ブログ

アトピー性皮膚炎の増悪要素は黄色ブドウ球菌とマラセチア

2017/11/06

ヒスタミンによってかゆみや炎症が増悪してアトピー性皮膚炎の増悪状態となります。

ヒスタミンは汗に含まれているヒスタミン遊離活性物質によっても分泌が多くなるため、破たんした皮膚の状態では汗によってもアトピー性皮膚炎が増悪します。

 

黄色ブドウ球菌とアトピー性皮膚炎増悪の関係

黄色ブドウ球菌がデルタ毒素を排出、デルタ毒素により肥満細胞(マスト細胞)が、ヒスタミンなど起炎物質を含んだ顆粒を放出(脱顆粒)させると、それにより、赤みや炎症、そしてかゆみが生じ始めます。

同時に、デルタ毒素はIgEを増強させる働きがありますので、黄色ブドウ球菌の感染症が継続することで、IgEが少しずつ増え始めます。そして、掻き壊しが強くなってくると、黄色ブドウ球菌からのデルタ毒素と、デルタ毒素により作られたIgEがデルタ毒素による肥満細胞からの脱顆粒をさらに促進させ、炎症が悪化するという悪循環へと陥ります。

デルタ毒素を出す細菌は黄色ブドウ球菌のほかにウェルシュ菌がいます。

 

マラセチアとアトピー性皮膚炎の関係

http://www.tokyo-eiken.go.jp/files/archive/issue/kenkyunenpo/nenpou67/09chiba.pdf

より

「以前からマラセチア属はアトピー性皮膚炎の増悪因子と考えられていたが,そのメカニズムについては不明な点が多かった.Nakabayashi らは,培養法によってアトピー性皮膚炎患者のマラセチア属の菌叢を解析し,マラセチア. furfurやマラセチア. globoseが優勢であることを報告した.しかし,Sugita らが行った分子生物学的な解析では,マラセチア. globosa に加えて培養法では検出されにくい M. restricta の 2 菌種が優勢になっていること,また,これらの菌種が分子生物学的に種内多型を有していることが判明した .

アトピー性皮膚炎患者においてこのような菌叢の偏りを生じている理由については,後に Hiragun らが汗に含まれるヒスタミン遊離活性物質がアトピー性皮膚炎の増悪因子であることに着目した解析を行い,M. globosa が産生するタンパク質の中に同様の物質が含まれていたことを報告した 。」

 

ある種のマラセチアのヒスタミンによってアトピー性皮膚炎が増悪するようです。

 

汗のヒスタミンでアトピー性皮膚炎が増悪する

上記であるように汗にヒスタミン遊離活性物質が含まれているようです。

皮膚が破たんしている場合は皮膚からヒスタミン遊離活性物質が体内に入り、炎症状態を作り出してしまいます。

 

アトピー性皮膚炎の改善のために

黄色ブドウ球菌、マラセチアはともに脂肪要求性の高い菌です。

脂肪分の多い食事は注意が必要です。

最近の健康番組では石鹸で体を洗うと皮脂が取れてしまい、皮膚が乾燥してしまうので良くないということが言われていますが、これは健康な皮膚状態の人に言えることで、皮脂分泌が過剰な場合は石鹸で皮脂を落とすことが必要だと私は考えています。

脂肪要求性の高い黄色ブドウ球菌やマラセチアの餌を無くすことが大切です。

また、有酸素運動を積極的に行うことで脂肪代謝が高まり、菌に餌を与えずに自分自身の栄養として代謝することができるようになります。

腹式呼吸ができていない人や横隔膜の動きが悪い人は脂肪代謝が悪く、滞った脂肪が菌の餌になってしまいます。

半身浴を行って良い汗をかくようにすることも良い方法だと考えられます。

マラセチアによって角質化してしまった皮膚によって出にくかった汗が出るようになるまで気長に続けるといいと思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

