首に関すること

東村山市で肩こりなら

2017/09/02

つらい肩こりでお悩みの方は東村山市の丸山カイロプラクティクにおまかせください。

肩こりの原因は血流が悪いことや筋肉の緊張、姿勢の悪さなど様々です。

もしかすると頸椎に問題があるのかもしれません。

肩こりの原因は人それぞれでわかりずらいものです。

丸山カイロプラクティクではそんな肩こりの原因をキネシオロジー検査で確認して、根本原因からの改善のアプローチを行っています。

 

肩こりの原因のキネシオロジー検査

まず、肩こりのある場所をイメージします。

ストレス反応がでればその場所に問題があります。

・抗ヒスタミン薬を手に持って反応が切り替わったならば、血流の低下によって首や肩の筋肉などに障害がある状態になっています。

・抗炎症剤を手に持って反応が切り替わったならば、筋肉などに炎症状態があります。

・交感神経遮断薬を手に持って反応が切り替わったならば、交感神経が過剰な状態が肩こりを引き起こしています。

 

次に筋肉を収縮させたりストレッチすることでストレス反応をみます。

筋肉にトリガーポイントという発痛性のしこりができている状態や筋肉のセンサーの働きがある筋膜、筋紡錘、腱紡錘に障害が起きているかどうかを確認します。

 

次に肩こりの原因が頸椎にあったり内臓にあるかどうかを確認します。

首の筋肉は胃や副鼻腔、気管支と関係していて、肩の筋肉は腎臓と関連が有ります。

内臓のリンパ反射点を触って反応が切り替わるようであれば内臓のストレスが肩こりの要因の一つになっています。

 

このように一つ一つ検査の反応をみながら原因を確認していきます。

 

マッサージや安静では治らない肩こりは筋膜障害が原因

肩こりを引き起こす原因のトリガーポイントはマッサージで改善することが可能ですが、筋膜や筋紡錘などのセンサーはマッサージや安静にしていることでは改善しません。

狂ってしまったセンサーは感度を再調整しないと狂った情報で筋肉を動かすためにストレスが続くとすぐに肩こりが再発してしまいます。

血流の低下はむくみを生じて筋膜のたるみや癒着を生じてしまいます。

血流の低下の反応がでている人は筋膜が障害されている可能性が高いです。

 

 

丸山カイロプラクティクでの肩こりの施術

検査で反応がでた原因に対してアプローチを行っていきます。

関節に原因がある場合はアクティベータで関節に刺激を与えて関節を活性化させていきます。

筋肉の原因は筋膜リリースやトリガーポイント療法を行うことで障害を解消していきます。

 

肩こりから四十肩や五十肩などの肩の障害や頭痛に発展してしまうというケースもあります。

なかなか治らない肩こりでお悩みであれば丸山カイロプラクティクでのキネシオロジー検査と施術をぜひ受けてみてください。

肩こりの意外な原因に気が付けるかもしれません。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ストレートネックで胃腸の調子が悪くなる

2017/08/30

肩こりがひどくなると頭痛になるという人で胃腸の調子が悪いというのは頸椎の状態や肩こりが原因で胃腸の機能が悪くなっている可能性があります。

ストレートネックの場合は特にこのような状態になりやすくなってしまいます。

ストレートネックやひどい肩こりで胃腸の調子が悪くなる3つの原因

①姿勢の悪さで内臓が圧迫されている

肩こりの強い人やストレートネックの人は猫背の姿勢である傾向にあります。

猫背の姿勢では内臓が圧迫されて内臓の血流がうっ血状態になりやすくなります。

内臓のうっ血によって胃腸の調子が悪くなります。

姿勢で胃が圧迫されていると逆流性食道炎を引き起こすようになってしまうこともあります。

 

②迷走神経反射

肩こりを起こしやすい首肩の筋肉に上部僧帽筋と胸鎖乳突筋があります。

この二つの筋肉は副神経という脳神経によって支配されています。

副神経は迷走神経の『副』の働きがあり、副神経が過剰に働いて緊張状態にあると迷走神経も過剰な緊張状態になってしまいます。

迷走神経は胃腸などの内臓の神経を支配しているので神経が過剰な働きをして胃腸の調子が悪くなります。

逆の反射パターンでは、疲れるような運動を行うと内臓の血流にうっ血が生じて迷走神経が過剰に働くと副神経も過剰な働きをしてしまいます。すると顎が上がった姿勢になります。走っていてバテてくると顎が上がってくるのはこのためです。

