腰痛でお悩みの方

もやもや血管の腰痛

2017/09/11

最近になってわかってきた腰痛の隠れた原因にもやもや血管という状態があります。

腰痛

姿勢の悪さや腰の筋肉の緊張が続くと筋肉に酸素や栄養を送る血流が低下してしまいます。

睡眠時や休息で筋肉がリラックスすれば血流が再開しますが、リラックスできない状態であると筋肉の栄養不足、酸素不足が続いてしまいます。

この時、筋肉に栄養を送るために新しい血管が作られることがあります。

この血管は非常に細く、蛇行していて、MRIなどで撮影するともやもやとした雲のように見えるので「もやもや血管」と呼ばれています。

もやもや血管

もやもや血管と腰痛の関係

正常な血管の場合は動脈から送られた酸素や栄養素は動脈の毛細血管で組織に送られ、代謝された老廃物は静脈の毛細血管やリンパによって回収されます。

もやもや血管ができてしまうような状態では静脈の毛細血管が退化してしまっているため、老廃物がうまく回収されずに滞り、浮腫や炎症となってしまいます。

そのため、痛みが出るようになります。

日常的に動かしている大きな筋肉は血流が滞って毛細血管が退化するということは少ないのですが、背骨の脇の脊柱起立筋や腰方形筋、骨盤の梨状筋などは持続的な緊張で毛細血管が退化しやすいのです。

ずっと立っていたり、同じ姿勢で座っていると血流が滞り、痛みが出てくるようになります。

一度血流が滞ると少し腰をうごかしても、老廃物や炎症性物質がなくならないので痛みが持続してしまうようになります。

 

もやもや血管の腰痛の検査

腰痛の原因がもやもや血管なのかどうかは一般的な検査ではわからないものです。

キネシオロジー検査を行うと、もやもや血管が腰痛の原因になっている可能性を確認することができます。

もやもや血管の場合はその場所に炎症などの状態があるので、痛みが出ている場所をイメージするとストレス反応がでます。

ロキソニンで反転反応があれば炎症が起きていることが確認できます。

抗ヒスタミン薬で反転反応があればうっ血の状態であると思われます。

セロトニンで反転反応があれば虚血性であると思われます。

もやもや血管の場合は炎症反応があり、虚血反応とうっ血反応の両方が出る傾向にあります。

痛みのある筋肉のあたりをモビリゼーションで動かしてあげて反応を見た時に、反応がなくなればもやもや血管だと確認できます。

筋肉の血流の改善の刺激がストレス反応を打ち消します。

 

もやもや血管の腰痛の施術

まず、圧迫刺激によって浮腫を改善するようにアプローチします。

そして、モビリゼーションをおこなって血流を改善してきます。

腰痛の場合は骨盤や腰椎のゆがみが筋肉の緊張を作り出している原因となっていることがありますので、ゆがみの矯正が必要になることもあります。

腰痛の原因がもやもや血管だけの場合はこの施術を行うと痛みが軽減します。

毛細血管の機能はすぐには回復しないため、日常的にストレッチや軽い運動を行うことで痛みはなくなっていきます。

 

腰痛の原因はさまざまで、原因にアプローチできていないとなかなか改善しないことがあります。

キネシオロジー検査で原因を確認してから施術を行うと、早期回復の手助けとなります。

どこに行ってもなかなか良くならない腰痛でお悩みの方は一度丸山カイロプラクティクキネシオロジー検査で腰痛の原因を確認してみてはいかがでしょうか?