人の視線が気になって生きずらい恐怖麻痺反射統合不全

2017/11/05

作業をしていると人に見られているような気がする、駅のホームで電車を待っている時に背後から人の視線を感じる。

そのように人の視線が気になって生きづらさを感じてしまうことがあります。

たぶんコルチゾールの過剰によることが原因だと思われます。

コルチゾールが過剰になってしまう要因の一つに恐怖麻痺反射の統合不全があります。

恐怖麻痺反射の統合不全では普通の人ではストレスとして感じない重力や音、光などにストレス反応をしてしまいます。

その反応を処理する際にコルチゾールの分泌が高まってしまうという場合があるのです。

 

人の視線が気になる原因のキネシオロジー検査

視線を感じている状態をイメージします。

人の視線で生きずらさを感じる人はストレス反応がでます。

次に恐怖麻痺反射の統合不全の検査を行います。

視覚、聴覚、脊柱運動、同側運動、対側運動の確認を行います。

ストレス反応がでたら、視線を感じている状態をイメージしながら再度検査を行います。

反応がでなくなったならば、反応がなくなったレベルでの恐怖麻痺反射統合不全が原因となっていると思われます。

ホルモンの波動キットで反転反応があれば、コルチゾールの過剰が原因となっていると思われます。

 

恐怖麻痺反射統合不全の検査でストレス反応がでない場合

脳の痛みを感じる部分が刺激されていることが続いている可能性があります。

要因としては、慢性炎症、うっ血、虚血、低血糖、他人を妬む思考、低い自尊心、自分の欠点を悔やむ思考、自分の失敗を後悔する思考、後悔しやすい性格などがあります。

脳の痛みを感じる部分が刺激されて、それを解消するためにコルチゾールが過剰に分泌されていると思われます。

コルチゾールは通常では覚醒作用、鎮痛作用、などがありますが、過剰になると幻覚や幻聴を引き起こすようになることがあります。

人の視線が気になるというのは幻覚や幻聴の前段階であると思われます。

 

恐怖麻痺反射が原因ではない人の視線が気になる場合の対処法

キネシオロジー検査を行って反応がでたものに対処していきます。

ネガティブ思考をしないということは大切です。

低血糖を防ぐために、甘いものを過剰に食べることや早食いは改善するようにします。

適度に飴を舐めるというのも低血糖を予防します。

痛みの感知センサーが狂ってしまっている場合は、皮膚刺激、関節刺激、筋肉刺激が効果的で適度な有酸素運動を行うことは改善につながります。

また、しょうがのショウガオール、唐辛子のカプサイシン、ハッカ油などのメントールは熱感知センサーを良い状態に調整する働きがあるので改善反応があれば積極的に摂取してみるのも一つの方法です。

 

気にしすぎないことも大切です

自分が思っているほど他人はあなたのことを気にしていません。

気のせいであることがほとんどです。

 

通勤時や通学時など特定の時だけ視線を感じるという場合はストーカー被害にあっているという可能性も考えられなくはないので、どのような時に視線を感じるのかを自分の中で確認してみるというのも大切なことです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

盲腸の手術を行うと大腸がんのリスクが高まるというのは本当か?

2017/10/29

台湾でのある疫学調査では虫垂の切除を行った患者は手術後に大腸がんのリスクが高くなり、手術後1.5~3.5年後に直腸がんの発生率が高まるという報告がありました。

 

以前は盲腸は機能していないなくても良い存在でありましたが、最近の医学では盲腸は免疫に何かしら関与していて必要な存在であるということになってきているようです。

盲腸の切除を行うと本当に大腸がんのリスクが高くなるのでしょうか?

