膝に関すること

膝が腫れて曲げずらくなる蜂窩織炎

2017/11/12

膝が腫れてしまう原因に蜂窩織炎があります。

蜂窩織炎は皮下組織の細菌やウィルス感染による炎症状態です。

何かしらの原因によって皮下組織に細菌やウィルスが感染して炎症がおこり膝が腫れてしまいます。炎症による痛みが生じます。

 

人によっては細菌やウィルスの反応が鎮静化して腫れた状態が残ていても痛みを感じることが無くなることがあります。

ただ、腫れた状態があるため正座をするなどというように腫れた部分が圧迫されると痛みが生じるために曲げることができなくなります。

 

蜂窩織炎になる要因

免疫力の低下と血流の低下が重なると発症しやすくなります。

下肢の傷などから皮下に感染が広がることがあります。

また、腸内細菌、下腹部の臓器(主に生殖器・泌尿器)からの細菌が血中や髄膜から皮下組織に感染することがあります。

血流が良ければ一過性で症状はなくなりますが、鼠蹊部での血流の阻害や下肢静脈瘤などでは血流が停滞してしまう傾向にあるため、菌が皮下組織に定着しやすくなってしまいます。

 

痛みのない蜂窩織炎での弊害

菌はコラーゲン組織に寄生する傾向にあり、筋膜や腱組織に寄生しやすいです。

腱紡錘のセンサーにエラーが起きた状態が続くと筋肉の収縮信号にエラーがおこり、筋活動が行われなくなるため筋肉が萎縮してきてしまうことがあります。

また、筋膜でも同様のことが起こる可能性があります。

炎症が膝の関節包や滑液包に浸潤すると関節包炎、滑液包炎となってしまい歩くときなど力が入る時や正座などで膝を曲げるときに痛みが出るようになります。

蜂窩織炎による膝の腫れのキネシオロジー検査

腫れている膝の部分をイメージして反応をみます。

見た目や触診で明らかに腫れているにも関わらず、ストレス反応がでない場合は蜂窩織炎を疑います。

バクテリアカビウィルスなどの波動キットで反応がでるようになればそれらが原因で蜂窩織炎になっていると思われます。

膝が腫れて病院で水を抜いてもらって、水があまり出てこないという場合は蜂窩織炎である可能性があると思われます。

 

蜂窩織炎による膝の腫れの治療

基本的には病院で蜂窩織炎の診断を受けて抗生物質を処方してもらうことで改善していきます。

病院で蜂窩織炎の診断が出ない場合は、下肢の血流をよくするようなアプローチ、リンパの流れを促すマッサージを行います。

筋肉の萎縮が起きている場合は腱紡錘の障害が起きていると思われますので、腱紡錘の調整を行っていきます。

カビやバクテリアのアレルギー反応がある場合はアレルギー除去療法でカビや細菌に対するアレルギー反応を切り替えていきます。

蜂窩織炎は病院の治療でも2週間から1ヵ月程度時間がかかるようですので、病院以外での施術による回復には時間がかかります。

 

なかなか改善しない膝の腫れは蜂窩織炎が原因かもしれません。

病院などで治療を行ってもなかなか改善しない場合は丸山カイロプラクティックでキネシオロジー検査を受けて膝の不調の原因を確認してみてはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

意外と多い膝の痛みの原因となる膝窩筋障害

2017/08/25

膝の裏側に膝窩筋という膝を曲げたり、膝関節を安定させる働きのある筋肉があります。

この筋肉に障害が起きていると膝の痛みが生じやすくなります。

 

さまざまなタイプの膝の痛みを作り出す膝窩筋

①膝窩筋による関節機能障害

膝窩筋が筋力低下を起こすと膝関節の安定性が低下してしまうため、膝関節面の摩擦が強くなったりして炎症や痛みを生じるようになりやすくなります。

また、不安定になっている膝の動きを大きな筋肉の大腿四頭筋やハムストリング、腓腹筋などが補うことでそれらの筋肉にトリガーポイントが発生して膝に痛みが出るようになってしまうことがあります。

 

②膝周りの血流低下

膝窩筋の緊張状態が強く、膨張した状態になってしまうと膝窩筋によって膝周りの血管を圧迫してしまい血流の低下を起こします。

膝の裏がポッコリ腫れたような状態になっているのがこのタイプです。

正座をすると腫れた膝窩筋が圧迫されるため痛みが出たり正座ができなくなるケースがよくあります。

血流の低下によって炎症が起きて痛みが出るようになります。

 

