気になった事気づいたこと感じた事

筋肉痛の原因は乳酸の蓄積もしくはナトリウムの蓄積その2

2018/11/10

前回、投稿した後によくよく考えてみたら、私にはキネシオロジー検査という武器があることに気が付きました。

 

筋肉痛部位をイメージしてストレス反応があれば組織の障害。

抗炎症薬でストレス反応が反転すれば炎症が起きている。

 

ストレス反応が無ければ筋肉をストレッチ、収縮をそれぞれ行って、両方ともストレス反応がでれば筋膜障害。

ナトリウムで反転反応がでれば、ナトリウムの蓄積による筋膜の変性。

乳酸で反転反応がでれば、乳酸の蓄積による筋膜の変性。

 

血流をチェックしてうっ血か虚血かどうかを確認すれば、自分の筋肉の特性がわかるのではないかと思いました。

チェックできるチャンスがあればやってみたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

筋肉痛の原因は乳酸の蓄積もしくはナトリウムの蓄積

2018/11/10

以前、筋肉痛の原因は乳酸の蓄積だと言われていました。

しかし、最近の新常識では乳酸の蓄積は筋肉痛の原因では無いとなっています。

 

本当のところはどうなんでしょうね。

 

最近の私の出来事で、口の中に梅干しをずっと入れておいたことがありました。

すると、口の中の粘膜が白く変性して、まるで牛乳を温めた時にできる膜のようなものが出来ました。

 

これは梅干しのクエン酸、もしくは塩分によるものだと思われます。

酸、もしくは塩分で膜組織が変性してしまうようです。

 

これと同じ状態が激しい運動の後に起きていると私は考えます。

つまり、激しい運動をすることによって乳酸が蓄積する、もしくは脱水縮合によってナトリウムが蓄積する。

そのことによって筋膜が変性してしまうのではないでしょうか?

 

筋肉痛になった筋肉を押して痛みがあるのであれば炎症が起きている。

これは激しい運動によって筋組織が損傷したか、もしくは虚血-再灌流による炎症だと思われます。

 

押しても痛みが無いのだけど、筋肉を動かすと痛みが出るという場合は筋膜が変性していて、脳が痛みを感じているというような状態ではないかと思われます。

筋膜の障害の場合は筋膜リリースを行うことが効果的。

 

また、乳酸がたまる原因はミトコンドリアの活性が低いから。

ミトコンドリアの活性には、ちょっとしんどいと感じる動きを120秒以上続けることを繰り返す。

 

ナトリウムの蓄積の場合はどうすればいいのだろう。

 

ちょっと激しい運動をしてみて反応を見てみようと思います。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

車の事故、アクセルとブレーキの踏み間違えの原因

2018/10/26

最近、アクセルとブレーキの踏み間違えによる車の事故の報道を多く見かけます。

 

72歳になる母親の車の運転を助手席で観察していて、アクセルの踏み方が悪いのでそのような事故が起こるのではないのかと思うことがありました。

 

私が気づいたのは一因です。ただ、それは大きな一因だと思っています。

 

なぜ、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまうのか?

 

それは、右足が宙に浮いている状態を作る癖があるからではないでしょうか?

 

足が宙に浮いている状態ではアクセルとブレーキの位置を把握するのが困難です。とっさの時に踏み間違えてもおかしくありません。

 

踵が床についていれば踵を支点にしてアクセルは右、ブレーキは左ですぐにわかります。

ただ、認知機能の低下で右と左の判断が低下している人はダメかもしれません。

 

踵が宙に浮いているとお尻もしくは股関節が支点となってアクセルとブレーキを判断するようになります。

 

踵が床についている場合は腓腹筋、ヒラメ筋や後脛骨筋を使ってアクセルやブレーキを踏みます。

踵が宙に浮いている場合はハムストリングを使って踏みます。

 

前者の筋肉に比べて後者のハムストリングは神経支配比が疎であるため、強い力を出すことは得意ですが技巧的な動作をすることは不得意です。

 

なので、咄嗟にブレーキを踏もうとしたときに、思いっきりアクセルを踏んでしまうということが起きてしまうのではないでしょうか?

