椎間板ヘルニア

ヘルニアの腰痛は椎間板を圧迫する筋肉を治療する

2017/08/27

腰椎の椎間板ヘルニアがあると腰痛を引き起こしやすくなります。

しかし、椎間板ヘルニアがあるからといって腰痛がおこるとは限らないのです。

椎間板ヘルニアの膨隆を助長するようなストレスがかかって炎症が起こることで腰の痛みがおこることが多いのです。

ヘルニアの膨隆を助長しているのは腰の腰椎を支えている筋肉の過剰な収縮状態です。

その筋肉の収縮状態を改善してあげると腰痛がおこらなくなっていきます。

腰椎を支えている筋肉には脊柱起立筋、腸腰筋、腰方形筋があります。

 

腰痛にヘルニアが関係しているかどうかを調べる検査

キネシオロジー検査で確認していきます。

仰向けに寝た状態で足を上げていくSLRテストを行ってストレス反応がでればヘルニアが腰痛の原因になっている可能性があります。

足を上げていくことで神経が引っ張られ、炎症を起こしている椎間板ヘルニアに触れることで反応がでます。

ロキソニンで反転反応があればヘルニアの炎症によって反応がでていると確認できます。

 

腰を曲げて椎間板ヘルニアの膨隆を助長するようにしてストレス反応を確認します。

ストレス反応がでれば椎間板ヘルニアの可能性があります。

 

抗ヒスタミン薬、セロトニンで反応がでるようであれば血流の低下によって炎症が起きやすい状態になっていると確認できます。

血流の低下は筋肉の緊張状態によって起きている可能性が高いので筋肉を確認していきます。

腰の筋肉の腸腰筋、脊柱起立筋、腰方形筋に筋膜障害、トリガーポイント、筋紡錘障害、腱紡錘障害があるかどうかを確認します。

 

椎間板ヘルニアに関係している筋肉の治療

椎間板ヘルニアで腰の痛みが出るような場合の筋肉には筋膜障害、トリガーポイント、筋紡錘障害が複数存在している傾向にあります。

腱紡錘に障害があるとぎっくり腰を起こしやすくなります。

トリガーポイントの治療は筋肉の圧迫刺激でトリガーポイントの凝りを解消していきます。

これはマッサージ店でマッサージを受けることでも解消されることがあります。

筋膜障害はマッサージでは改善できません。

筋膜リリースによって筋膜のたるみや癒着を解消しないと筋肉にストレッチや収縮負荷がかかると症状が出るよになります。筋膜リリースのアプローチが必要です。

筋紡錘、腱紡錘もマッサージでは改善しません。

筋紡錘や腱紡錘のセンサーが狂ってしまっているとマッサージや安静では狂った状態が改善することはありません。

筋紡錘、腱紡錘のセンサーに適切な方向の圧縮や伸張刺激を加えることでエラーを起こしているセンサーがリセットされます。

 

ヘルニアの腰痛は改善しないと思われている人もいるようですが、ヘルニアを増悪させる筋肉要素を改善することでヘルニアがあっても腰痛にならないケースがあります。

ヘルニアの腰痛でお悩みの方は一度カイロプラクティックでの筋肉に対するアプローチを受けてみてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヘルニア腰痛奮闘記その17ヘルニアの腰痛には腰反らしの運動が効果的のようです

2017/06/02

6月2日

ヘルニアが原因だと思われる私の腰痛のことを書いてきて、ようやく現在の状況のところまでにたどり着きました。

 

キネシオロジー検査で腰痛の原因を確認してから腰反らし運動を始めて4日後ぐらいから痛みが軽減しだして、今はほとんど痛みがありません。

 

ただ、腰反らし運動は一日に何度も行っています。

 

椅子に座っていて立ち上がったら腰反らし運動、職場についたら腰反らし運動、朝起きたら腰反らし運動。

 

腰反らし運動は1回10回程度ですが、頻回行うと血流改善効果があるようです。

 

腰反らし運動にはちょっとしたコツがいることがわかりました。

 

腰反らし運動を行っても痛みが軽減しないことがあったのです。

 

最初のころはただやみくもに腰反らし運動を行っていました。

 

キネシオロジー検査検査では改善反応が出ていたのに、腰の痛みが改善しない。なぜなんだろう、と疑問に思って検査の時と同じ動きをやってみました。

 