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

腰痛にロキソニンが効かない場合に考えられること

2017/09/09

腰の痛みで整形外科を受診すると痛み止めで抗炎症薬のロキソニンなどを処方されることが多くあります。

炎症を抑えることで痛みが軽減するのですが、ロキソニンが効かない腰痛も結構あります。

飲んでも効かないから飲まなくなったという方もいますが、私は飲んでいたほうがいいと考えています。たた、胃腸に負担を感じている場合は別です。

東村山市で腰痛

腰痛にロキソニンが効かないパターン

炎症などで浮腫が生じていたり、腫瘍やガングリオンやトリガーポイントなどのしこりとなっているものが組織を圧迫していると圧迫による痛みがあり、その痛みは抗炎症薬ではなくなりません。

浮腫

炎症が起きて浮腫ができると浮腫が神経や血管などの組織を圧迫します。

浮腫が収まるまで痛みはなくなりません。

リンパマッサージなどで浮腫の改善を行うことが痛みが早期になくなりやすくなります。

アイシングと圧迫は浮腫の改善に効果的です。

炎症状態が続いていると浮腫も続いてしまうためロキソニンを飲んでいたほうが改善につながります。

トリガーポイント

筋肉にトリガーポイントという老廃物の蓄積したしこりができているとそれが組織を圧迫して痛みがでます。

筋肉の緊張状態が強いと筋肉に力が入ったり、ストレッチされることで圧迫がおこり痛みが出ます。

トリガーポイントの場合はロキソニンを飲み続けても改善効果は無いと思います。

腫瘍やガングリオン

腫瘍やガングリオンで痛みが出るようになった場合は炎症が起きている可能性があるのでロキソニンなどの抗炎症薬を飲んでいたほうがいいと思います。

ただ、腫瘍やガングリオンは抗炎症薬ではなくなることは無いので痛みもなくなることはありません。痛みが軽減することはあります。

浮腫の改善やトリガーポイント療法を行っても全く改善がみられない場合は医療機関で調べてもらうことをお勧めします。

丸山カイロプラクティクではキネシオロジー検査で体に問いかけることで腫瘍やガングリオンが原因である可能性を確認することができます。

「腰の痛みの原因は腫瘍にありますか?」と問いかけてYesの反応がでれば、一度医療機関で検査を受けてみたほうがいいと思います。

ロキソニンを飲んでも腰痛が改善しないというのは、それはそれで一つの体の反応のサインです。

炎症を抑えるだけでは痛みが治まらない腰痛なんだと体が教えてくれています。

炎症以外のことにアプローチを行うことで腰痛は改善していきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

朝起きた時に腰が痛い原因と対策

2017/09/08

腰痛持ちの人で朝起きた時に腰に痛みを感じることってあると思います。

朝起きた時の腰痛のパターンは痛みが出るのが起きた時だけの場合、起き上がってから1時間ぐらい痛い、一日中痛みがある、という3パターンがあります。

朝起きた時の腰痛

朝起きた時に腰が痛い原因

①硬い腸腰筋と寝ている姿勢の関係

腰の前面(おなか側)から股関節にある腸腰筋が固くなっていると、仰向け姿勢で寝ていた時に腰が前にぴっぱられた状態(反り腰)になってしまっていて腰の腰椎周りの血流が低下して、朝起きた時に腰痛となります。

寝ている間に腸腰筋トリガーポイントが刺激されて腰に痛みを放散している場合もあります。

大腰筋で腰が反る2

②寝返りを打たない

個人差はありますが睡眠中に20回ぐらいの寝返りをうつといわれています。

寝返りをうつことで停滞している血流や筋肉の緊張状態が切り替わって改善されます。

寝返りをうたない状態は血流のうっ滞や筋肉の緊張状態が続くため朝起きた時に腰のこわばりや痛みを感じるようになります。

交感神経が過剰な状態であったり、筋膜障害があると寝返りを打たない傾向にあります。

鼻の障害でも寝返りを打たなくなります。

 

③血流の低下やむくみ

腰回りや骨盤回りの筋肉の血流が悪いと筋肉の緊張状態やむくみが生じて朝起きた時に腰に痛みが出るようになります。

夜食から就寝までの時間が短いと寝ている間に消化器官に負担がかかり、内臓のうっ血が生まれやすくなります。

内臓に血液が停滞してしまっているため、筋肉の血流も低下して緊張や炎症、むくみを生じるようになります。

 

パターン別の腰の痛みの原因

①朝起きた時だけ腰の痛みがある

血流の低下やむくみが原因であると思われます。

目が覚めると交感神経の働きで血流が再開されるので血流が回復して痛みがなくなります。

この状態が続くとだんだんと回復する時間が長くなって、起き上がってからも腰痛を感じるようになってしまう傾向にあります。

 

