施術症例報告

人が言うことが理解できないよく聞き間違える

2017/09/30

40代の女性の方で恐怖麻痺反射の統合不全を疑って来院されました。

小さいころから不器用で理解力が遅いということを改善したい。

人がいうことを理解することがうまくできないことがあり、よく聞き間違えてしまいます。

そのことで人から馬鹿にされたり、悪く言われたりすることでひどく傷ついてしまいます。

 

キネシオロジー検査

経絡のエネルギー反応の検査で反応がでない。

水で反転するため脱水傾向にある。

喉、肺で反転し、ロキソニンで反転反応があります。炎症状態である。

小腸と大腸のリンパ反射点で反転反応があり、大腸は腹式呼吸で小腸は小腸経のツボの刺激で改善反応がありました。

1/2吸気でストレス反応があり、恐怖感情で反転反応がありました。

方鼻呼吸でストレス反応があり、さみしさの感情で反転反応がありました。

ネガティブな情報を受け入れる思考のアレルギーがあり、副腎、糖、脂肪、セロトニンで反転反応がありました。

ネガティブな情報を否定する思考のアレルギー反応があり、同様の反応がありました。

私の言った言葉を記憶してもらうように指示して反応を見ると、ストレス反応がありましあ。

右耳をふさいで同様に検査を行うと反応が反転しました。

左耳では反転しませんでした。

セロトニンで反転反応がありました。

ロキソニンで反転反応がありました。

耳引張りを行うことで反応が出なくなりました。

糖および脂肪で反応がでなくなりました。

バレリューのテストではストレス反応がでなかったため、椎骨動脈は関係していないようです。

同側運動ではストレス反応がでませんでした。

対側運動でストレス反応が出ました。

小腸の経絡の刺激と腹式呼吸でストレス反応の反転がありました。

 

アプローチ

恐怖感情のアレルギー除去療法をおこない、対側運動のトレーニングのアドバイスをおこないました。

耳引張りを行って耳の血流を良くするようにアドバイスをおこないました。

コメント

聞いてたことが理解できないのは左右の耳からの情報の入力エラーであると思われました。

聴覚に好ましくない左右差があり、聞こえた情報を思考に変換して脳に入力していると思われます。

それによるストレスでエネルギーが不足したり血流が低下することでさらに聞いたことが理解できなくなっています。

恐怖感情を無くしていくことと、耳の血流を良くしていくことが改善の第一歩になると考えられました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

薬指に力が入らない

2017/09/29

薬指に力が入らないという患者さんです。

配膳の仕事でお盆を持つと手が震えるようになって仕事ができなくなった。

手の腱鞘炎がもともとあって子育てをしているときがひどかったがそのあと落ち着いていたが、パソコンをしていたら悪化するようになった。

薬指に力が入らに感じは日によって違うが、肩が凝ってきて肩が回らなくなると肩と手が痛くなる。

薬指のあたりがつているような引っ張られるような感じになって力が入らなくなります。

子育ての時の悪化した時に整形外科を受診しましたが、ほっとくしかないといわれてそのままです。

だっこひもをしなくなったらその時は楽になりました。

 

検査の様子

指の筋力を確かめると薬指に力は入りました。

キネシオロジー検査

薬指のあたりをイメージしてもストレス反応がでません。

薬指に力が入らない原因を確認していくと、回外筋部分、脇の下、鎖骨部で反転反応がありました。

回外筋のトリガーポイント、筋膜障害、腱紡錘障害の反応が検出されました。

小胸筋にトリガーポイント、筋膜障害の反応が検出されました。

セロトニンで反転反応があったので虚血性であると思われます。

 

アプローチ

回外筋の障害を取り除くようにアプローチを行いました。

小胸筋の筋膜リリースを行いました。

 

考察

薬指に力が入らないという症状の原因は肘部管症候群尺骨神経障害が原因であることが多いのですが、肘の部分でストレス反応が出なかったので、この方の場合は違うように思われました。

キネシオロジー検査の反応から考えると、胸郭出口部の鎖骨下と小胸筋部分で血管が圧迫され、腕への血流が悪い状態で回外筋の過負荷がかかることで薬指に力が入りずらい状態になっていると思われます。

検査の時は回外筋部分での橈骨神経障害だと思いましたが、今思うと回外筋と指伸筋の筋膜の癒着があるか、回外筋の腱紡錘障害による指伸筋の反射性収縮が背景にある可能性があります。

次回来られた時には指伸筋の障害をチェックしたほうがよさそうです。

また、橈骨神経に障害があるのか、尺骨神経に障害があるのか再度確認する必要があると思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