 

私は踵を床につけて運転していますが、自動車教習所でアクセルの踏み方、ブレーキの踏み方を教わったことはありません。

 

アクセルとブレーキの踏み間違えの事故を防ぐために、運転中の踵の位置をちょっと意識してみてはいかかでしょうか。

 

足首の関節やふくらはぎの筋肉が固くなっていると足首を使わずに太ももで操作するようになってしまうかもしれません。

 

足首やふくらはぎの筋肉の調整にはカイロプラクティックが効果的です。

 

定期的にカイロプラクティックで足のメンテナンスを行うことは、アクセルとブレーキの踏み間違えによる自動車事故の予防につながるかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

肩こり腰痛から認知症などにロングブレスが効果的かもしれません

2018/10/06

認知症の人は足元などが遠くにあるかのように見えるため、足がすくんで動けないということがおこることがあるようです。

なぜ、そのようなことが起きてしまうのか?

これは、望遠鏡を逆にしたときと同じ現象が視覚器で起きているのではないかと私は考えます。

 

望遠鏡は対物レンズが凸レンズ、接眼レンズが凹レンズとなっています。

人では対物レンズの役割りが水晶体、接眼レンズの役割りが網膜になるのではないかと思います。

一般的に目の構造が望遠鏡のように逆になるとは考えられません。

ただ、様々な要素が重なることでそれに近い状態になることができると考えられます。

 

交感神経の持続的な緊張によって眼筋が収縮し眼軸が伸張すると考えます。

これによって望遠鏡の構造となります。

更に交感神経の持続的な緊張と加齢によって水晶体が薄くなってしまいます。

凹レンズにはならなくても凸レンズの状態にならなくなっていきます。

網膜が凸になる可能性として、網膜部でのマイコプラズマ増殖による卵焼き状コロニーか、もしくは網膜下でのむくみや新生血管によっての網膜の膨隆があると推測します。

これによって望遠鏡を逆にした状態が作られます。

 

これらの状態を改善する可能性があるのがロングブレスです。

ロングブレスを行うことでうっ血が改善されます。

新生血管は血液が不足した組織で発生する血管ですが、これがうっ血によって作られるのではないかと私は考えます。

虚血は動脈性、うっ血は静脈性です。

うっ血の状態で血液が戻っていかないので、血液を送る血管が作られるのではないでしょうか。

 

肩の痛みや腰痛の一因にモヤモヤ血管があるという研究がされています。

 

うっ血を改善するロングブレスを行えば、肩の痛みの改善や腰痛の改善、さらには認知症の予防改善までできるのではないかと思います。

 

ロングブレスダイエットが4,5年前にはやりました。

ロングブレスの良さは、なんといっても費用がかからないことです。

そして、やろうと思えばいつでもどこでもできます。

 

丸山カイロプラクティクで症状の原因の検査を行うと、うっ血が原因であるという反応がでることが多く、そしてロングブレスを行うと改善する反応がでます。

腹式呼吸でもうっ血が改善されることがあるのですが、下部頚椎のストレス等によって横隔膜の働きが悪くなっていると、腹式呼吸をいくら行ってもうっ血が改善されません。

ところが、ロングブレスを行うと強制的に横隔膜をうごかすことができるため、うっ血が改善されるのです。

 

丸山カイロプラクティクでは多くの方にロングブレスを行うことを勧めています。

 

ただ、続かないですね。

私自身もロングブレスの大切さをわかっているのですが、なぜか続かない。

ロングブレスをやろうとする気力がおこらないんです。

なんでなんでしょう。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

グレーゾーンの発達障害の改善と英会話の上達方法は同じ

2018/06/03

発達障害は発達が障害されているという状態です。

ほとんどの場合、発達を障害する要因はストレスです。

ストレスは安全でない環境の中で受ける精神的なストレス、細菌、ウィルスによるストレス、毒素、酸欠、栄養不足、肉体的ストレス、拘束ストレスなど様々です。

逆に発達を促進する要因もストレスです。

それも安全な環境の中で与えられるストレスです。

 

安全な中で与えられたストレスは栄養となって学習されていきます。

 

世界一受けたい授業でやっていましたが、誰でも英語ができるようになるようです。

その方法は楽しんで2200時間以上学習することらしいです。

 

楽しんでやる学習は安全な環境の中での学習だと思います。

 

発達障害の改善にはほめて育てることだと思います。

褒められるということは精神的な安全な環境を作り出します。

 

ただ、脳や体に害が与えられる環境は改善しなくてはなりません。

口呼吸で酸欠になっている、慢性副鼻腔炎で炎症性ストレスがあったり、細菌毒素のストレス、栄養不足などのストレスは改善しなくてはなりません。

朝食を食べないでいることの低血糖。

甘いものを食べ過ぎることでの食後低血糖。

浅い呼吸での脳の酸欠。

姿勢が悪いことでの関節ストレス。

など。

 