②起き上がってから1時間ぐらい腰が痛い

血流の低下や腸腰筋の緊張のために腰に痛みが出ます。

朝の洗顔時で腰が痛いのは腸腰筋が原因であることが多いです。

起きてから1時間ぐらいすると、活動によっての血流や動きによって筋肉が多少緩和するので痛みがなくなります。

この状態が続くと筋肉がリラックスできない状態が続いて一日中腰に痛みを感じるようになってしまうことがあります。

 

③起き上がってから一日中腰が痛い

睡眠時に腰の筋肉の炎症状態が修復されずに慢性炎症状態となってしまっています。

同じ姿勢をしていて血流が低下したり、力を入れたりストレッチすると痛みを感じるようになります。

慢性炎症状態の原因を改善市内と腰痛から逃れることができません。

 

朝起きた時の腰痛のキネシオロジー検査

キネシオロジー検査で朝起きた時の腰痛がどのような状態になっているのかを確認します。

朝起きたとにに痛みの出る腰のあたりを意識します。

そこに何かしらの障害があればストレス反応がでます。

反応が無ければ、腸腰筋からの放散痛もしくは睡眠時の一過性の血流の低下やむくみであると思われます。

 

ストレス反応がでたら、抗炎症薬を手に持って反応をみます。

ストレス反応が反転したら炎症が腰痛の原因であると確認できます。

抗ヒスタミン薬やセロトニンで反応が反転したら血流の低下が原因であると確認できます。

交感神経遮断薬で反応が反転したら交感神経性の血流の低下や筋肉の緊張が原因であると確認できます。

 

朝起きた時の腰痛の改善のための対策

・寝る2時間前以内に食べ物を食べないようにして睡眠時の内臓へのストレスを軽減させると血流の低下が改善されて腰痛にならなくなることがあります。

 

・寝る前に軽いストレッチを行う

日中に緊張状態にある筋肉をストレッチでリセットしてあげることで寝ている間の筋肉の緊張を起きにくくします。

骨盤周りや腸腰筋のストレッチをおこなうと効果的です。

 

・寝る前のスマートフォンはやらない

目の近くで小さな画面のスマートフォンの光を見ていると脳が興奮状態となって、睡眠時に交感神経による緊張状態が続きやすくなります。

リラックスして寝ることが朝起きた時の腰痛の改善には大切です。

 

さまざまな腰痛でお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティクにご相談ください。

東村山市の丸山カイロ整体の電話

キネシオロジー検査を行うと腰痛の原因がわかってきます。

体に問いかけると、脳の反射で体のストレス反応で答えを教えてくれるのです。

原因がわかれば、それを改善するためのアプローチを行うことで腰痛が解消されていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東村山市で腰痛ならお任せください

2017/08/31

なかなか良くならない腰痛でお悩みではありませんか?

 

マッサージに行っても効果は一時的ですぐに腰の痛みが戻ってしまう。

病院で痛み止めの薬を処方してもらったけど効かない。

整形外科でヘルニアがあるといわれて、もう治らないと思っている。

 

そのような腰痛のお悩みの方は東村山市の新秋津駅から徒歩1分の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

今まで改善できなかった腰の痛みは原因にアプローチされていなかったから改善できていないのではないでしょうか。

当院ではキネシオロジー検査で痛みの原因を確認して、根本原因にアプローチしていきます。

なぜ腰痛が改善しないのか?