③膝窩筋のトリガーポイント

膝窩筋にトリガーポイントというしこりのような硬結ができてしまうと、筋肉が収縮したりストレッチされるようなストレスが加わると膝の裏に痛みを放散します。

筋肉が活動すると痛みが出るため、膝が少し曲がった状態で歩く傾向にあります。

膝が曲がった時に強い力を出すような階段の登りで膝の裏に痛みが出るのは膝窩筋のトリガーポイントが原因の可能性があります。

障害の程度によっては歩いているだけでも膝の裏に痛みが出ることもあります。

膝窩筋が障害されているかどうかの確認の検査

キネシオロジー検査で確認していきます。

膝の裏をイメージしてストレス反応があれば膝の裏に何かしらの障害があります。

ロキソニンで反転反応があれば炎症が起きています。

抗ヒスタミン薬やセロトニンで反転反応があれば血流の停滞があります。

次に膝窩筋をストレッチや収縮運動を行って反応をみます。

ストレス反応がでれば膝窩筋が障害されていると確認できます。

筋膜障害とトリガーポイントではストレッチと収縮運動の両方でストレス反応がでます。

膝窩筋は収縮してもストレッチされてもストレス状態となっています。

どちらか片方の場合は筋紡錘障害か腱紡錘障害です。

膝の痛みの膝窩筋障害の治療

筋膜障害の場合は筋膜リリースを行います。

トリガーポイントの場合は押圧による刺激によって硬結を改善していきます。

トリガーポイントの治療は結構痛いです。

筋紡錘と腱紡錘に対してはセンサーの感度にエラーが出た方向の逆の方向に刺激を数回加えることで狂った筋紡錘などのセンサーをリセットします。

ご自分で治す膝窩筋障害のアプローチ

検査で何が障害されているのかを確認したほうがいいのですが、確認できない場合はさまざまな方法で刺激を加えていきます。

膝窩筋の筋膜障害

ストレッチをすることで改善していきます。

ただ、筋肉はストレッチされると収縮するという反射現象があるので普通にストレッチをしても改善しません。

軽い負荷で1分間以上のストレッチ状態をキープします。椅子に座った状態で踵を床につけて足を延ばし、膝を上から軽く押して膝裏をストレッチします。

この状態を1分間以上キープします。

 

膝窩筋のトリガーポイント

押圧による刺激が効果的です。

テニスボールを膝裏に挟んだ状態で正座をするなどの圧迫状態を作るとトリガーポイントが解消していきます。

トリガーポイントを圧迫すると結構痛いので、無理せず気長に少しずつトリガーポイントを解消してみてください。

膝窩筋の筋紡錘と腱紡錘

どの方向にストレス反応があるか検査をしたほうが効果的ですが、わからない場合はすべての方向に刺激を加えます。

筋紡錘や腱紡錘の障害では間違った方向に刺激が加わっても障害が悪化するということはありません。

膝の痛みの膝窩筋のマッサージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腱紡錘は筋肉の線維方向に同じ方向に8回ぐらい刺激を加えます。

反対方向にも同様に8回ぐらい刺激を加えます。

筋紡錘は筋肉の線維にそって両手の指で引き離すように8回ぐらい刺激を加えます。

そして近づけるように8回ぐらい刺激を加えます。

この操作を行うことで筋紡錘や腱紡錘のセンサーエラーが解消されます。

 

膝の痛みの原因は様々です。

さまざまな治療を行ってもなかなか改善しないのは原因にアプローチできていないことがほとんどです。

膝の痛みでお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

長時間歩くと膝が痛くなるのは関節包炎や滑液包炎が原因

2017/08/05

長時間歩苦と膝が痛くなってしまう原因に関節包炎や滑液包炎があります。

膝関節の周りのクッションや潤滑としての役割がある関節包や滑液包に炎症が起きてしまうために痛みが生じます。

 

膝の関節包

膝の痛みの原因の膝関節包

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の関節包は膝関節のクッションと潤滑の役割りをしています。

関節包に炎症が起きている状態が続いてしまうと関節軟骨が障害されて変形性関節症に発展してしまうリスクが高くなります。

 

膝の滑液包

膝に痛みを引き起こす膝滑液包外側

 

膝の痛みの原因の膝滑液包内側

 

 

 

 

 

 

 

 

膝の滑液包は筋肉と骨との摩擦を防ぐための潤滑としての役割りがあります。

筋肉の緊張が強くて摩擦が大きくなったり、筋肉の緊張によって腱に炎症が起きると滑液包に炎症が浸潤して滑液包炎を引き起こします。

 

歩きすぎてなぜ関節包炎や滑液包炎となるのか?