すると少し痛みの緩和が見られました。

 

腰を反らす時に、骨盤が前に出てはいけないようです。

 

腰を前に突き出すようにして腰反らしを行うと、腸腰筋が過剰にストレッチされてしまいます。この時、ストレッチに対して腸腰筋の反射性収縮がおこり、改善効果が無かったのではないかと思われます。

 

ヘルニアにたいする効果的な腰反らしのやり方

腰に手を当てます。

腰に手を当てるのは手で腰を前に突き出すためではなく、腰を動かない様に意識するためです。

腰を前に出さない様にしてまっすぐな姿勢のままの状態から腰を反らします。

やりずらいと思いますが、できる範囲で腰を反らせます。

強い痛みが出る場合は椎間関節に障害があると思われます。腰反らし運動は中止したほうがいいです。椎間関節の治療が必要です。

腰反らしは10回程度行います。

腰を反らす時に息を吸います。

腰を戻す時は息を吐くという意識ではなく、腰を戻したら自然と息が出るという感じで行います。

これを頻回行うと腰回りの血流が改善されます。

腰回りの血流が改善されるとヘルニアによる痛みが軽減されます。

またヘルニアの膨隆が改善されることが期待できます。

 

ヘルニアによる腰痛でお悩みの方は試してみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヘルニア腰痛奮闘記その16キネシオロジー検査で腰痛の原因を確認

2017/06/02

5月24日

自分自身の腰痛の原因をキネシオロジー検査で確認してみました。

 

「腰痛の原因がわかりますか?」と問いかけてYesの反応。

 

鼻炎や痰が原因かもしれないと思われたので、鼻水と痰を手に持って反応を確認すると反応が反転しました。

 

痰は緑色なので緑膿菌が原因の一つなのか?

 

ナイスタチンを手に持って反応を見ると反応が反転したのでカンジダ菌の影響はあるようです。

 

ロキソニンでも反転反応がありました。炎症が起きているようです。

 

抗ヒスタミン薬では反応がないのでアレルギー反応ではないみたいです。

 

カロナールで反転反応があるので脳の痛みに関する神経が過敏になっていることも一つ原因のようです。

 

腰に磁石を貼って反転反応があり、ロキソニンでさらに反転するので腰に炎症があるようです。

 

「腰の痛みはヘルニアが原因ですか?」でYesの反応。

 

やはりヘルニアが原因のようです。

 

 

腸腰筋のリンパ反射点ではストレス反応がありました。

 

腸腰筋のリンパ反射点にアプローチしながら「腰の痛みはヘルニアが原因ですか?」と問いかけるとYesの反応が反転してNoになりました。

 

腰を反らす運動を数回行って「腰の痛みはヘルニアが原因ですか?」と問いかけてNoの反応に反転したので、腰を反らす運動はヘルニアの改善につながるようです。

 

腸腰筋がヘルニアに影響しているようです。

 

腰方形筋では反応なし。

 

「腰の痛みの原因は筋肉にありますか?」と問いかけてNoの反応。

 

「神経にありますか」でNoの反応。

 

「関節にありますか」でNoの反応。

 

 

「血管にありますか」でYesの反応。

 

オキシドールで反転反応があるので、虚血かうっ血によって活性酸素が発生することが影響しているようです。血管や組織の膨張が腸腰筋を刺激して過収縮させているか、直接ヘルニアに影響していると考えられます。

 

 

これらのキネシオロジー検査の反応を総合して考えると、

菌もしくは菌の毒素が腸腰筋周りの血管を刺激するか、もしくは腸腰筋と関連のある腎臓にストレスがかかって腸腰筋を収縮させることによって椎間板が圧迫されて炎症状態となり、腰痛に発展していることが考えられました。

 

とりあえずは鼻炎と痰が収まるまでは腰反らしの運動と腸腰筋の筋膜ストレッチを行って椎間板の圧迫を軽減させることが必要のようです。

 

以前、骨盤や腰椎を調整したりしても改善しなかったわけがわかりました。

 

血流の低下が腰痛の引き金になっているからでした。

 

腰反らしの運動や腸腰筋のストレッチは血流の改善につながるようです。

 

根本的な改善には鼻やのどの菌をどうにかしないとダメなような気がします。

 

耳鼻科に行った方がいいと思うのですが、慢性鼻炎の治療は長期の継続治療が必要なことが多いことや、鼻腔の形状によっては手術が必要だということもあるらしいので行きたくないんです。

 

どうすればいいのでしょうか?

