気になった事気づいたこと感じた事

慢性炎症が不妊の原因になっている

2017/08/30

不妊治療を行っていてもなかなか妊娠できない理由の一つに慢性炎症があるようです。

ある患者さんでキネシオロジー検査で不妊の原因を確認したところ炎症で反応がでました。

慢性炎症があると不妊につながることがあるようです。

 

不妊で炎症というと子宮の炎症だと思われがちですが、その方の場合は子宮での炎症反応はありませんでした。

子宮以外での炎症で不妊につながることがあるようです。

脳で反応が出ていたので、下垂体から分泌される妊娠に必要なホルモンの分泌を促すための放出ホルモンの分泌低下が原因ではないかと考えられました。

 

慢性炎症が不妊の原因になっていることを確認するキネシオロジー検査

「不妊の原因がわかりますか?」と問いかけるとキネシオロジー検査でYesの反応がでます。

抗炎症薬であるロキソニンを手に持ってYesの反応が反転してNoになれば不妊の原因に炎症があると確認できます。

子宮のところを触って反応が反転すれば子宮の炎症があります。

子宮で反応がでなければ、頭に手を当てて再度問いかけます。

Noの反応がでれば下垂体からのホルモン放出ホルモンの分泌が影響しているのではないかと思われます。

そしてロキソニンで反応が反転すれば炎症によって下垂体の機能にエラーが起きている可能性があります。

炎症起きている場所を探し出して、改善することが不妊の改善につながります。

 

この患者さんの場合は肺と喉、食道、小腸で炎症反応がありました。

 

肺の炎症の改善には口すぼめ呼吸での改善反応がありました。

肺の慢性炎症状態であるCOPDは3週間口すぼめ呼吸を行うと改善効果があるようです。

小腸の炎症では腹式呼吸での改善反応がありました。

ただ、この患者さんは横隔膜の動きが悪いため呼吸による内臓への刺激が少ないようで横隔膜の動きを正常にする必要があります。

横隔膜のリンパマッサージを行ってから口すぼめ呼吸を行ったり、腹式呼吸を行うと慢性炎症状態は改善されると思われます。

 

不妊の原因はいろいろありますが、キネシオロジー検査で一つ一つ確認していくと不妊の原因がわかって不妊の改善につながると感じました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

筋肉痛の原因ってなんだ?乳酸の蓄積?

2017/08/07

筋肉痛の原因って何なんでしょうね。

私は乳酸の蓄積だと思っていました。

しかし、最近では乳酸は筋肉痛の原因ではないといういのが常識になっているようです。

 

そもそも「筋肉痛の原因」の原因って何をさしているのでしょうね。

筋肉痛の原因は組織の炎症です。

炎症による発痛物質の影響で痛みが出ます。

 

では炎症を引き起こす原因って何なんでしょう?

反復性の筋収縮によって筋組織に微小断裂がおこって炎症が起きることがあります。

虚血によっても炎症がおこります。

組織が酸化すると炎症がおこります。

乳酸の蓄積によっても炎症がおこります。

 

乳酸の蓄積は筋肉痛の原因の一つでもあるのです。

『人体の酸化の1番の原因は、乳酸の蓄積です。

乳酸は具体的な数値を伴って、細胞や血液を酸化させます。

乳酸が細胞をpH5~6に酸化させ、血液をpH7.3以下に酸化させます。

ミトコンドリアはpH7.35以上の弱アルカリ性でないと活動できないので、乳酸の蓄積によってATP不足と細胞の障害という致命的な不具合を招きます。

 

ブドウ糖=乳酸×2です。

乳酸はブドウ糖を2つに割っただけの、単純な糖です。

余った糖(乳酸)は、毒性を持ちます。

毒性を発揮した糖は、タンパク質を劣化させ、AGEs(アクリルアミドなど)を作ります。

乳酸の蓄積による劣化が、老化や病気の原因です。

 

ガン細胞が分泌する乳酸が、慢性炎症の根本原因です。

ミトコンドリア機能不全のガン細胞は、必ず乳酸が蓄積し、大量の乳酸を分泌します。

蓄積した乳酸は、炎症性サイトカインであるIL-6・IL-23・IL-17などを増強し、慢性的な炎症を起こし続けます。

慢性炎症はガン・慢性病の原因であり、細胞を焼き続けて破壊します。』

http://16296315.at.webry.info/201408/article_9.html

より引用しました。

 

