた翌日にだるくなってしまうのでしょうか?

 

マッサージを受けた翌日にだるくなってしまう理由

だるくなる原因は副交感神経が過剰になった状態です。

マッサージをうけることで緊張している交感神経が解放されて副交感神経が優位な状態になります。

副交感神経が優位になってだるくなるには複数の原因があります。

①血流が悪い人は組織に酸素や栄養がいきわたらないためにだるくなります

低血圧の人はこの傾向にあります。

また、お風呂で長湯できない人などもこの傾向の場合があります。

②慢性的な細菌感染

慢性的な細菌感染があると、細菌に抵抗するために交感神経が働き続けています。

マッサージによって交感神経が解放されて副交感神経が優位になると細菌の活動が活性化してしまいます。

そのため炎症やサイトカインによってだるくなります。

副鼻腔炎や上気道感染、食道感染でこのようなことがおきやすい傾向にあります。

軽いマッサージで起きるば場合は蜂窩織炎の可能性もあります。

③ビタミン不足、ミネラル不足

マッサージを受けて筋肉や血管がリラックスするのは良いことなのですが、活動時には必要に応じて筋肉や血管が収縮することが必要です。

その収縮にはビタミンやミネラルが必要なのです。

ビタミンやミネラルが不足していると筋肉や血管、神経が適切に活動することができていないためにだるくなります。

④セロトニン不足

セロトニンにはホルモンや神経伝達物質の分泌を調整する作用があります。

また、セロトニンには血管の収縮作用があります。

セロトニンが不足していると血管や神経伝達物質の働きを調整することができないために、活動のための身体の働きがうまく機能しなくなっています。

そのため、だるくなりやすくなります。

逆に考えると、普段は筋肉や血管がリラックスしない様に常に緊張状態を続けていると思われます。

強いマッサージでの揉み返しとは違います

強いマッサージを受けて次の日にマッサージを受けたところが痛くなってしまうという場合がありますが、これはまたちょっとタイプが違います。

これはマッサージによって組織が損傷して炎症が起きているために起きています。

だるさというよりも痛みの方が強くなります。

軽いマッサージで痛みを伴うだるさの場合は蜂窩織炎の可能性があります。

蜂窩織炎は細菌性の皮下組織の炎症状状態です。

時々自分でマッサージしてみて、同じように翌日に痛みが出るようであれば蜂窩織炎の可能性が高くなります。

 

キネシオロジーの考えでは、マッサージを受けてだるくなるというのは体の反応のひとつです。

ちょっとしたマッサージでだるくなってしまうというのは、あまり良い状態ではありません。

ビタミンやミネラルを積極的に摂取していたら、マッサージを受けてもだるくならなくなるかもしらませんし、運動を行うようにしていたらなくなるかもしれません。

原因を確認して改善の対処をしたほうがいいと丸山カイロプラクティックでは考えています。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

関節機能障害とは

2017/08/06

関節機能障害とは、関節自体(骨・靭帯・腱などの組織)の異常というよりも、可動域が制限されていたり、動きがスムーズでないなど、関節の機能が正常に機能しない状態をいいます。

 

その痛みは関節機能障害が原因かもしれません 

関節が正常に動かないことによって関節周りの組織を過剰に圧迫するなどして痛みが出るようになります。

関節が正常に動かないことの代償によって周囲の筋肉が過剰にストレッチされたり、また逆に過剰に収縮するようになってしまい、筋肉が障害されて痛みが出るようになることもあります。

 

関節機能障害は安静やマッサージでは治りません

腰痛や肩こりや膝の痛みなど、マッサージを受けたり安静にしていると楽になることがあります。

関節機能障害によって緊張していた筋肉などがマッサージによって改善されるために痛みの症状は一時的になくなります。

しかし関節機能障害があると関節に動きなどのストレスがかかると、関節周囲の筋肉がまた収縮などをするようになって症状がぶり返してしまいます。

 

関節の機能には関節の状態を脳へ伝えるための感覚センサーとしての役割があります。

このセンサーが狂ってしまっていると狂った情報を元に神経や筋肉が働くために、また筋肉が緊張した状態などになって痛みが出てしまうのです。

関節機能障害を改善するためのアプローチ

関節の関節センサーにストレスのない方向に刺激を加えると関節機能障害は改善していきます。

丸山カイロプラクティクではキネシオロジー検査でストレスの無い方向を確認してアクティベータで刺激を加えます。

一般的なカイロプラクティックや整体で行われている関節をポキポキ鳴らすようなアプローチでも関節機能障害は調整されます。

関節のセンサーが刺激を感知して神経が働くよりも早く刺激を加えるということが大切です。

丸山カイロプラクティックではポキポキと関節をならすようなアプローチは行っていません。アクティベータの刺激はとても速いスピードの刺激であるのでアクティベータの施術を選択しています。