原因は複数あります。

膝周りの筋肉の血流不足、筋肉が硬い、筋肉がうまく使えていない、などが原因です。

①膝周りの筋肉の血流不足

筋肉の血流が低下すると筋肉のエネルギー不足となってしまいます。

・アディポカイン

筋肉はエネルギーを作り出すために脂肪細胞からアディポカインというホルモンを分泌してエネルギーを作り出そうとします。アディポカインは炎症性のホルモンで血流にのって関節包や滑液包に障害を与えてしまいます。

膝周りの血流が良ければアディポカインは停滞しないので関節包や滑液包に炎症が起きませんが、血流が悪いと炎症が起きてしまいます。

太っている人がなりやすい関節包炎です。

・ブラジキニン

筋肉はエネルギーを供給するためにブラジキニンやセロトニンなどの血管拡張物質を放出します。

一過性であれば炎症は起きないのですが、長時間血管拡張物質の放出が続くと炎症が起きてしまいます。

血流が悪い状態で長時間歩くと滑液包炎となってしまいます。

慢性炎症状態ではブラジキニンの合成が高まるためすぐに痛みを感じやすくなります

 

②筋肉が硬い

太もも前面の大腿四頭筋が硬いと膝蓋骨を圧迫して膝蓋骨周りの滑液包に炎症を起こしやすくなります。

太もも後面のハムストリングが硬いと半腱様筋滑液包、大腿二頭筋腱下滑液包、鵞足滑液包に炎症を起こしやすくなります。

ふくらはぎの腓腹筋が硬いと腓腹筋外側頭下滑液包に炎症を起こしやすくなります。

筋肉が硬い原因には筋膜障害が起きている場合があります。

 

③筋肉がうまく使えていない

筋肉をうまく使えていないと筋肉が緊張した状態になりやすく、血流も低下しやすくなります。

また、エネルギー消費が大きくエネルギー不足となって炎症性物質の放出を起こしやすくなります。

筋肉がうまく使えていない原因にはトリガーポイント、筋膜障害、筋紡錘障害などが関係してる場合が多くあります。

長時間歩くと膝が痛くなる原因を調べるキネシオロジー検査

痛みを感じる膝の部分をイメージします。

ストレス反応があるようであればイメージした部分が障害されています。

ロキソニンで反転反応があれば炎症が起きていると考えられます。

どの部分に炎症が起きているかを確認してそれにかかわる筋肉を調整していきます。

ストレス反応が無ければその部位に障害はありません。

トリガーポイントが原因で痛みを感じている場合はトリガーポイントを調整していきます。

「膝の痛みの原因がわかりますか?」と自分自身に問いかけるキネシオロジー検査を行います。

Yesの反応が出ます。

・動物性脂肪、植物性脂肪のアレルギーキットで反転反応があればエネルギー不足によるアディポカインが原因であると思われます。

膝周りの筋肉の有酸素運動を行って血流の良い状態を作っていくことで症状がなくなっていきます。

 

・筋膜障害がある場合は運動を行ってもストレス状態となってしまっている場合がありますので、筋膜を調整してから運動を行わないとなかなか改善しない場合が多いです。

 

・過酸化水素で反転反応がある場合は筋肉の緊張や交感神経の過剰で筋肉を長時間活動させると虚血になっていると思われます。

 

・筋けい剤で反応がでるようであれば交感神経の過剰です。

筋肉を弛緩させるトレーニングを行っていかないとなかなか改善していかない状態です。

 

膝周りの筋肉にトリガーポイント、筋膜障害、筋紡錘障害、腱紡錘障害があるかどうかを確認して、障害があるようであればすべて取り除くようにアプローチしていきます。

 