・腰の痛いところをマッサージしても原因がそこに無いことが多くあります。

腸腰筋という腰椎を前面から支える筋肉の障害の放散痛が腰痛として感じることが多くあります。

腰ではなくおなか側の筋肉を調整すると腰痛が改善していきます。

丸山カイロプラクティックでのキネシオロジー検査では障害がある部分を触れたりイメージすると体にストレス反応が現れます。

痛みをイメージした場所にストレス反応があれば腰へのアプローチが必要で、反応が無い場合は別の場所へのアプローチが必要なんです。

・抗炎症剤や湿布を病院で出してもらったけど全然効かない

うっ血状態での組織の腫脹があると痛み止めは効きません。

うっ血のストレス反応がでた場合はうっ血状態を改善させることが腰痛の改善に近道になります。

 

・ヘルニアがあっても腰痛の症状が出ないことがあります

膨隆したヘルニアが炎症状態にあったり、ヘルニアが神経や血管を圧迫してしまうと腰痛が引きおこります。

椎間板周りの血流を改善すると炎症状態になりにくくなって腰痛がおこらなくなります。

腰椎周りの筋肉の緊張が血流を悪くしていることがあります。腰椎周りの筋肉を調整することで血流が改善して腰痛が解消されていきます。

一般的にヘルニアは前屈方向の動きで膨隆が悪化します。

腰の前面にある腸腰筋の緊張は腰の前屈方向の動きを増悪します。

腸腰筋を調整することでヘルニアの膨隆の増大を防いで症状が緩和していきます。

腰の痛みはご相談ください

腰痛の原因はさまざまで人それぞれ違います。

キネシオロジー検査を行うと原因を確認していくことができます。

原因がわかればそれを改善するためのアプローチを行うことで、症状もなくなっていきます。

慢性腰痛などで根本的な原因から腰痛を治したいと思われている方は是非丸山カイロプラクティックでのキネシオロジー検査と改善のためのアプローチを受けてみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

靴下を履こうとしたときにおこるぎっくり腰

2017/06/08

靴下をはこうとしたら突然腰に激痛が走る。

ぎっくり腰です。

激痛でそのまま動けなくなってしまう場合と軽い痛みから始まって数時間後にどんどんと痛くなって座った状態から立ち上がろうとしたら激痛になったり、翌朝起きたら激痛で起き上がれない状態になる場合があります。

 

靴下をはこうとしたときにおこるぎっくり腰の原因

腰方形筋の過収縮

激痛でそのまま動けなくなってしまう場合は腰方形筋の過収縮状態が原因である場合だと思われます。

腹筋の低下や中殿筋の低下によって靴下を履く動作をしたときに腰方形筋がつってしまいます。

腰方形筋によるぎっくり腰は筋肉の過収縮による筋損傷なので1週間もすれば痛みは自然となくなっていきます。

腸腰筋の過収縮

あとからだんだんと痛くなってくる腰痛は腸腰筋の過収縮が原因であると思われます。

靴下を動作で腸腰筋が過収縮してつってしまいます。腸腰筋の緊張が引き金となって腸腰筋周りのリンパ循環や血流の低下がおきて、血液循環の不良による炎症が広がっていきます。

腰の痛みが翌朝起きたら激痛に変わってしまったという場合はこのパターンだと思われます。

腸腰筋によるぎっくり腰は腸腰筋の過収縮とそれに伴うリンパ循環や血流の低下による炎症、そしてその炎症による反射性収縮という悪循環に陥ることがあります。

リンパ循環や血流の低下が改善されないと1週間以上痛みが継続してしまうことがあります。

 

繰り返し起こるぎっくり腰

一度靴下を動作でぎっくり腰を経験すると、靴下を履く動作に注意をするようになるものです。しかし、原因が解消されていない場合は他の動作でもぎっくり腰がおこることがよくあります。

腰方形筋パターン

体を横に曲げる姿勢で腰方形筋の過収縮がおこります。

落ちている物を拾おうとして体を少し傾けた時に、腰方形筋が過収縮して筋肉がつってしまいます。ぎっくり腰になります。

腹筋が弱い人などは咳をした際に腰方形筋にストレスがかかるため、咳をしただけでぎっくり腰になることもあります。

腸腰筋パターン

姿勢によって腸腰筋が緊張状態になりやすかったり、内臓の下垂によって腸腰筋周りの血流やリンパの循環が停滞するようになりやすい環境にある場合があります。

寒さや季節の変わり目、精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れたときなど、腸腰筋周りの血流が低下しやすくなります。

そのような時に体を曲げたり、深くしゃがみこんだり、重いものをもちあげようと力をぐっと入れた時に過収縮してしまい、ぎっくり腰になります。

 