ただ、筋肉痛の原因は乳酸の蓄積だけじゃないですからね。

使われていない筋肉を酷使すれば筋組織の損傷が起きて炎症が起きて筋肉痛になりますからね。

筋損傷を起こしやすい筋肉の動きとしては遠心性収縮運動が障害されやすいです。

腹直筋は分割されているので、一つの筋肉が収縮するとその隣の筋肉は遠心性収縮運動となりやすいのです。

腹筋をうまく使えていない人はすぐに筋肉痛になってしまいます。

他の筋肉に比べて腹筋が筋肉痛になりやすいのはこのためです。

 

筋肉痛の原因が乳酸の蓄積であっても、乳酸が関係ないとしても、筋肉痛になっちゃう人はなっちゃうんでしょうがないですね。

トレーニングでは最初は無理せず、筋肉をしっかり使えるようになってから本格的にトレーニングをするようにするとつらい筋肉痛は回避できると思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投薬治療の必要のない橋本病、腎臓機能低下と甲状腺機能低下の関係性

2017/08/05

膝の痛みの改善のために来院された患者さんです。

膝の痛みの原因は筋膜障害が原因でむくみが筋膜障害を作りやすくしているようでした。

投薬治療基準値以下の橋本病の診断を受けていて、体がむくみやすいようです。

膝の痛みをキネシオロジー検査で確認して、甲状腺へのアプローチで反応が反転したので膝も痛みは甲状腺機能低下が関係しているようでした。

 

その患者さんは病院で橋本病と診断されて、血液検査では投薬治療基準値以下らしく投薬治療はしていないそうです。

体がむくみやすく、水分を多くとると体がむくんでだるくなってしまいます。

いただいたスイカを多く食べてしまったら、翌日から体調が悪くなり1週間近く寝込んでしまいました。ある時、大量のおしっこが出て、スイッチが入ったように体が快調になったそうです。

アルコールを一口飲むと翌日からだるくなって2,3日動けなくなります。

アルコールの毒素を出そうとして水分を多くとっているとある時大量のおしっこが出てスイッチが入ったように快調になるそうです。

なぜスイカを食べると体調が悪くなってしまったのか?

キネシオロジー検査で確認してみました。

「スイカを食べると体に悪い影響がありますか?」

Noの反応。

 

「水分を多く摂取すると体に悪い栄養がありますか?」

Noの反応。

 

「冷たいものを食べると体に悪い影響がありますか?」

Yesの反応。

 

スイカを多く食べたことが不調の原因ではなく、冷たいものを多く食べたことが原因であったと思われます。

 

おしっこが大量にでて体調が改善する理由

排尿と関係しているのは腎臓です。

冷たいものを摂取すると血管が収縮して内臓の血流が悪くなります。

甲状腺の機能が低下していると代謝が低下しているため冷えた内臓を回復することがなかなかできません。そのため腎臓の機能が低下して水分代謝が低下して体がむくんでしまったと思われます。

ネットで調べてみると腎臓機能低下の人の多くに甲状腺機能低下があるようです。

この患者さんの膝の痛みの原因が内臓にあると反応がでて、胃、腎臓、膵臓、子宮に原因があると反応が出ました。

腎臓に機能低下があるのだと思われます。

 

甲状腺機能低下症とアルコールの関係

アルコールを一口のんだだけで、なぜ体調が悪くなるのでしょうか?

甲状腺機能低下症と関係しているのでしょうか?

それとも排尿と関係して腎臓と関連があるのでしょうか?

血流の悪い人がアルコールを飲むとうっ血を起こしやすくなるようです。

たった一口のアルコールで調子が悪くなるということは、最初に吸収されやすい部位である胃のうっ血がおこっているのではないかと思われます。

胃、腎臓、膵臓、子宮のストレス反応は腹式呼吸で反転反応がありました。

やはり、うっ血なのではないかと思われます。

甲状腺機能低下症とうっ血の関連性についての記事が載っているサイトには見つけることができませんでした。ただ、甲状腺機能が低下しているとむくみが出やすくなるので、うっ血の状態になりやすいと思います。

また、甲状腺機能低下症の人がアルコールを摂取すると良くないというような記事も見つけることができませんでした。

血流の悪い状態でのアルコールが良くないみたいです。

 

橋本病ではうっ血になりやすく、腎機能が低下してしまうリスクが上がるので注意が必要だと思われます。

内臓のうっ血が生じない様に積極的な腹式呼吸が必要だと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

胸焼けの条件反射反応

2017/08/04

先ほど軽い胸焼けを起こしたのでその時の反応を条件反射反応としてまとめます。

 

腹圧を高めるためにさらしを巻いていました。

ちょっと強く巻きすぎたようで、胃を強く圧迫して胃液が上がってくる感覚とともに胸焼けがおこりました。

この時、奥歯のあたりから唾液が一気に吹き出てきました。

胃液の食道への逆流現象というのは睡眠時など常に起きています。

それを唾液によって食道に炎症が起きない様にしているのです。

 

