2019

首の凝りからくる頭痛

2019/06/29

定期的に肩こりの調整に来ている患者さんで昼ぐらいから頭痛がしだした、というので原因をキネシオロジー検査で調べてみました。

 

風邪をひいた時に起きる頭痛と似た感じがするので本人は風邪をひいてしまったのかもしれないと言っていました。

 

ウィルスでは反応せず、カビで反応がありました。バクテリアでも反応がありません。

 

喉を触ると反応があるため、喉のカビが一因になっているようでした。

 

首の後ろを触ると反応があり、その反応はカビで反転しました。

 

実際に首を触診してみると、喉頭下筋群がカチカチになっていて強く推すと頭に痛みが強く放散しました。

 

頭痛は喉頭下筋群のトリガーポイントが直接の原因の用でしたが、その首の緊張を作ったのは喉のカビが原因ではないかと思われました。

 

この方の場合、お茶で改善反応がありましたので、緑茶でのうがいを勧めてみました。

 

首のトリガーポイントの施術を行って若干の頭痛の改善がありましたがまだ痛みがある状態でした。

 

次の来院の時に経過を聞いたら、翌日の朝起きた時には頭痛がなくなっていたそうです。

 

家に帰ってからと食後と寝る前にお茶でうがいは行ったそうです。

 

頭痛が一過性だったのかもしれませんし、トリガーポイントが原因だったのかもしれません。

 

しかし、喉のカビの刺激が原因で首の筋肉が緊張したり、血流が悪くなることで頭痛を引き起こすことがあります。

 

これといった原因もなく突然に頭が痛くなるという人は喉にいるカビにも注意をしてみたほうがいいかもしれません。

 

予防策としてはこまめなうがいが効果的です。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

嗅覚低下鼻にドクダミを詰めて1ヵ月半

2019/06/29

こまめに鼻にドクダミを詰めることを続けて1ヵ月半が経ちました。

 

こんなことを続けても無駄なのかと思っていましたが、先日ちょっとしたクリームのにおいをかすかに感じました。

 

以前はドクダミを詰めると鼻水が出ていたのですが、それが出なくなってきたのと、

 

鼻の上の方の空間が広くなってきたような感じがあります。

 

鼻粘膜の腫れや肥厚が改善してきた感じがあります。

 

鼻水が出なくなってきたのは好酸球性副鼻腔炎が改善傾向にあるのではないかと期待しています。

 

私の印象ではドクダミによって鼻腔内のカビが減ってきているからではないかと思っています。

 

緑色の鼻水は激減しました。

 

嗅覚が回復してコーヒーの香りを楽しめるようになることを期待します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

つらい肩こりによくある原因の筋膜障害

2019/06/26

慢性的な肩こりの原因でよくあるのが筋膜障害です。

 

筋肉を覆っている膜が癒着をおこしてしまっていたり、たるんでしまっていることで凝りを感じてしまいます。

 

しわが寄ってしまったシャツをマッサージしてもシワがなくならないのと同じように肩こりを起こしてしまった筋肉をマッサージしても筋膜のシワはなくならないのです。

 

肩こりの原因の改善には筋膜リリースが必要です。

 

肩こりを引き起こす筋膜に軽いストレッチ状態を作り出すことと、ちょっとの時間ストレッチ状態をキープすることで筋膜を調整することができます。

 

血流が悪くなると筋膜の障害が再発しやすくなりますので普段の姿勢を良い状態に保つ意識を持つことも大切です。

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やる気が出ないのかそれともやりたくないのか?

2019/06/23

うつになるとちょっと体をうごかすことができなくなったり、簡単な歯を磨くとか風呂に入るということができなくなってしまったりします。

 

この時の感情には2つのメンタルパターンが存在します。

 

一つは『やる気が出ない』

 

もう一つは『やりたくない』

 

です。

 

やる気が出ないという場合はドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンのホルモンが低下しています。

 

イライラしたりしますか?

 

イライラは怒りのホルモンと呼ばれるノルアドレナリンが分泌されています。

 

やる気が起きなくても無理やり軽い運動を行って、終わった後に達成感を感じるようにするとドーパミンが出てくるようになってそのうちにやる気が出ないという状態が改善されていきます。

 

イライラすることに目を向けることを、無理やり感謝できるようなストーリーを考えて感謝するようにするとセロトニンが分泌されてドーパミンやノルアドレナリンの分泌をコントロールできるようになってやる気が出ないという状態が改善されていきます。

 

喫煙やアルコール、ドラック、安易なセックス、自傷行為は一過性にドーパミンやセロトニンを分泌しますが、リバウンドがありますので改善にはつながりません。これらの行為には達成感を感じることがほとんどないからです。次第に『やりたくない』というメンタルになってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