繰り返すぎっくり腰は原因が解消されていないことがほとんどです。

どのようなことがぎっくり腰の原因になっているのかをキネシオロジー検査で確認して根本原因の改善が必要だと思います。

 

ぎっくり腰の原因のキネシオロジー検査

腸腰筋や腰方形筋の筋力検査を行った後にキネシオロジー検査の反応をみます。

ストレス反応が出た場合は筋肉に何かしらの障害があります。

筋肉の障害は筋膜・筋紡錘・腱紡錘・トリガーポイントが原因となっています。

次に、自分自身に問いかけるキネシオロジー検査を行います。

「急性腰痛の原因がわかりますか?」と問いかけます。

Yesの反応が出るので、腸腰筋や腰方形筋の筋力検査を行った後に再度反応をみます。

反応が反転してNoの反応が出た場合は、その筋肉にぎっくり腰の原因があると確認できます。

反応が出た筋肉を調整することでぎっくり腰の原因が改善されます。

1週間後ぐらいに再検査を行って反応がまだ残っているようであれば、悪化要因を探して改善させる必要があります。

 

原因が改善されずに痛みがなくなったぎっくり腰は筋肉の線維化となってしまう傾向にあります。筋肉は硬くなって強くなりますが、慢性的な痛みにつながってしまうことがあります。

ぎっくり腰やぎっくり腰になった後の慢性的な腰痛でお悩みの方は丸山カイロプラクティックにご相談ください。

キネシオロジー検査で原因を確認して改善へのアプローチを行っていきます。

検査法や治療法などお気軽にお問い合わせください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

内臓が原因で腰痛になる

2017/04/26

腰の筋肉の筋膜障害が原因で腰痛になることが多くあります。

筋膜の治療を行って、次回に検査を行うと再び筋膜障害が検出されることがよくあります。

このような場合は内臓が原因になっていることがあります。

内臓が原因になっているかどうかは、一般的な検査ではわかりません。

キネシオロジー検査を行うと腰痛が原因になっているかどうかがわかります。

 

内臓が腰痛の原因になっているかどうかを調べるキネシオロジー検査

腰の筋肉の筋膜に障害があるかどうかを調べます。

筋膜に障害があるようであれば、腰のどの筋肉に障害があるかを調べます。

腰の筋肉は、腰方形筋・脊柱起立筋・大腰筋があります。

次にその筋肉が障害されてしまう原因を調べます。

障害される主な原因には姿勢や動作に伴う力学的ストレス・血流・内臓・自律神経・脊柱などがあります。

それぞれについて自分自身に問いかけて検査します。

「脊柱起立筋の筋膜障害の原因は内臓にありますか?」

Yesの反応が出れば内臓が原因で腰痛を引き起こしていると思われます。

肺・心臓・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・副腎・膀胱・生殖器とすべての臓器を確認します。

「脊柱起立筋の障害の原因は肺にありますか?」

Yesの反応が出たら、その臓器に障害があるかどうかを確認します。

障害があるという反応が出れば、その臓器が改善するようなアプローチが必要になります。

障害が無いのいう反応が出れば、その臓器の血流かリンパのうっ滞、自律神経が関係していると思われます。

血流やリンパのうっ滞、自律神経が改善する刺激を探し出してアプローチします。

例えば、横隔膜を積極的に動かす腹式呼吸はそれらの状態を改善する傾向にあります。

腹式呼吸を行って、「リンパのうっ滞がありますか?」と問いかけて検査するとYesの反応が反転してNoの反応になる場合があります。

このような場合は腹式呼吸を行うとリンパのうっ滞が改善されます。

内臓に原因がある腰痛の方へのアドバイス

内臓の血流やリンパのうっ滞などが原因となってる腰痛の場合、反射的に腰の筋肉にストレスがかかってしまっているためなかなか改善しません。

内臓の血流やリンパのうっ滞の原因を改善することが一番なのですが、原因がわからない場合は日常的なストレッチや運動が必要になってきます。

体が固いと感じている方は特に日常的にストレッチを行ってください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。