セルフアプローチ

治療を受けずにご自分でどうにかしたいという場合は、関節ストレッチと関節モビリゼーションが効果的です。

関節モビリゼーションのやり方

関節を前後左右に動かして痛みの状態を確認します。

痛みのある方向と反対方向で痛みが無ければその動きはストレスのない改善方向の動きです。10回程度痛みの無い方向に動かして、再度痛みのある方向に動かします。

痛みが最初よりも軽減していれば関節モビリゼーションは成功です。

繰り返し行うことで関節機能障害はなくなり、痛みもなくなります。

痛みが軽減しない場合はやり方が違っています。

改善しないと思いますのでやめたほうがいいです。

関節ストレッチのやり方

痛みが強く出ない範囲で軽いストレッチを行います。

そしてその状態を1分以上キープします。

軽いストレッチを行うとエラーを起こしているセンサーが働かない状態です。

この状態を1分以上キープしているとストレッチされた状態に関節センサーがリセットされていきます。

1分以上行うことが大切です。

多くの人は20秒程度でストレッチをやめてしまうので改善しません。

また、効果を求めて強いストレッチを行うので改善しません。

ヨガを行うと体調が良くなっていくのはこの効果だと思われます。

ヨガをやっても体調が良くならないのは効果を求めて強いストレッチを行ってしまうからだと思います。

 

なかなか良くならない体の痛みや不調に関節機能障害が原因であることがあります。

痛みや不調でお悩みの方は一度、症状に関節機能障害が関係しているかどうか検査を受けてみてください。

そして関節機能障害の改善のためのアプローチを受けてみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

施術をしても痛みがなくならない原因

2017/05/31

首を動かすと痛みが出る、起き上がろうとすると腰に痛みが出る。

原因と思われる筋肉や関節を改善させたにも関わらず、施術後に痛みを確認してみると痛みがほとんど緩和されていないということがあります。

ストレッチやマッサージ、関節への刺激などを行えば多くの場合、何かしらの痛みの変化があります。

しかし、さまざまなアプローチを行っているにも関わらず痛みが軽減しないというのには何か原因があるのです。

 

施術をしても痛みがなくならない原因

・炎症がある

炎症状態にある場合は施術を行っても筋肉の収縮やストレッチで痛みが出ます。

抗炎症薬であるロキソニンを用いてキネシオロジー検査を行って反応が出るようであれば炎症が原因で痛みが残っています。

・脳が痛みに過敏な状態になっている

痛みの状態が長く続いていたり、痛みに対する不安があったり、精神的なストレス状態、細菌やウィルスの感染後、虚血やうっ血状態が続いた後などに脳の痛みに関する部位が過敏になってしまっていることがあります。

普段では痛みとして感じることが無い刺激を痛みとして感じやすくなっています。

脳の神経が過敏になっいる痛みは解熱鎮痛薬のカロナールが反応します。

キネシオロジー検査でカロナールが反応する場合は脳が過敏な状態になっていると思われます。

マッサージなどの癒され感やトリガーポイント療法などの強い刺激、ポキポキ鳴らすような関節操作で脳の過敏状態が切り替わることもあります。

一般的には不快なストレス刺激を減らして快適な刺激を続けることで、脳の過敏症状は切り替わっていきます。

・リンパの腫れ

リンパの腫れのある状態は筋肉や関節が調整されても筋肉を動かした際に痛みが出てしまいます。

膝の痛みや股関節を曲げた時の痛み、腰痛、首を曲げた時の痛み腕を上げた時の痛みなどが施術をしても痛みが改善しない場合はリンパの腫れが原因であることがあります。

リンパマッサージを行ったり、ストレッチをして痛みのイメージが反転すればリンパの腫れが痛みが改善しない原因だと思われます。

風邪をひいた後や副鼻腔炎、歯周病ではリンパが腫れている状態になっていることがありますので、リンパの腫れが収まるまでストレッチやリンパマッサージを行うことが必要になります。

 

施術を行っても痛みの症状が改善しないことがあります。

原因にアプローチできていなくて痛みが改善しないこともありますが、痛みの原因があるために痛みの症状が改善しないこともあります。

原因にアプローチできていたか、できていなかったかはキネシオロジー検査で確認できます。

さまざまな治療を行っているにも関わらず痛みの症状が改善しない場合はキネシオロジー検査で確認してみると原因がわかります。

なかなか改善しない痛みの症状でお悩みの方は一度丸山カイロプラクティックでのキネシオロジー検査を受けてみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