盲腸の症状の原因は盲腸の炎症で、細菌やウィルスが関与しています。

盲腸に炎症を起こしている細菌やウィルスが大腸にいないと考えるよりも、いると思われます。

盲腸にいる細菌やウィルスが大腸がんを引き起こしていると考えることができるのではないでしょうか。

盲腸の切除を行わない治療では抗生物質やワクチンの投与を行います。

抗生物質やワクチンによって盲腸に炎症を起こす菌やウィルスとともに腸内の菌も排除するために大腸がんが発生しないのではないかと私は考えます。

盲腸の細菌と大腸がん組織の細菌が一致するとそのようなことが確認できるのでしょうが、なかなかそのような研究は難しいでしょう。

 

ストレスと盲腸が関係しているようなので、活性酸素で活性化する細菌の影響が考えられます。

カンジダ菌などの酵母様真菌、緑膿菌、マイコプラズマなどの過酸化水素を酸素にしてしまう酵素がある細菌が酸素をつくり、その酸素によって大腸菌が悪性化するということが考えられます。

大腸がんとの関連から、うっ血も関与していると思われます

うっ血ストレスによる活性酸素の発生があるかもしれません。

また、直腸平滑筋の機能低下によって直腸が有酸素状態になりやすいことも原因で葉内かと思われます。

緑膿菌は平滑筋、輪筋の機能を障害する能力を持っています。

カビにもそのような機能があるのではないかと思っています。

 

高エネルギー高脂肪食では盲腸内の細菌叢は緑膿菌などの数種類のみになってしまうようです。

盲腸になったら、食生活の改善を心がけて腹式呼吸を行うこと、股関節、骨盤周りの運動を行うことでうっ血がおこらないように心がけることが大切ではないかと思います。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

マグネシウム不足による恐怖麻痺反射統合不全

2017/10/29

聴覚レベルと対側運動レベルの恐怖麻痺反射統合不全の方で統合不全の要因にマグネシウム不足があるというケースがありました。

聴覚レベルの障害は呼吸法と耳への刺激で反応が改善されましたが、対側運動レベルの統合はなかなか改善されませんでした。

恐怖麻痺反射の統合の妨げとなっている原因を調べると糖で反応し、エネルギー代謝が悪いことが原因であると思われました。

エネルギー不足のストレスが恐怖麻痺反射の統合を妨げていて、恐怖麻痺反射のストレスでエネルギーが消耗するという悪循環が続いていることが原因であると思われました。

恐怖麻痺反射統合不全の検査

聴覚への刺激でストレス反応があり、耳への刺激と腹式呼吸で反応が反転しました。

視覚への刺激ではストレス反応がありませんでした。

脊柱への刺激ではストレス反応がありませんでした。

同側運動の刺激ではストレス反応がありませんでした。

対側運動の刺激ではストレス反応があり、糖、ミネラルで反応が反転しました。

ミネラルはマグネシウムで反応し、マグネシウムのアレルギー反応がありました。

頭蓋呼吸ストレスで1/2吸気、方鼻呼吸でストレス反応があり、呼吸やストレスによる脳脊髄液循環不良があると思われます。

 

恐怖麻痺反射統合へのアプローチ

頭蓋の調整とマグネシウムのアレルギー除去療法を行いました。

エネルギーの不足に陥らない様に定時間でのブドウ糖の飴の摂取をアドバイスしました。

対側運動のトレーニングのアドバイスをおこないました。

 

コメント

この方は初回のアプローチで対側運動トレーニングを行い、2回目の来院時には反応がなくなってしまいた。

しかし、3回目の来院ではストレス反応が再発していまし、4回目の来院でも再発していました。

原因はトレーニングを怠っていたようです。

一度ストレス反応がでなくなったものが再発したので、原因を探すとエネルギー不足、マグネシウム不足ということがわかりました。

対側運動は歩行など日常のあらゆる場面で使われる動作です。その動きにストレスがあることは単なる日常生活でエネルギーを消耗し、様々な能力の発達を妨げてしまいます。

恐怖麻痺反射の統合のためには対側運動を行ってもストレス反応が出なくなるまでトレーニングを続けるか、エネルギー不足の引き金になっているマグネシウムのアレルギーの除去を行うことが必要だと思われました。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