長時間歩くと膝が痛くなる人へのアドバイス

長時間歩いて膝が痛くなるようであれば、家に帰ったら氷でアイシングします。

直接皮膚に氷を当てると別の傷害となることがありますので氷嚢やタオルに氷を巻いて患部に当てます。

炎症部位を放置していても自然と痛みがなくなりますが、炎症を起こしている筋肉の腱が硬くなって、動かすと痛みが出るという悪循環になってしまうことがあります。

また、痛みが出るからといって歩かないでいると血流や筋肉の代謝が低下してしまい悪循環になります。

痛みの出ない範囲で膝周りの筋肉が活動するような運動を積極的に行うことをお勧めします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

膝の痛みの改善に歩けと言われたが歩くと膝が痛くなる

2017/08/04

整形外科で膝の痛みのを改善するためには歩きなさいと言われたけど、歩くと膝が痛くなるという患者さんがいます。

ひどい場合は歩くと膝が腫れてきてしまうそうです。

 

このような方を調べてみると太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉に筋膜障害があります。

膝に痛みを抱えている方の多くは膝周りの血流が悪くなっています。

また、ちょっと太っている方が多いです。

血流の改善や体重を減らすためには歩くことがとても効果的なのですが、筋肉の状態が悪いと歩くことが筋肉のストレスとなってしまっていて歩くと血流が悪化してしまいます。

そして浮腫や炎症が起きて膝が痛くなってしまいます。

 

歩くと膝が痛くなる人のキネシオロジー検査

歩く時に使われる筋肉をキネシオロジー検査でチェックします。

歩くときに使われる主な筋肉はふくらはぎの腓腹筋と太もも前面の大腿四頭筋、そして太もも後面のハムストリングです。

他にも使われる筋肉はありますが、とりあえずこれらの筋肉を調べます。

それぞれの筋肉に抵抗負荷をかけてキネシオロジー検査の反応をみます。

ストレス反応があれば、歩くことで筋肉を使うことはストレスとなっています。

次にその筋肉をストレッチして反応をみます。

筋肉を使っても、ストレッチをしてもストレス反応が出る場合は筋膜が障害されています。

筋膜が障害されていると歩くことのように筋肉に負荷がかかると筋肉はストレスとなって収縮してしまい血流が悪くなります。

歩き続けると筋肉のエネルギーがなくなってしまったり、血流の悪化による疲労物質の蓄積や炎症性物質の放出で膝が痛くなります。

炎症性物質が関節包や滑液包に浸潤すると膝が腫れてしまいます。

 

このような方は筋膜の障害を改善してから歩くようにすることが必要です。

筋膜の障害を改善する施術は筋膜リリースによって行います。

ご自分で調整する場合は筋膜を意識したストレッチを行うと改善されていきます。

筋膜を意識したストレッチは低負荷で1分間以上の持続したストレッチが必要です。

 

筋膜の障害がなくなると歩いても筋肉の過剰な収縮がなくなるので血流の悪化がなくなって膝が痛くなることが無くなっていきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

膝の痛みを引き起こす関節包炎・滑液包炎の原因と検査

2017/08/03

膝の痛みを引き起こす原因の一つに膝関節周囲にある関節包や滑液包の炎症があります。

関節包や滑液包は関節や筋肉がスムーズに動くためのクッションや潤滑としての役割があります。

関節包や滑液包について詳しくは「膝の痛みを引き起こす関節包炎・滑液包炎」を見てください。

 

その膝の関節包や滑液包に炎症を起こす原因として血流の低下があります。

うっ血や虚血などの血流の減少によって炎症性物質が放出されて関節包や滑液包に炎症がおこります。

血流が減少していると血管拡張するためにブラジキニンやヒスタミンなどの神経伝達物質が放出されます。

ブラジキニンやヒスタミンは炎症を引き起こす物質であるため、関節包や滑液包に炎症が起こってしまうことがあるのです。

歩くと膝が腫れてしまうというのは血流の減少の可能性があります。

 