赤ちゃんが発達障害にならないための予防対策として私がお勧めするのは「おんぶ」です。

愛情、安全の感覚にはオキシトシンというホルモンが関係しています。

オキシトシンは皮膚接触などの接触で分泌されます。

英語の学習と同じで考えると、2200時間の接触があればオキシトシンは十分に分泌されるようになると思われます。

長時間の接触していることが可能なのがおんぶです。

一日毎日3時間おんぶしていて2年間です。

一日毎日5時間おんぶして1年3か月です。

最近はおんぶの習慣が少ないですからね。

ベビーカーって楽ですもんね。

 

私も中学、高校の時に毎日2時間づつぐらい楽しく英語を勉強していれば、今頃は英語をペラペラしゃべれていたかも。

楽して学生生活を送っていたのがダメだったんですね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

紙を斜めにして文字を書く原因

2018/05/31

時々、紙を斜めにして文字を書く人を見かけます。

当院では初診時に問診票を書いてもらっているのですが、20~30人に一人ぐらいで紙を斜めにして文字を書いている人がいます。

 

どうして紙を斜めにして書いてしまうのでしょう?

また、紙を斜めにして書いていることで何か良くないことはあるのでしょうか?

いろいろ考えてみました。

 

紙を斜めにして書く人のほとんどは本などを読むときはまっすぐで読んでいます。

書くときだけ斜めです。

書くときは斜めの文字を頭でまっすぐに修正して理解し、その文字を斜めに変換して出力して書くための運動神経を働かせます。

まっすぐであれば、そのまま脳に入力してそのまま出力すればいいのですが斜めに書く人は変換する分、脳にストレスがかかります。

そのストレスが脳にとって良いことなのか悪いことなのかはわかりません。

脳トレで新聞や本をさかさまにして読むという人もいます。

斜めに書くことで脳トレになっているかもしれません。

ただ、精神的なストレスがあったり、脳の酸欠、栄養不足、血流不足などがあると脳の過剰なトレーニングになって単なるストレスにしかなりません。

将来的に自律神経失調や認知症のリスクになる可能性があるので注意が必要です。

 

さて、どうして紙を斜めにして書いてしまうのでしょうか?

紙を斜めにして書く人は2パターンに分かれます。

姿勢の良い人と姿勢の悪い人。

姿勢の悪い人は体が斜めになっているのでそれに合わせて紙も斜めになってしまいます。

考えられる原因は骨盤のゆがみ、背骨の歪み、背骨を支える筋肉が弱いこと交感神経の過剰などがあります。

一番多いのは筋肉が弱いことだと思われます。

背骨を支える筋肉が弱いことで腕を机について体を支えるということをしてしまいます。

ペンを持つ方の腕に体重をかける姿勢をすると体がねじれてしまうため、それに合わせて紙が斜めになります。

この癖が続くと骨盤や背骨のゆがみを引き起こしてしまい、その歪みが体をねじるようにしてしまうという悪循環となります。良い姿勢にしようとするとゆがみのせいで良い姿勢がストレスとなるためなかなか治りません。

 

姿勢が良い人の場合は目に問題があると思われます。

斜位があると正常な位置に焦点を合わせることが困難なため、紙を斜めにして焦点を合わせるようにしている可能性があります。

眼球運動を行ってのキネシオロジー検査でストレス反応がでればこのパターンです。

ストレス反応が無ければ、効き目の問題だと思われます。

きゅうりのスライステストで陽性であればこのタイプだと思います。

目には手足と同様に使いやすい方(効き目)があります。

効き目か、効き目の反対側の目の機能低下が原因です。

右手でペンを持つ人で、効き目が右目で左目の機能が低下していると自分の右手で文字が見えなくなってしまうため、それを補うために紙を斜めにします。

縦書きよりも横書きの方がその傾向になりやすくなります。

左目が効き目であれば手で隠れないのでまっすぐでもストレスになりません。

また、左目が機能低下をしていなければ隠れないのでまっすぐでもストレスになりません。

目の機能低下は脳への血流が低下していること原因であることもあります。

頚椎のゆがみで椎骨動脈が閉塞されることで目の機能が低下する可能性があります。

時々、頸椎の調整を行ったほうがいいかもしれません。

 

自分の目がどちらが効き目なのかを調べる簡易的な検査

①部屋にある時計とかカレンダーをみます。

②手の指で輪っかを作って顔の前20センチぐらいのところにして輪っかの中心にみているものが来るようにします。

③右目をつぶります。

④左目をつぶります。

 

右目をつぶった時に輪っかの中に見えていれば左目が効き目です。

左目をつぶった時に見えていれば右目が効き目です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。