背中の痛みが強くなると心臓がドキドキ動悸がする

2017/09/28

パニック障害のある患者さんです。

電車やバスに乗ることができませんでした。

電車やバスに乗ると動悸が激しくなったり吐き気がするため乗ることができませんでした。

今は少しの時間なら乗れるようになりました。

不眠があり、寝てもすぐ目が覚めてしまってほとんど寝れません。

無呼吸症候群があり、病院で診断をうけ、シーパップを付けましたが、余計眠れなくなったため、つけていません。

睡眠不足のせいか午前中は体が重くて動けない。

メンタルクリニックで向精神薬を処方されたが、薬が合わなくてやめている。

胃のあたりが行くくなることがあり、触るだけでも痛い時がある。

背中の痛みがひどくなっている時は動悸が激しくなることが多い。

ふわふわした感じがあり、めまいを起こすことがある。

左側の頭痛がある。

左の視力が落ちているような感じで見えずらい。

アトピー性皮膚炎があります。

 

という、不調で苦しまれている方です。

キネシオロジー検査

・思考のアレルギーがありました。ポジティブな情報を受け入れること、ポジティブな情報を否定すること、ネガティブな情報を受け入れること、ネガティブな情報を否定すること、すべての思考にアレルギー反応がありました。

・せながが痛くなるところをイメージするとストレス反応があり、ロキソニン、抗ヒスタミン薬、交感神経遮断薬、副腎、カビ、糖、脂肪、ビタミンB群、食道、肺、胃で反転反応がありました。

・恐怖感情、さみしさの感情にアレルギーがありました。

・バレリューのテストでストレス反応がありました。

・筋収縮後筋弛緩の反応がおこらず、恐怖感情のアレルギー除去で筋収縮後筋弛緩の反応がおこるようになりました。

・腹式呼吸で反転反応がおこらず、上腹部のマッサージで反転反応がありました。

・輻輳反射のテストでストレス反応があり、完全なより目ができない。

 

施術と経過

初回は横隔膜周囲へのアプローチを中心に行い、腹式呼吸のアドバイスをおこないました。

2回目の来院では吐き気が半減し、眠りは少し良いような感じがあるようですが、まだ良い寝りではないようです。

思考のアレルギーが改善されていない。側頭タッピングと副腎のリンパマッサージを中心にアプローチを行いました。

3回目の来院では、2回目の時と状態があまり変わっていないようでした。

胃の状態が良くない原因が首の筋肉による血流の低下である反応が出たため、頸部のモビリゼーションのアプローチと斜角筋のストレッチを行いました。

恐怖感情のアレルギー除去療法を行い、反応を確認してもらっています。

 

考察

心臓のドキドキ、思考のアレルギーは副腎疲労、糖、脂肪、ビタミンB群での反転反応があったので、エネルギー不足がアドレナリンを分泌させて起きていると考えられました。

バレリューのテストでストレス反応があったので頸部で椎骨動脈の血流低下を引き起こしているのではないかと思われます。

椎骨動脈の血流低下が脳のエネルギー不足を引き起こしやすくしてしまい、アドレナリンの分泌から動悸や筋肉の緊張が生まれているのでないかと思われます。

また、肺の慢性炎症の反応があったので、慢性炎症ストレスもまた交感神経の過剰状態を作り出してパニック症状につながっているのではないでしょうか。

首の状態をよくすること、恐怖感情、さみしさの感情のアレルギーを除去すること、肺の慢性炎症を改善すること、低血糖に陥らない様に注意することのアプローチをおこなっていくことがパニック症状の改善につながると思われました。

背中の痛みが強くなった時には、背景に低血糖がある可能性があるので、ブドウ糖の飴を舐めるようにしてみて様子を見てみるのがいいと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

抗真菌薬で胸焼けの改善

2017/09/21

清瀬市在住の75歳の女性の方で抗真菌薬で胸焼けが改善した方の症例です。

手のしびれの治療のために当院に来ている方です。

手のしびれの原因が首の斜角筋にあるという反応があり、斜角筋のトリガーポイントと筋膜障害が施術を行ってもすぐに再発してしまうという状態でした。

斜角筋の障害の原因を調べると、食道、胃に反応があり、ナイスタチンと抗真菌薬で反転反応があったため、カンジダ菌やカビが原因となっていると思われました。

問診で逆流性食道炎があり、病院で胃酸を抑える薬と腸の活動をよくする薬を処方されていましたが改善がないようでした。

抗真菌薬での改善反応を信じてもらって、抗真菌薬を入手してもらい3週間抗真菌薬を摂取したところ、胸焼けの症状が全く出なくなったようです。

胃酸を抑える薬で胸焼けが改善しないときは食道の細菌感染が原因となっていることがあるようです。

手のしびれはまだありますが、悪化要素がなくなったので斜角筋の施術を続けていけばなくなっていくと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