 

③三叉神経迷走神経反射

三叉神経の刺激による反射で迷走神経が過剰に働いてしまい胃腸の状態が悪くなることがあります。

頭と首のつなぎ目付近の感覚に三叉神経が関わっています。

ストレートネックで顎が上がったような姿勢ではその部分に常にストレスがかかった状態になっています。

首のストレスと精神的なストレスが重なるとより一層胃腸のの調子が悪くなります。

 

胃腸の悪い状態とストレートネックが関係しているかどうかを調べるキネシオロジー検査

胃の部分や腸の部分、もしくはリンパ反射点にアプローチします。

胃腸の調子が悪い原因がその臓器にあればストレス反応がでます。

次に首を触って同じように反応をみます。

反応が反転したら頸椎が原因で胃腸の調子が悪くなっていると考えられます。

逆に内臓の状態が悪くてストレートネックになる姿勢をしてしまって首が悪くなっていることも考えられます。

首を触ってストレス反応がでたら、腹部をマッサージして反応が反転したならば内臓の状態が悪いことで首の障害が起きている、ストレートネックの状態になっていると考えられます。

ストレートネックによる胃腸の不調を改善するために

首と肩の筋肉の障害を改善すると胃腸の状態も良くなっていきます。

トリガーポイントがある場合はマッサージで改善することもありますが、筋膜障害があるとマッサージでは改善できません。

筋膜を意識したストレッチを行うと改善していきます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ロキソニンを飲んでも改善しない寝違えパターン

2017/08/13

寝違えは首の筋肉の過剰な収縮によっておこります。

寝違えを起こしやすい筋肉は肩甲挙筋斜角筋です。

肩甲挙筋が障害されると首を動かすととても強い痛みが出て動かせなくなります。

特に顔を左右に向けるような首の動きが全くできなくなります。

前後に動かしたり左右に傾ける動きでも痛みが出ます。

斜角筋の場合は左右に向けるような動きはできますが、他の動きで痛みが出ます。

寝違えを起こすと痛みが続く原因

寝違えを起こした時の過剰な筋肉の収縮は足がつることと同じ現象です。

足がつる場合は足の筋肉が強いので過剰な収縮を起こしても筋肉の損傷までならないことが多いのです。

しかし、首の筋肉はあまり発達していないため、過剰な収縮をすると筋肉組織が損傷してしまいます。

筋肉の損傷による炎症で痛みが続いてしまうのです。

 

ロキソニンを飲むと寝違えの痛みが改善します

寝違えによって起きた筋肉の炎症はロキソニンなどの抗炎症薬を飲むと炎症を抑えて痛みを軽減することができます。

なので寝違えを起こした時にはとりあえず薬局でロキソニンを買って飲んでみるといいです。抗炎症成分のある湿布薬も併用すると効果的です。

ただ、ロキソニンは眠くなるという副作用があることがありますので車の運転が必要な時には注意が必要です。

 

ロキソニンを飲んでも寝違えの痛みが軽減しない場合

ロキソニンを飲んでも痛みが軽減しない場合があります。

血流の低下で炎症状態が続いている場合や筋膜障害やトリガーポイントの影響で筋肉の過剰収縮が続いてしまっている状態です。

血流の低下の炎症の場合は虚血ではなくうっ血が原因です。

患部を冷やすようにしてうっ血を改善させることが大切です。

リンパマッサージのようなアプローチでうっ血を改善させることで痛みが軽減する場合はうっ血が原因であるとわかります。

それを行っても痛みに変化が無い場合は筋膜障害やトリガーポイントの影響であると思われます。

筋膜障害やトリガーポイントがあると筋肉がストレッチをされたり収縮するとその刺激を元に過剰な収縮を引き起こしてしまいます。

寝違えの強い痛みは2,3日すると炎症が収まってきて軽減しますが、筋膜障害やトリガーポイントが残っているために再発しやすく寝違えを繰り返すようになってしまったり、首をうごかした時の痛みや違和感を持ち続けるようになってしまいます。