 

 

その17へ続く

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヘルニア腰痛奮闘記その15腰痛の再発

2017/06/02

腰痛の痛みがほとんどなくなって2か月ぐらいたちました。

 

ところが突然にまた同じ痛みが再発しました。

 

5月22日のことです。

 

何をしたというわけでもないのに朝起きたら腰の張り感が強く少し痛みがあります。

 

日中からだんだんと痛みが強くなって、夕方には前と同じような痛みになりました。

 

くるぶしのあたりの足の痛みが出る坐骨神経痛も再発です。

 

ただ、以前のように歩けなくなるほどの痛みではありません。

 

我慢すれば歩いていられる。

 

そして腰を曲げて歩けば大丈夫という感じです。

 

もしかして、これが原因ではと思うこととしては5月15日ぐらいから鼻炎の悪化と痰が出て咳が止まらなくなったということがあります。

 

思い返してみると、最初の腰痛も痰が絡んでいた後から発症した記憶があります。

 

最初の腰痛の時はイソジンで鼻うがいをした後に痰と咳が出るようになりました。

 

今回はナイスタチンを鼻から吸引したら痰と咳が出るようになりました。

 

そして今回はちょうどそのころ鉄剤とビタミンCの水溶液を大量に飲んでいて下痢とおならが止まらないという現象もありました。

 

咳をし続けていることで腸腰筋や腰方形筋にストレスがかかっているのか、もしくは菌や菌の毒素が何か影響を及ぼしているのではないかと思います。

 

4月からキネシオロジー検査を自分自身にも行えるようになりましたので検査してみることにしました。

 

腰痛の原因を確認してみるとやはりヘルニアのようでした。

 

その他にも原因が複数あって原因は複雑なようでした。

 

その16に続く

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヘルニア腰痛奮闘記その14間欠性跛行がなくなる

2017/06/02

腰痛になってから2か月半ぐらい過ぎました。

 

4月になりました。

 

ようやく間欠性跛行の痛みがなくなってきました。

 

坐骨神経痛の痛みはまだありますが、坐骨神経痛の痛みは我慢できるので何とかなります。

 

お尻から太ももの裏あたりにかけてビリビリする痛みとアキレス腱の脇の外くるぶしの上側が痛みます。

 

間欠性跛行がなくなったのは腸腰筋にあったようです。

 

根本的な原因はわかりませんが、座っている姿勢などで腸腰筋にストレスがかかっているようです。

 

歩くとさらに負担がかかるため過剰に収縮して椎間板を圧迫するために間欠性跛行の痛みがでていたのではないかと推測しました。

 

なぜ、腸腰筋が過収縮しやすい状態になっているのかはわかりませんが、その原因がある間はこまめに腸腰筋のストレッチやリンパマッサージが必要だと思い続けていると痛みはほとんどなくなりました。

 

だいたい1週間ぐらいつづけていたら歩いている時の痛みはなくなりました。

 

坐骨神経痛の痛みも軽減していきました。

 

その15に続く

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ヘルニア腰痛奮闘記その13回復の兆し

2017/06/02

3月の半ばになり、腰痛になってから2か月が過ぎました。

 

腰を丸めて歩くこと、腸腰筋と腰方形筋のストレッチなどを続けているとだんだんと腰の痛みが軽減してきました。

 

歩くときの腰の痛みの程度が軽減してきたのです。

 

しかし、坐骨神経痛は変わらずあります。でも、坐骨神経痛の痛みは我慢することができる痛みなので何とかなります。

 

しかし、朝、午前中は腰の痛みが比較的楽で、夕方から夜にかけて悪化するというのはどういうことなんでしょう?

 

やはり、姿勢などのストレス負荷で腸腰筋の障害がひどくなると反射性収縮が強くなって間欠性跛行につながるような気がします。

 

腸腰筋や腰方形筋がストレスによって反射性収縮を引き起こす原因をどうにかしないと根本解決にはならないのですが、原因がわかるまではとりあえず腸腰筋と腰方形筋の筋膜ストレッチを続けるしかないようです。

 

でも、回復の兆しが見えてきて良かったです。

 

その14に続く

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。