ホルモンの材料となる栄養素が不足している場合もあります。これは『やりたくない』場合と共通しています。

 

『やりたくない』という場合は脳が疲弊していると思われます。

 

嫌いなことがやりたくないというのではなく、簡単な以前できていたことができない、やろうとするけど『やりたくない』、だからできないとなってしまいます。

 

嫌なこと、やりたくないことを続けていたストレスの蓄積や強い精神的なストレスや肉体的なストレスを感じて脳がダメージを受けてしまいます。

 

脳が炎症を起こしていたり、委縮してしまいます。

 

脳のダメージによって内臓の働きが低下すると、栄養素の吸収が悪くなってやる気を出すホルモンや、やりたくない気持ちを抑えるホルモンが出なくなるという悪循環サイクルに陥ってしまいます。

 

これを改善するのは容易ではありません。

 

まずは腹式呼吸のトレーニングを積極的に行って内臓への刺激と精神のリラックスができるようにします。

 

そして一日3食から5食の食事を腹7分目程度でとるように心がけます。

 

食欲が無い場合でも、少量の食事はとるようにします。(ただし、嘔吐してまうような食欲不振の場合は無理に食べません)

 

食べると止まらない、食べ過ぎてしまうというような場合は内臓や脳のセンサーが狂ってしまっています。

 

これを治すのはとても困難です。ストレスがあると過食してしまう。特に甘いものを食べてしまう傾向にあります。

 

食べてやる気が出るならいいですが、やる気が出ないのであれば我慢するしかありません。

 

精神的なストレスや脳の炎症のストレスを興奮や内臓のストレスや更なる炎症で紛らわそうとしているということを自覚して我慢するしかないのではないでしょうか。

 

簡単につまめるお菓子を身近におかないとか、食べ終わったら散歩に出かけるとか。

 

「やりたくない」気持ちの時でも『食べたい』欲求がある時は軽い散歩のような体をうごかす行為は比較的できやすいようです。

 

これが1ヵ月から3か月続けれると嫌いなこと以外でのなぜだかわからない『やりたくない』という気持ちがなくなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

糖と脂肪の吸収を抑える機能性食品

2019/06/20

健康番組とかでコーヒーを飲むと脂肪の吸収を抑えることができて痩せる効果が期待できるとか言われたししますね。

 

冷や飯はレジスタンススターチとなって吸収しにくい糖となって糖尿病や肥満の予防に良いなんて話もあります。

 

吸収を阻害するというのは、果たして良いことなのでしょうか?それとも悪いことなのでしょうか?

 

糖質や脂質の栄養素は小腸で吸収されます。

 

小腸で吸収されないということは大腸に回って便となって排泄されるということです。

 

排泄されれば良いのですが、速やかに排泄されない場合はバクテリアやカビの餌になってしまう可能性があります。

 

大腸のカビではカンジダ菌の影響が一番考えられます。

 

大腸は基本的に酸素が無い状態なのでカビは生えにくいのですが、ストレスや炎症などで活性酸素が発生すると酸素が発生してカンジダ菌は菌糸型のカビとなってしまします。

 

そして、人が吸収しなかった糖を餌として増殖するようになります。

 

脂肪が好きなバクテリアは何でしょうね。

 

ディフィシルでしょうか。

 

ファーストフードが好きで、運動が嫌い。そして楽に痩せたいなんていう思いの人はもしかすると腸内が悪玉菌だらけになってしまうかもしれません。

 

不調に陥るのはそれから何年もたってから。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アプライドキネシオロジーでは副鼻腔炎にはナイアシンが効果的

2019/06/19

アプライドキネシオロジーでは副鼻腔の症状にはナイアシンもしくはナイアシンアミドが改善のための栄養素となっています。

 

ナイアシンのサプリを毎日飲んで1ヵ月半経ちました。

 

劇的な効果はないものの、鼻水は減ってきています。

 

ナイアシンで皮膚のかゆみが出るように、末梢の血管の血流が良くなることが原因ではないかと思います。

 

退化した毛細血管が回復するには3か月ぐらい見たほうがいいようなので、あと1ヵ月半続けて様子を見てみたいと思います。

 

鼻水が完全になくなるとともに嗅覚が回復することを祈ります。

 

先日、風呂の湯気の香りがかすかに感じられたような気がしました。

 

ただ、入浴剤を入れていないのに入浴剤の臭いがしたので、思い込みの香りだったみたいです。

 

でも、鼻粘膜の感覚は明らかに変化しているかんじはあります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。