筋膜リリース

肩こりと筋膜障害と姿勢の関係

2018/10/06

肩こりで悩む人は姿勢が悪い傾向にあります。

姿勢が悪い人は肩や首の筋肉の筋膜が障害されていることが多いです。

そして筋膜が障害されていると悪い姿勢をとり続けてしまうようです。

 

軽度の筋膜障害では筋膜がたるんだ状態になっています。

このたるんだ状態を脳がストレスとして感じます。

ただ、多くの場合、そのストレスは脳の緩衝作用で感じない様になっています。

仕事や作業などで何かに集中している時や精神的もしくは肉体的ストレスが強い時は筋膜障害のストレスの緩衝作用が働きにくくなっています。

 

そこで、筋膜障害のストレスが発生しない様な姿勢をとってしまうと考えられます。

筋肉が伸びていて、なおかつ筋肉に力が入った状態になっていると、筋肉の状態と筋膜は一致していきます。

そのような姿勢は一般的に良くないと言われている姿勢となります。

 

筋膜のストレスを感じない様に、筋肉にストレスがかかる姿勢を無意識にとってしまうのです。

 

筋肉の緊張から、そのうち血流が悪くなり、うっ血によってむくみが生じだるさを感じるようになります。これが肩こりの感覚です。

また、虚血の状態になると炎症が起きたり、カルシウムの蓄積によって痛みが生じます。

うっ血の後に炎症が起きると伸びた筋膜が変性してさらに症状が悪化してしまいます。

 

一度変性してしまった筋膜はマッサージを行っても元に戻りません。

 

筋膜を意識したストレッチや筋膜リリースを行うことで解消できます。

 

肩こりの原因が筋膜にあるかどうかはキネシオロジー検査を行うとわかります。

キネシオロジー検査では筋膜が障害されていると、筋肉をストレッチしても収縮させてもストレス反応がでます。

 

原因がわかれば対処法がわかります。

筋膜に対して適切にアプローチしていけば肩こりは改善していきます。

 

まあ、キネシオロジー検査で原因を調べなくても、ネットを検索すれば多数出てくる肩こりを改善する筋膜リリースのストレッチを2週間実践していれば効果を感じれると思います。

そして、効果を感じれないようであれば、筋膜が原因では無いということがわかります。

関節などに対してのアプローチが必要になると思われます。

 

肩こりでお悩みの方は一度筋膜リリースを実践してみることをお勧めします。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

繰り返す筋膜障害は経絡を調整してみる

2017/04/05

肩こりや腰痛で筋膜筋紡錘が障害されていることが多くあります。
キネシオロジー検査で筋膜や筋紡錘が障害されている反応が出ていて、それを調整するのだけれど、次回来院した時に障害が再発しています。
筋膜や腱紡錘を障害する要素が何かあるようなのです。
このような場合は内臓が関係していたりします。
内臓や筋肉に関連した経絡を調整すると障害が改善されやすい傾向にあります。

筋膜や筋紡錘障害と経絡の関連性の検査

筋紡錘や筋膜のキネシオロジー検査を行って反応が出た場合、経絡の調整ポイントに磁石を当てて再度筋紡錘や筋膜のキネシオロジー検査を行います。
反応が消えていた場合は経絡が筋膜や筋紡錘の障害に関連しているということがわかります。
絡穴などの反応が消えた調整ポイントを調整すると筋肉にアプローチしていないにも関わらず筋膜や筋紡錘の障害が改善されてしまっていることがよくあるのです。
なかなか改善しない腰痛や肩こりや膝の痛みなどは筋膜や筋紡錘が障害されている場合が多くあります。そして、その障害の原因に内臓や経絡が関係していることもあります。
なかなか改善しない症状でお悩みの方は一度、筋膜と内臓や経絡の関係をチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

リーキーガット症候群になるとなぜ体に力が入りづらくなるのか?

2017/02/02

体に力が入りづらい原因にリーキーガット症候群

リーキーガット症候群になると体に力がはいりずらくなることがあります。

腰痛や肩こりや膝の痛みの原因にリーキーガットが影響していることもあるのです。

体に力が入りづらくなる疾患に甲状腺機能低下があります。

病院で検査をして異常が見つからない場合はリーキーガットを疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

リーキーガットで体に力が入りずらくなる原因

水銀などの金属類の影響

リーキーガットによって腸から漏れ出した金属類が神経の働きを阻害してしまうためです。

特に水銀やヒ素、カドミウムなどは神経に悪い影響を与えます。

ビタミンやミネラルの不足

リーキーガットによってビタミンやミネラルの吸収障害や代謝障害がおきるとビタミンやミネラルの不足を生じてしまいます。

筋肉や神経の働きにはビタミンやミネラルが必要です。

ビタミンやミネラルの不足で体に力が入りずらくなります。

 

リーキーガットの検査

体に力が入りづらい疾患に甲状腺機能低下症などがあります。

また、胃腸に疾患がある場合もあります。

病院で検査を行って異常が見られない場合、リーキーガットを疑って検査を行います。

 