また、血流の低下は膝周りの筋肉のエネルギーも低下します。

筋肉のエネルギーが低下すると脂肪細胞からアディポカインというホルモンが分泌されます。

筋肉から放出されたアディポカインは炎症性のホルモンで血液によって関節に炎症を起こします。

膝周りの筋肉を動かして筋肉のエネルギーが消耗してしまうとアディポカインが放出されてしまいます。

歩くと膝が腫れるというのはアディポカインが原因である場合があります。そしてそれには血流の低下が関与しています。

アディポカインについては「膝の痛みと脂肪細胞からの炎症性物質の関係」や「膝の痛みと肥満の関係」を見てくださいl

膝の痛みの関節包炎や滑液包炎を確認するキネシオロジー検査

膝の痛みの原因をキネシオロジー検査で確認します。

関節包炎や滑液包炎では炎症が起きている状態です。

痛みのある場所をイメージするとストレス反応が出ます。

もし、イメージしてもストレス反応が出ない場合はイメージできていないか、もしくは原因がそこには無い。関節包炎や滑液包炎が膝の痛みの原因ではないと考えられます。

ストレス反応があればロキソニンや抗ヒスタミン薬で反転反応を確認します。

反転反応があれば炎症が起きていると確認できます。

 

自分自身に問いかけるキネシオロジー検査で膝の痛みの原因を確認します。

「膝の痛みの原因は血流にありますか?」

Yesの反応があれば血流の低下による炎症であると思われます。

「膝の痛みの原因は関節にありますか?」

Yesの反応があれば関節に障害があります。

両方の質問でYesの反応があれば血流の低下によって膝関節に炎症が起きていると確認できます。

 

膝周りの筋肉のエネルギーを消耗するような遠心性収縮運動を数回行ってストレス反応がでるようであればアディポカインが原因となっていると思われます。

 

膝の痛みの関節包炎や滑液包炎を改善するために

膝が痛いからといって安静にしていると炎症性物質が停滞してしまうために炎症と痛みの悪循環サイクルとなってしまします。

膝周りの筋肉の緊張状態を改善したり、血流を改善するような運動療法を続けることで関節包炎や滑液包炎は改善されていきます。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

階段を下りる時の膝の痛みは遅発性筋痛症です

2017/06/19

階段を上る時は大丈夫。又はちょっと痛みが出る。

階段を下りるときは強い痛みが出てしまう。

このような膝の痛みの原因は遅発性筋痛症です。

運動した後に筋肉痛になるのと同じ現象です。

筋肉の障害によっておこる痛みです。この状態が続くと筋肉の付着部付近に炎症が起きて関節が痛むようになってしまいます。

 

遅発性筋痛症とは

遅発性筋痛症というのは伸張性筋活動後に筋肉の腫れや硬直および筋力低下などの症状を伴い、痛みは筋肉を圧迫(圧痛)したり、伸張や収縮するとおこります。

伸張性筋活動というのは筋肉が伸びていきながら収縮している状態です。

太ももの筋力が弱かったり、体重が重くて太ももの筋肉が十分に体重を支えることができないと伸張性筋活動になりやすいです。

階段を降りる際や下り坂などでは体重負荷が倍増するためにこの伸張性筋活動がおこります。

ジョギングをして膝が痛い場合もこの伸張性筋活動による遅発性筋痛症であることが多いです。

 

なかなか治らない膝の痛みの原因

太ももの筋肉の大腿四頭筋や縫工筋、外側の大腿筋膜張筋、内側の内転筋などが反復的に伸張性筋活動をおこない、筋膜障害や筋紡錘のセンサーエラーを起こしてしまっていることが主な原因です。トリガーポイントが原因となることもあります。

常に過剰な収縮を行っているために、毎日筋肉痛になっているような感じになっています。

筋膜障害や筋紡錘のセンサーエラーを調整したりすることと、太ももの筋力を強くすることが必要です。

 

膝の痛みの治療

大腿四頭筋の筋膜障害が起きている時は筋膜リリースが効果的です。

優しく筋膜を伸ばすことで筋膜の癒着やたるみが解消されていきます。

筋紡錘や腱紡錘のセンサーエラーがあると筋膜障害が再発しやすいので一緒に調整すると効果が維持されやすくなります。

 

膝の痛みに効果的なトレーニング

膝の痛みの改善のトレーニング

椅子にすわってゆっくり足先をもちあげます。

膝を伸ばした状態で5秒間キープしてゆっくり戻します。

これを5回から10回繰り返します。

ゆっくり行うことがコツです。

早く動かそうとすると、使いやすいいつも負担がかかっている筋肉だけ働くようになります。膝をうごかす筋肉の強化につながりません。

椅子に座った時や椅子から立ち上がる前などにこまめに行うようにすると効果的です。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。