筋膜障害

キネシオロジーから考える肩こりと筋膜障害の関係

2018/10/19

マッサージを受けても効果が一時的だったり、効果が無かったりする肩こりには筋膜の障害が関係していることが多くあります。

筋膜というのは筋肉組織を覆っている膜で、筋肉組織を体に例えると、筋膜は下着やシャツというものが当てはまります。

 

シワシワになってしまっているシャツをもみほぐしてもシワがなくならないのと同様に筋膜の歪みは治らないのです。

 

筋膜に障害が起きている場合、脳はどのようにストレスを感じるのかというと、筋肉をストレッチしても、収縮させてもストレスを感じます。

なので、そのストレス変化を感じない様に筋肉をストレッチした状態を維持し続けたり、収縮した状態を維持し続けるようになります。

 

肩こりを引き起こしやすいストレートネックなどは首の後ろの筋肉をストレッチし続けた状態によって首の関節が固まってしまった状態です。

 

筋膜のストレスを感じないような姿勢をしていると、筋肉に疲労物質や炎症性物質がたまって肩こりを感じるようになってしまいます。

 

そして、疲労物質や炎症性物質が蓄積してトリガーポイントが形成されて活性化すると頭痛を引き起こしたりするようにもなります。

 

筋膜を調整する必要があります。

 

筋膜が障害されているかどうかは、キネシオロジー検査を行うとわかります。

 

筋肉を収縮させたときの反応とストレッチをしたときの反応の両方でストレス反応がでれば、筋膜が障害されています。

 

筋膜の障害は適切なストレッチを行うことで自分でも改善することができます。

 

ヨガのエクササイズをおこなっているのに肩こりが改善しないという人は、ヨガのやり方が悪いか、もしくは筋膜の障害の原因がほかにあって、ストレッチの効果が全く無いということがよくあります。

 

うっ血のおこりやすい人は効果が無い場合が多いです。

 

マッサージやストレッチを行っているにも関わらず、肩こりが改善しないという人は筋膜の障害を疑ってみることをお勧めします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

肩こりと筋膜障害と姿勢の関係

2018/10/06

肩こりで悩む人は姿勢が悪い傾向にあります。

姿勢が悪い人は肩や首の筋肉の筋膜が障害されていることが多いです。

そして筋膜が障害されていると悪い姿勢をとり続けてしまうようです。

 

軽度の筋膜障害では筋膜がたるんだ状態になっています。

このたるんだ状態を脳がストレスとして感じます。

ただ、多くの場合、そのストレスは脳の緩衝作用で感じない様になっています。

仕事や作業などで何かに集中している時や精神的もしくは肉体的ストレスが強い時は筋膜障害のストレスの緩衝作用が働きにくくなっています。

 

そこで、筋膜障害のストレスが発生しない様な姿勢をとってしまうと考えられます。

筋肉が伸びていて、なおかつ筋肉に力が入った状態になっていると、筋肉の状態と筋膜は一致していきます。

そのような姿勢は一般的に良くないと言われている姿勢となります。

 

筋膜のストレスを感じない様に、筋肉にストレスがかかる姿勢を無意識にとってしまうのです。

 

筋肉の緊張から、そのうち血流が悪くなり、うっ血によってむくみが生じだるさを感じるようになります。これが肩こりの感覚です。

また、虚血の状態になると炎症が起きたり、カルシウムの蓄積によって痛みが生じます。

うっ血の後に炎症が起きると伸びた筋膜が変性してさらに症状が悪化してしまいます。

 

一度変性してしまった筋膜はマッサージを行っても元に戻りません。

 

筋膜を意識したストレッチや筋膜リリースを行うことで解消できます。

 

肩こりの原因が筋膜にあるかどうかはキネシオロジー検査を行うとわかります。

キネシオロジー検査では筋膜が障害されていると、筋肉をストレッチしても収縮させてもストレス反応がでます。

 

原因がわかれば対処法がわかります。

筋膜に対して適切にアプローチしていけば肩こりは改善していきます。

 

まあ、キネシオロジー検査で原因を調べなくても、ネットを検索すれば多数出てくる肩こりを改善する筋膜リリースのストレッチを2週間実践していれば効果を感じれると思います。

そして、効果を感じれないようであれば、筋膜が原因では無いということがわかります。

関節などに対してのアプローチが必要になると思われます。

 

肩こりでお悩みの方は一度筋膜リリースを実践してみることをお勧めします。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