そのような方は強い痛みがおさまってから筋膜障害の治療やトリガーポイントの治療を行ったほうが良いです。

筋膜障害は筋膜リリースやストレッチで改善していきます。

トリガーポイントは虚血圧迫やカウンターストレインで改善していきます。

カウンターストレインというのは筋肉が緩んだ状態をつくりだすことで筋肉のコリを無くしていくような治療法です。

コツをつかむと自宅で自分でもできますので、繰り返す寝違えの方は時々行うといいと思います。

ロキソニンが効かない寝違えのキネシオロジー検査

痛みのある部分を手で触ります。

寝違えの場合はストレス反応がでます。

次にロキソニンを手に持って反応をみます。

ロキソニンに効果がある場合は反転反応があります。

反転反応が無い場合はロキソニンの効果はありません。

筋膜障害やトリガーポイント、血流障害が原因であると思われます。

それぞれにアプローチしていく必要があります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

筋膜障害性の肩こりのキネシオロジー検査の反応

2017/08/03

肩こりの原因に筋膜障害があります。

筋膜は筋肉を覆っている膜で筋肉の収縮や緊張をコントロールする感覚センサーの役割りがあります。

筋肉の過剰な収縮や伸張から筋肉組織を守っているのです。

 

この筋膜にたるみや癒着があると感覚センサーが狂った情報を脳に伝えてしまいます。

そのため凝り感を感じたり、筋肉が収縮し続けたりして血流が悪くなったりします。

そして肩の痛みや凝り感を感じるようになります。

 

筋膜の障害では筋肉が伸張されても収縮しても脳はストレスを感じるようです。

首や肩をうごかさないことがストレスの無い状態となっているので、動かさなくなって血流が悪くなるという悪循環となります。

 

筋膜性肩こりのキネシオロジー検査

筋膜障害では筋肉の収縮と伸張の両方にストレス反応が出ます。

まず、首を左右前後にストレッチして反応をみます。

次に肩を下げてストレッチして反応をみます。

右肩を下げた時と首を左に傾けてストレッチした時の両方でストレス反応が出る場合は上部僧帽筋が障害されていると思われます。

次に首や肩の筋肉が収縮するように抵抗運動を行ってストレス反応をみます。

筋肉が収縮してもストレッチしてもストレス反応が出るようであれば筋膜障害があると思われます。

筋肉を特定して自分自身に問いかけるキネシオロジー検査で確認していきます。

「上部僧帽筋に筋膜障害がありますか?」と問いかけます。

Yesの反応がでたら上部僧帽筋に筋膜障害があると確認できます。

 

ロキソニン、抗ヒスタミン薬、過酸化水素、筋けい薬で反応の反転を確認します。

反応が無ければ筋膜リリースを行うと肩こりは改善されます。

ロキソニンで反応があった場合は炎症が起きていると思われます。

抗ヒスタミン薬で反応が出た場合はアレルギー反応やうっ血の状態があると思われます。

過酸化水素で反応する場合は交感神経の過剰や虚血性の状態があると思われます。

筋けい剤で反応する場合は交感神経の過剰があると思われます。

 

薬剤で反応する場合は筋膜リリースを行って改善しても、再発してしまう傾向にあります。

特に抗ヒスタミン薬、筋けい剤で反応する場合は再発しやすいです。

 

施術とともに悪化要素を減らしたり、日常的な筋膜を意識したストレッチを行うことで肩こりにならないような状態に導くことができると思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

首のストレッチが首コリや肩こりを悪化させることがある

2017/07/06

首の強いコリ感を訴えている患者さんで、首のストレッチをすると首の凝り感が悪化するという反応がありました。

この患者さんは慢性的な肩こりがあって、肩こりがひどくなると吐き気をもよおすほどです。

3か月ほど前から首のコリ感が強くなってつらいようでした。

キネシオロジー検査で原因を探っていくと上部僧帽筋の筋膜障害が原因のようです。

 