朝起きた時に足の裏が痛い

2017/09/17

東村山市在住の47歳女性の方が背中と腰と首の痛みと重いものを持った時の手の痛み、朝起きた時の一歩踏み出した時の足の裏の痛みを訴えて来院されました。

足の裏の痛みは2~3か月前からで、朝起きて足を着くと痛みが出ます。

少しすると痛みはなくなります。

普段は歩いていても足の裏の痛みを感じることはありません。

月に1度整体の施術をうけていますが、すべての症状がほとんど改善しません。

以前、足が痛くなるほど足のむくみがひどくなっていました。

最近はそれほどひどくはありませんが、むくみます。

 

足の裏の痛みのキネシオロジー検査

足の裏をイメージするとストレス反応があり、ロキソニンで反転反応があるので足底に炎症があると思われます。

抗ヒスタミン薬では反応が無く、セロトニンで反応するため虚血性の炎症があるようでした。

交感神経遮断薬では反応がありませんでした。

膝窩部、鼠蹊部で反転反応があるので鼠蹊部と膝の裏で血管の圧迫が起きて血流が悪くなっているとおもわれます。

大腿四頭筋の緊張タイプの筋紡錘障害の反応がありました。

膝窩部は浮腫のような腫れがあります。

膝窩筋のトリガーポイントと弱化タイプの筋紡錘障害がありました。

 

 

足の裏の痛みのアプローチ

寝ている間の足の血流の低下が足の裏の炎症を引き起こしていると考え、鼠蹊部と膝の裏の施術を行いました。

施術後はストレス反応がなくなっていたので、様子を診てもらうようにしました。

 

コメント

朝起きてからのちょっとした時間だけ足の裏が痛いという場合は、寝ている間の血流が悪いことで炎症が起きていることがあるようです。

よくあるのはうっ血性でむくみからくることが多いのですが、この方の場合は虚血性の炎症でした。

起き上がって動くことで血流が良くなるため少しすると痛みがなくなるようです。

鼠蹊部付近での大腿四頭筋の緊張と膝裏の浮腫がなくなると足の裏の炎症もなくなっていくと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

重い荷物を持っていて肩こりがひどくなる

2017/09/16

東久留米市在住の50歳の男性の方が重い荷物を持っていて肩こりがひどくなってきたといって来院されました。

重い荷物を長時間持ち続けることが1か月ほど続き、2週間ぐらい前から肩こりがひどくなって痛みを感じます。

今までに肩こりは感じたことがなかったが、ここ2週間ぐらいで肩こりが強く感じて荷物を手に持っていると肩こりがひどくなります。

 

肩こりのキネシオロジー検査

肩こりを感じる場所をイメージしたがストレス反応は出なかった。

肩こりの原因を調べるとセロトニンで反応したため、虚血性の血流不足が肩こりを引き起こしていると思われる。

ロキソニン、抗ヒスタミン薬、交感神経遮断薬での反応はなかった。

斜角筋で反転反応があり、斜角筋の緊張によっての血流低下が肩こりを引き起こしていると考えられた。

斜角筋の障害はトリガーポイント筋紡錘の障害でした。

斜角筋の障害は腹式呼吸で改善せず、腹部のマッサージで改善したため、横隔膜の動きが悪いことが要因にあると思われました。

肩こりの原因に頸椎の障害があり、モビリゼーションで改善するという反応がありました。

肩こり改善のための施術

頚椎のモビリゼーションと斜角筋のトリガーポイント療法と筋紡錘の調整を行いました。

施術後はストレス反応がなくなっていたので、重い荷物を持った際の肩こりの悪化を防ぐアドバイスをおこなって終了しました。

 

コメント

重い荷物を長時間持ち続けると肩が凝るというのはよくあることです。

ただ、それがいつまでも続くという場合は何かしらの問題があるということです。

重い荷物を手に持つと斜角筋の緊張が生じます。

斜角筋に障害が無ければ一過性の疲労による肩こりで終わりますが、障害があると肩こりが永続してしまいます。

この方の場合、横隔膜の動きが悪く呼吸が良好でないため呼吸によって斜角筋にストレスがかかっていることが斜角筋の疲労の修復を妨げていると思われました。

最近、キネシオロジー検査を行っていて横隔膜の動きの悪さで首の筋肉の障害がある方が多いように感じます。

胸郭出口症候群での手のしびれなどの方のほとんどが横隔膜の動きが悪いという反応がでます。

時々、腹式呼吸のトレーニングを行うことが大切なのではないかと感じています。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。