ブログ

骨盤が歪む原因は炎症にあり

2016/05/26

骨盤が歪む原因は炎症にあります。

骨盤ゆがみは関節の膜のたるみや癒着です。

足を組んで長い時間座っていると、引っ張られている組織は虚血に陥りやすくなります。

虚血後に再び血流が再開されたときに炎症が起きるのです。

炎症が起きた組織がそのまま放置されてしまうと癒着を引き起こします。

これによって骨盤が歪んでしまうのです。

次回は炎症が起きにくい対策方法を考えてみたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

反射性筋収縮の原因の骨盤のゆがみ

2016/05/26

骨盤のゆがみはさまざまな不調や病気を引き起こすといわれています。

それは、骨盤の関節にある膜組織のセンサーがエラーを起こしてしまうことが原因です。

センサーがエラーを起こしていると、骨盤の関節が動いたときに、その動きに筋肉が連動しないで、過剰に緊張してしまったり、逆に弛緩して力が出なくなってしまいます。反射性筋収縮の詳細はこちら

椅子から立ち上がる時に腰が「ずきっ」っと痛く感じる原因はこれが多いです。

骨盤のゆがみの状態(膜組織のエラー)を改善すると、そのような腰痛は発生しなくなります。

次回はなぜ骨盤が歪むのか?を考えてみたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

腰痛の原因(反射性収縮)

2016/05/26

腰痛を引き起こす一番の原因は反射性の筋肉の収縮です。

何かしらが原因で反射的に筋肉が緊張してしまって、炎症がおきたり、疲労物質が蓄積して痛みが生じます。

多くの場合、その何かしらがわからないので、症状が改善しなかったり、症状を繰り返してしまいます。

よくある反射性の筋収縮は関節の膜センサーからの過剰な情報だったり、筋紡錘や筋膜からの情報のエラーだったりします。

多くの腰痛はその原因を改善すれば良くなります。

逆に、原因を改善できなければ、なかなか良くならないんです。

次回に原因について書いていきたいと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。