筋膜リリースで筋肉の調整を行ったところ右の僧帽筋は解消されましたが、左の僧帽筋はなかなか改善されません。

ストレッチを行ったところストレス反応がありました。

首を前に曲げるストレッチはストレス反応が出ないのですが、横に曲げるストレッチではストレスのようです。

原因を探っていくと肩が前に出ている巻き肩の状態が原因でした。肩が前に出ている状態で横に首を曲げてストレッチすると僧帽筋にストレスがかかるようです。

肩を後ろに引いた状態で僧帽筋の筋膜リリースを行たところ筋膜障害が解消されました。

 

巻き肩のすべての人に当てはまるかどうかはわかりませんが、巻き肩の人は首を横に傾ける動作でストレスがあるようです。

横向に寝たりすると上部僧帽筋のストレス状態が続くので、慢性的な肩こりが解消されないと思われます。

 

厄介なことに筋膜障害があると感覚センサーのエラーのために悪い状態の姿勢を好む警告にあります。

仰向けで寝れない、横向きじゃないと寝れないという方の肩こりの場合は首のストレッチをしても肩こりが解消されないと思われます。

そのような方の肩こりを改善する方法は肩が前に出ない状態でストレッチを行うことです。

最近テレビで時々やっている、肩の筋膜ストレッチが効果的です。

「S字ストレッチ」というやつです。

後に手を回してS字を作ると肩が前に巻き込みません

この状態でストレッチを行って30秒から1分キープすると僧帽筋の筋膜障害が解消されると思われます。

肩こり、首コリでお悩みの方は試してみてください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

むち打ちやむち打ちの後遺症について

2017/05/21

車での追突事故やスポーツでの接触、転倒した際など身体に突発的な強い衝撃を受けると、頭の重さによる応力によって首が鞭のように動いてしまいます。

この時、首の筋肉の許容量以上の負荷がかかってしまって首の筋肉が挫傷してしまいます。

頚椎の靭帯にも影響が加わると頸椎捻挫を引き起こしてしまいます。

首を動かす際に筋肉が収縮するたびに痛みが出るようになってしまいます。

ロックコンサートやアイドルのライブの応援で首を過剰に振り続けることでむち打ちになってしまうことも稀にあります。

 

むち打ちになってしまったら

急性の筋挫傷、関節挫傷の状態なのでまず冷やすようにします。

頭の重さを支えるだけで筋肉に負荷がかかってしまうため、頸椎カラーがある人は頸椎カラーを装着したほうが首の負担を軽減できます。

1週間程度は炎症状態が続くため、なるべく過剰な負荷がかからないようにします。

完全安静の状態を続けていると血流が停滞して回復を妨げてしまうことがあります。

安静時には深呼吸を積極的に行うようにして、安全な範囲で首の筋肉を活動させて良い回復を促します。

  • 2週間すれば痛みが軽減、もしくはなくなります。

 

もし、1,2週間しても痛みがなくならない場合は

1,2週間しても痛みがなくならない場合があります。

関節の機能障害や筋膜障害、筋紡錘や腱紡錘のセンサーエラーが起きてしまっている場合があります。トリガーポイントが形成されてしまっている場合もあります。

このような場合はカイロプラクティックでの施術を受けることが効果的です。

筋膜障害筋紡錘腱紡錘のセンサーエラーが起きてしまっていると、狂った信号の情報をもとにして筋肉を動かすため、過剰に収縮したりしてしまい、動かすたびに痛みが出るようになります。

筋膜障害や狂ったセンサーは適切な刺激を加えないと自然に元に戻ることはほとんどありません。

調整するための刺激が必要です。

 

むち打ちの痛みを放置していると

むち打ちのような強い外傷による痛みを放置していると、首の動きをかばうために肩やっ背中の筋肉に負担がかかるようになってしまい、肩こりや四十肩や五十肩、背中の痛みを引き起こしやすくなります。

首の筋肉からの痛みの放散や頭部の血管の反射性収縮で頭痛がおきやすくなったりします。

 

むち打ちの後遺症が残ってしまったようであれば丸山カイロプラクティックにご相談ください。

首の関節や筋肉の筋膜障害、筋紡錘や腱紡錘のセンサーエラーの改善にはカイロプラクティックの検査とアプローチが効果的です。

マッサージや牽引などを行っていてむち打ちの後遺症の痛みが改善しない方など、一度カイロプラクティックの施術を受けてみてください。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。