ます、複数の筋肉の筋力をキネシオロジー検査で確認します。

一般的に複数の筋力が弱化してしまうことはありません。

反応が出たら、腸に関係する反射ポイントに対してキネシオロジー検査を行います。

弱化反応が改善したならばリーキーガットが原因である可能性が高くなります。

リーキーガットではバクテリア、ビタミン、ミネラル、タンパク質など多くの物質にアレルギーがある場合が多いです。

アレルギーの検査をおこなって反応が出た場合、リーキーガットの可能性が高くなります。

 

リーキガット改善のアプローチ

腸粘膜のバリアシステムの改善のためにアレルギーの除去を行います。

腸に対するリンパマッサージを行い、腸周りのリンパ循環の改善を促します。

弱化した筋肉は筋膜障害を引き起こしている傾向にありますので、筋膜障害の反応があれば筋膜リリースを行って筋肉の状態を改善させていきます。

 

病院で異常が見られなくて、でも不調が続いている場合。

どこに行っても改善が見られない場合はリーキーガットが背景にあるかもしれません。

なかなか良くならない不調でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

キネシオロジー検査でリーキーガットの可能性を調べて、改善に向けたアプローチを行っていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

むくみが筋膜のたるみを作り出す原因になっています

2016/12/22

肩こりや腰痛を引き起こす筋膜が障害されやすい人の特徴

むくみやすい人は筋膜が障害されやすくなっています。

むくみが筋膜のたるみを作り出してしまうのです。

 

筋膜障害とは

筋膜障害は筋膜にたるみができてしまっていたり、癒着してしまっている状態です。

肩こり腰痛の原因となるたるんだ筋膜

筋膜の癒着やたるみがあると筋肉に力が入りずらい状態になったり、筋肉が緊張しやすい状態になってしまいます。

この状態が肩こりや腰痛の原因なんです。

 

むくみが筋膜障害を作ってしまう仕組み

筋肉の緊張状態が続くと、血流が滞ってうっ血しやすくなってしまいます。

うっ血があると組織から水分が漏れ出してむくみができてしまいます。

むくみができて筋肉と膜の間に水分がたまってしまうようになると膜が伸ばされてたるむようになってしまいます。

筋肉の緊張状態がなくなった時に筋膜がたるんでしまいます。

この時に、筋肉に炎症があると筋膜と筋肉の癒着ができてしまいやすくなります。

一度、癒着ができてしまうと、筋膜のたるみはずっと残ってしまうようになって、慢性腰痛や慢性的な肩こりの原因になります。

 

筋膜のたるみとむくみとの悪循環スパイラル

むくみがあると筋膜がたるむようになります。

筋膜にたるみがあると筋肉が緊張してしまうため、うっ血状態になりやすくなります。

うっ血の状態はむくみを作ります。

むくみが筋膜のたるみを作ります。

 

このように筋膜にたるみができてしまうと筋膜のたるみとむくみとの悪循環スパイラルに陥ってしまうのです。

そして常に腰痛がある慢性腰痛、力が入ると膝が痛くなったり、同じ姿勢をしていると肩こりがひどくなってしまうようになります。

 

むくみの原因

むくみの原因には

うっ血

カリウム不足

マグネシウム不足

糖代謝障害

高血圧

 

などがあります。

 

むくみの改善のために行うと良いこと

うっ血の改善のために軽い有酸素運動を行うとうっ血の改善に効果があります。

 

マグネシウムやカリウムの多い食事を心がけて、塩分を控えめにすることも大切です。

 

そのうえで、筋膜リリースを行って筋膜のたるみを解消すると、むくみは解消されていきます。

そして、肩こりや腰痛なども軽減していきます。

 

もし、これらのことを行って改善しない場合、アレルギーや関節機能障害などが背景にあるかもしれません。

関節機能障害があると関節センサーからの刺激で血管が収縮しやすくなってうっ血になりやすくなります。

マグネシウムやミネラルのアレルギーがあるとむくみやすくなります。

また、塩類にアレルギーがあると高血圧になってしまうこともありますし、糖にアレルギーがあれば糖代謝障害で糖尿病になってしまうこともあります。

 

東村山市の丸山カイロプラクティックでは関節機能障害の調整やアレルギーの治療を行っています。

なかなか改善しない腰痛や肩こりは筋膜の障害が原因かもしれません。

一度丸山カイロプラクティックにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

ご自分がむくみやすいと感じていて、肩こりや腰痛がある方は筋膜にたるみができてしまっているかもしれません。

そのような方は筋膜リリースを行うことで肩こりや腰痛が改善していく傾向にあります。

ぜひ、カイロプラクティックの施術を受けてみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

筋膜リリースの治療

2016/11/13

検査で筋膜障害が検出されたら筋膜リリースの治療を行います。

筋膜リリースの検査については「筋膜リリースの検査」に戻る

筋膜については「筋膜とは」に戻る

 