胸焼けを感じた時に唾液の分泌量が増えたと感じたならば、その胸焼けは胃液の逆流です。

 

胃酸過多の方などは胃液の分泌を抑えるお薬を飲むことが効果的です。

 

胸焼けを起こした時に唾液の分泌の増加を感じられない場合は、胃液の逆流が原因ではありません。

胃酸を抑える薬を飲んでも効果がありません。

むしろ逆効果である場合もあります。

 

胃酸の逆流以外の胸焼けの原因

①胆汁の胃への逆流

胃の出口の弁の開閉の機能が低下していたり、胆汁の分泌量が多い場合などで胃に胆汁が逆流すると胸焼け感を生じます。

胆汁は脂肪を吸収するための作用があります。

高脂肪食などを続けていると胸焼けを起こす場合があります。

胃液には脂肪を分解する酵素のリパーゼがあります。

胃酸分泌を抑制する胃薬は消化酵素の分泌も抑制してしまうことがあります。

消化酵素の働きを助ける胃腸薬を飲むとで症状が緩和します。

食物繊維の多い食事を心がけると症状の改善が期待できます。

 

②食道での菌や菌毒素

鼻や口や喉にいる菌が増殖して菌や菌の毒素が食道に刺激を与えると胸焼けを感じます。

酸っぱいものなど酸の刺激によって菌が分泌物を出すことが原因になることがあります。

また、食べ物を栄養として菌が増殖して毒素を分泌する場合もあります。

免疫力が低下していると菌が増殖して毒素を分泌します。

また、免疫力が過剰に働いていると(アレルギー反応)菌が分泌物を出します。

弱毒性の日和見菌が原因であることが多く、改善が難しいです。

口呼吸から鼻呼吸に改善することで症状が改善することがあります。

胸焼けの改善のために

どのタイプの胸焼けであるかを確認することが改善の近道です。

お肉や脂肪の多い食べ物は胸焼けの原因にとって良くないことが多いような感じがします。

おなかがすいて食べるという方は問題が無いのですが、あまりおなかがすいていないのに時間だから食べるという方は消化に負担がかかっているため症状が良くなりにくい傾向にあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

桑の葉を食べてみましたその4

2017/07/27

桑の葉を食べて1か月以上経ちました。

体調の変化として痰が減りました。

カンジダが減ったのではないかと思いますが、まだ出てきます。

糖質制限作用で劇的な良い効果が出るかと思ったのですが、あまり変化はありません。

まあ、桑の葉がある9月ごろまでは続けてみようと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

胸焼けと逆流性食道炎の違いの反応

2017/07/10

手の痺れで来院されている患者さんです。

手のしびれの原因が食道や胃に関係しているという反応が出ていました。

その患者さんは胸焼けをすることが多いらしく、病院で逆流性食道炎の治療を行っていました。

薬を飲んでも胸焼けをすることが多いので、薬をチェックしてほしいといわれたのでチェックしてみました。

持参したお薬はラベプラゾールとキネシウムとモザプリドです。

胸焼けにはモザプリドが反応してキネシウムとラベプラゾールは反応しませんでした。

逆流性食道炎はキネシウムとラベプラゾールが反応してモザプリドが反応しませんでした。

ラベプラゾールは胃や十二指腸に存在するセロトニン5-HT4受容体を刺激して、アセチルコリンの遊離を増大させ、アセチルコリンの作用により消化管運動促進作用および胃排出促進作用をするお薬です。

モザプリドとキネシウムは胃酸分泌を抑制するお薬です。

逆流性食道炎には胃酸分泌を抑制するモザプリドとキネシウムは良い働きをしているようです。

胸焼けは逆流性食道炎とは関連していなくて、消化管運動の促進と胃排出促進作用のラベプラゾールが良い働きをするようです。

 

胸焼けの反応は胃でのアプローチでは反応せずに、胆嚢でのアプローチで反応しました。

この患者さんの原因は胆汁酸によるものであると思われます。

逆流性食道炎は胃酸過多があるようです。

 

患者さんは逆流性食道炎で胸焼けをしていると思い込んでいましたが、胸焼けの原因は胆汁酸にあったようです。

 

この患者さんはお薬を飲まないことが多いようです。

お薬は良い反応を示しているので、きちんとお薬を飲むようにアドバイスしました。

また、腹式呼吸を行うことで反転反応がありましたので、腹式呼吸を意識的に行うようにアドバイスしました。

腹式呼吸を行うことで消化管運動の促進作用があるのだと思われます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。