膝に痛みを出す膝窩筋について

2017/05/26

膝が痛い。歩くのがつらい。階段の上り下りが怖い。

そして膝に水がたまってしまう。

病院で水を抜いてもまたすぐに水がたまってしまう。

正座もできない。

そんな膝の痛みの原因に膝窩筋があります。

膝窩筋にストレスがかかって炎症がおきてしまって膝窩筋滑液包炎になると滑液包に水がたまってパンパンになってしまうのです。

 

膝窩筋について

膝の痛みと膝窩筋

膝窩筋は膝の裏側にある小さな筋肉です。

膝の靭帯や滑液包と接しているため炎症性の障害があると靭帯や滑液包に炎症が浸潤して水がたまったり、腫れあがってしまって障害が大きくなってしまうことがあります。

 

膝窩筋の機能

膝を曲げる作用があります。

大腿が固定された状態で足先を内側に向ける作用があります。

下腿が固定されている状態で膝を外側に開く作用があります。

 

膝窩筋の障害による症状

階段の登りや下りで膝の後ろ側に痛みが出ます。

膝を伸ばそうとすると痛みが出るためいつも膝が少し曲がった状態でいるようになります。

初期の場合、正座はできますが筋肉が緊張してすぐに痛みがでてしまいます。

炎症状態となると膝に水がたまるようになって正座をすることができなくなります。

膝窩筋と内臓との関係

膝窩筋は胆嚢と関係があります。

コレステロール過多、高コレステロール血症など胆嚢に負担がかかっている状態で膝窩筋が影響を受けやすくなります。

また、逆に膝に水がたまるような膝窩筋の症状では胆嚢に何かしらの障害が発生している可能性があります。

 

膝窩筋のトリガーポイント

膝に痛みを出す膝窩筋のトリガーポイント

膝窩筋のトリガーポイントは膝の裏側に痛みを放散します。

階段を上ったり下りたりする際に膝窩筋が働くと膝窩筋のトリガーポイントが活性化されて膝の裏側に痛みが出ます。

また、正座のように膝を深く曲げる際にもトリガーポイントが圧迫されて活性化するために痛みが出るようになります。

 

膝窩筋が原因の足の痺れや痛み

立った姿勢で膝の裏を観察したときに、膝の裏がぷっくりと膨れている場合は膝窩筋が過剰な緊張状態にあります。

膝窩筋と坐骨神経痛

膝窩筋の筋膜が障害されている場合、坐骨神経が障害されてふくらはぎや足に痛みが出ます。

 

筋膜に障害が無い場合は血管が圧迫されてしびれ感や足のむくみになることがあります。

 

膝に水がたまる

膝の外側部に水がたまるようになります。

膝のお皿の下に水がたまる場合は膝窩筋が原因ではなく、大腿四頭筋やそのほかの原因である可能性が高いです。

 

歩くとき、階段で膝が痛くなる悪循環スパイラル

膝窩筋は足先を内側に向ける作用のある筋肉です。

階段の下りで膝が痛む人は膝を曲げながら、ゆっくりと足先を内側に向けて降りる傾向にあります。この動作は膝窩筋の緊張状態を作り出すため、膝の状態が悪化します。

歩くときも同様ですり足で歩幅が狭く、膝が曲がった状態で親指の付け根付近に圧がかかるような歩き方をしている傾向にあります。

この歩き方も膝に痛みを作り出す悪循環スパイラルの要因です。

 

膝窩筋を調整すると膝の痛いが軽減します

膝窩筋にストレッチ性の調整をすると階段の下りなどでの痛みが軽減します。

もし、軽減した場合は膝窩筋が原因です。

体重負荷や姿勢の状態のために効果は一時的ですが、継続して行うと膝の状態が改善されて痛みが出なくなります。

 

膝の痛みの原因は様々です。

膝の痛みの原因の一つに膝窩筋があります。

膝窩筋による膝の痛みはキネシオロジー検査を行うと原因が確認できます。

膝の痛みをイメージしたときに反応が出て、膝窩筋にアプローチすると反応が反転する場合は膝窩筋が膝の痛みの原因だとわかります。

膝の痛みでお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

腕の外旋

2016/08/31

外旋2外旋

上腕骨が外側に回転することを外旋旋といいます。

腕を外旋させる筋肉には棘下筋、小円筋があります。

左図のような外旋の場合は棘下筋が積極的に働きます。

右図のような外旋の場合は小円筋が積極的に働きます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

腕の内旋

2016/08/31

内旋1内旋2

上腕骨が内側に回転することを内旋といいます。

腕を内旋させる筋肉には肩甲下筋・大胸筋・広背筋・大円筋があります。

左図のような内旋の場合は大胸筋・大円筋が積極的に働きます。

右図のような内旋の場合は肩甲下筋が積極的に働きます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。