姿勢が悪いから筋膜障害になる

2018/10/01

肩こりや腰痛の原因には筋膜障害が関わっていることが多くあります。

 

治療を行って、その時は良くなるのですが、またすぐに症状がぶり返してしまうというような方は筋膜障害が再発してしまう要因があります。

 

その再発要因は血流が悪いことにあります。

動脈による虚血性の血流の悪さよりも静脈によるうっ血性の血流の悪さがそれに当たります。

姿勢が悪いと筋肉にはストレスがかかり続けてうっ血が生じてしまいます。

そして、筋膜と筋肉の間にむくみが生じて筋膜が伸張されてしまうのです。

むくみの解消が滞ってしまうと炎症が生じて筋膜がたるんだ状態になってしまいます。

 

一度筋膜が変性してしまうとマッサージをしてもたるみは治りません。

筋膜に対してのアプローチが必要になってきます。

 

肩こりや腰痛などに筋膜が関与しているかどうかは筋肉を動かしたことでのキネシオロジー検査で確認します。

筋膜障害を起こしている場合は筋肉を収縮させても、ストレッチをしてもストレス反応がでます。

 

うっ血が関与してるかどうかは抗ヒスタミン薬を用いたキネシオロジー検査で確認します。

 

うっ血が関与している方はうっ血に対してアプローチを行わないと比較的すぐに症状がぶり返してしまいます。

 

また、筋膜障害が起きている場合は良い姿勢というのがストレスになっています。

悪い姿勢の方が筋膜が安定しているのです。

 

良い姿勢を行う前に筋膜を調整したり、うっ血を改善しないと良い姿勢が長続きしません。

 

うっ血にはロングブレスが効果的です。

 

日常的にロングブレスを行うことを丸山カイロプラクティクでは勧めています。

 

面倒くさがらずに行うようにしてみるといいですよ。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

蜂窩織炎性の筋膜障害

2017/12/09

首や肩の凝り感が強く、押すとかなり痛い。

首を動かすと痛みが出る。

肩こりがひどくなると頭痛がしたり、吐き気がすることがある。

 

腰からお尻にかけて痛みがあり、押すと痛みが強い。

痛みが足まで放散したり、足に痺れが出ることもある。

 

強いマッサージを受けると揉み返しが強く、翌日つらい。

整体や整骨院で治療しても楽になったような気がするけど治らない。

このような場合はもしかすると細菌感染性の筋膜障害かもしれません。

 

筋膜障害の症状

筋膜は筋肉の保護の役割りのほかに筋肉の状態を脳に伝えるセンサーの役割りをしています。

筋膜障害ではこのセンサーが狂った状態になっています。

筋膜障害では筋肉の収縮とストレッチの両方でストレス反応がでます。

筋肉を積極的に動かすとストレスとなるため、あまり筋肉の活動を起こさなくなります。

筋膜のたるみの状態があると、脳は筋肉に力が入っていないということを認識してしまい、筋肉に力が入るように指令を出してしまいます。

そのため、いつも力が入っている、力が抜けないという状態になりやすくなります。

 

蜂窩織炎性の筋膜障害のキネシオロジー検査

症状がある場所をイメージしてキネシオロジー検査の反応をみます。

ストレス反応があればその部分に障害が起きています。

抗炎症薬で反転反応があれば炎症が起きているということがわかります。

細菌、カビ、イースト、ウィルスの波動キットを手に持って反応が反転したならば、それらが関係している蜂窩織炎だと思われます。

抗菌薬、抗真菌薬で反応が反転すればそれらの薬剤に感受性のある菌が関係している蜂窩織炎だと考えられます。

 

蜂窩織炎性の筋膜障害に対してのアプローチ

生薬を手に持って反転する反応があれば、その生薬を摂取することをおすすめしています。

丸山カイロプラクティックではハトムギ(ヨクイニン)、ドクダミ、甘草、キャッツクローなど簡単な生薬でチェックしています。

血流が関係している反応がでれば、血流を促すようなリンパマッサージを行います。

最後に筋膜リリースを行います。

 

蜂窩織炎性の筋膜障害は一般的には検査方法が無いのでわかりません。

病院などで原因がわからないような場合もよくあることのようです。

一般的な検査で原因がわからないときはキネシオロジー検査を行うとわかることがあります。

なかなか良くならない痛みなどの不調でお悩みの方は一度丸山カイロプラクティックでのキネシオロジー検査で原因を確認してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。