筋膜リリースとは筋膜が癒着してしまっている状態を開放することを言います。

 

筋膜の癒着状態が解放されると同時に癒着状態によって発生している痛みや凝り感からも解放されます。

筋膜リリース

リリースする際の力はごくわずかな力を用います。

マッサージと違って気持ちよさはあまりありませんが、筋膜がリリースされた後はすっきりした感じを感じます。

わずかな力を用いる理由は強い力では筋肉が反射性収縮を起こしてしまって筋膜がリリースされないからです。

 

1.筋膜とはへ戻る

2.筋膜の障害へ戻る

3.筋膜の検査へ戻る

4.筋膜が障害される原因へ戻る

 

東村山市の丸山カイロプラクティックのご案内

慢性的な肩こり腰痛の原因筋膜障害があります。

筋膜リリースを行うことで腰痛や肩こりが改善することはよくあることです。

どこに行っても良くならない症状は筋膜にアプローチされることが無いからなんです。

辛い肩こりや腰痛でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティクのアプローチを受けてみてください。

お問い合わせはこちらからお願いします

お電話での相談も受け付けています。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

筋膜が障害される原因

2016/11/13

筋膜は同じ姿勢を続けていたり、強い負荷で反復動作を繰り返していることで障害されます。

筋膜について詳しくは「筋膜とは」へ

人は姿勢を維持しているときは、左右前後に微妙に動きながら体勢を維持しています。

しかし、パソコンやスマートフォンをしている姿勢では完全に頭が前側に出ていて動かない状態で体勢を維持しています。

パソコン姿勢の筋膜障害スマホ姿勢で筋膜障害

 

 

 

これは筋膜にもたれかかった楽な姿勢なんです。

パソコン作業やスマートフォンに意識が集中すると、姿勢を維持することに神経を使わないようにするために筋膜にもたれかかるようにします。

良い姿勢の場合は頸椎に前弯があって、筋肉がコントロールしています。

正常な首ストレートネック

パソコン作業のような猫背の姿勢は頭が前に出て、ストレートネックとなり、筋膜で頭の重さを支えています。

ストレートネックについては「ストレートネックの作り方」へ

 

首の後ろ側の筋肉は常に引っ張られて緊張状態にあります。

血流が悪くなり、筋肉に炎症が起きる筋膜の癒着が生じます。

また、筋肉のストレス状態を続けていると筋紡錘や腱紡錘のセンサーが壊れてしまいます。

普通はセンサーが壊れる前に痛みがおこって首を動かすなどの改善動作をとるのですが、パソコンやスマートフォンに集中しているため痛みの危険信号に気が付かなくなってしまっているのです。

 

このような現象は好ましくない姿勢の維持の仕方でどこにでもおこります。

ポッコリおなかの反り腰腸腰筋の筋膜にもたれかかっています。

大腰筋と姿勢

肩が前に出た猫背の姿勢は背中の筋膜にもたれかかっています。

脊柱起立筋・菱形筋・僧帽筋の筋膜を主につかってもたれかかります;。

これは重い頭と両腕を支えるのに楽な姿勢です。

猫背の姿勢

片足に体重をかけた立ち方は大腿筋膜張筋の筋膜にもたれかかってします。

片足体重姿勢大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋は大腸を関係があるため、便秘や切れ痔であるとこの姿勢をとりたくなります。

 

 

このほかにも、様々な筋肉にもたれかかった姿勢をとることがあります。

 

筋肉にもたれかかった姿勢をしているとどうなるのか?

  • 筋肉は緊張状態が続いています。
  • すると血流が悪くなってきます。
  • 血流が悪くなると小さな炎症状態ができてしまいます。

普通は炎症状態ができると、痛みを感じるために体を動かして血流の改善するようにするのですが、筋肉に力を入れている状態なので、痛みの感覚を我慢できてしまいます。

そのため、血流の悪い状態を続けてしまいます。

炎症状態が続くとそこで筋膜の癒着やたるみが生じてしまいます。

 

こうして筋膜障害が出来上がるのです。

 

悪い姿勢の筋肉の状態で筋膜が癒着したり、たるんでしまっているため、悪い姿勢以外の姿勢を取ろうとすると筋膜のセンサーが邪魔をして不快感を感じるようになります。

良い姿勢に不快感を感じて、悪い姿勢が楽だと感じるようになってしまいます。

 

良い姿勢をとろうとして不快感を感じるようであれば筋膜障害が原因です。

筋膜の治療が必要です。

 

筋膜の治療のについては「筋膜リリースの治療」へ

筋膜障害の検査については「筋膜障害の検査」に戻る

 

東村山市の丸山カイロプラクティクのご案内

丸山カイロプラクティクでは筋膜に対するアプローチの施術を行っています。

腰痛肩こりなどの原因の筋膜は筋膜リリースで良くなります。

なかなか良くならない腰痛や肩こりでお悩みの方は一度丸山カイロプラクティクにご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。