栄養不足で死にたくなることがある

2017/10/18

鬱症状のある方で自殺願望や死にたいと考えてしまう人の中に、栄養不足であることが原因であることがあります。

多くの場合は糖や脂肪からのエネルギーが不足しているという反応があります。

ストレスによって副腎疲労に陥っていてエネルギー代謝が悪いなど様々な原因があります。

 

栄養不足になっていて死にたくなる原因

・単に食事の方よりなどで栄養不足に陥っている場合があります。

・血流が悪く、脳や体の組織のエネルギー代謝が悪くなっている場合があります。

・副腎の疲労によってエネルギー代謝が悪くなっている場合があります。

・ビタミンやミネラルの不足によってエネルギー代謝が悪くなっている場合があります。

 

栄養不足で死にたくなってしまう現象のキネシオロジー検査

①私は生きたい

②私は生きたくない

③私は死にたい

④私は死にたくない

この4つの提言での反応を確認します。

①と④はYesの反応、②と③はNoの反応がでることが正常な反応です。

 

もし、どれかで逆の反応がでていたならば、その思考が死にたいという思考を作り出していると思われます。

 

糖や脂肪の波動キットを手に持って反応が反転したならばエネルギー不足によって死にたいという思考が生まれていると考えられます。

副腎のリンパ反射点で反応が反転したならば、副腎疲労が原因です。

抗ヒスタミン薬やセロトニンで反転したならば血流によることが原因です。

ビタミンで反転したならばビタミン不足によるエネルギー不足です。

ミネラルで反転したならばミネラル不足によるエネルギー不足です。

カビやバクテリアで反転したならば、炎症や毒素による副腎疲労やカビやバクテリアに栄養を奪われていることが原因だと思われます。

 

エネルギー不足による死にたいという思考の改善のアプローチ

エネルギー不足に陥らない様にブドウ糖の飴を1~2時間おきに舐めることが大切です。

糖や脂肪、ビタミンやミネラルにアレルギーがあるようであればアレルギー除去療法を行います。

副腎疲労や血流の低下は腹式呼吸で改善することが多くありますので、腹式呼吸のトレーニングや横隔膜の機能改善のアプローチを行います。

感情が副腎や血流に関係している場合は刺激している感情を探し出して感情の状絵Kン反射を切り替えていくようにアプローチをすることが必要になります。

探し出したアフォアメーションを行うことも改善につながっていきます。

 

死にたいという思考は本当の思考ではありません

エネルギー不足によって生まれる死にたいという思考は本当の自分の思考ではありません。

ちょっと魔がさしたり、勘違いのようなものです。

そんな思考で自分を傷つけたり、死のうとしないでください。

ストレスが続くとエネルギー不足に陥ってしまって、そのようになってしまうことがあります。

注意してください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ドライアイや口腔内の乾燥はコリネバクテリウムが原因かも

2017/10/18

乾燥症菌と呼ばれる菌がいるそうです。

コネリバクテリウムxerosisuでゼローシス菌というらしい。

調べてみても詳しいことはわかりません。

 

目の乾燥性結膜炎ではこのゼローシス菌が関与していることがあるようなので、乾燥状態を引き起こす菌なのではないかと思われます。

 

コリネバクテリウム属は放線菌で、一部の菌は口腔内に常在する菌です。

口腔内が乾燥してしまうのもこの菌が関係しているかもしれません。

 

放線菌は培養が難しいので症状でこの菌が疑われることはまずないでしょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
丸山カイロプラクティック
http://www.maruyama-chiro.com
住所:東京都東村山市秋津町5-12-13  シバタビル1F
TEL:042-391-5840
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

秋津にある当店のカイロプラクティックのことがよく分かるブログをぜひご覧ください

秋津駅から直ぐの当サロンでは、本来身体が持つエネルギーと条件反射に着目し、神経系統のバランスを整えることで健康にとってよい方向へと条件反射が働き、自然治癒力の回復を目指す整体施術をご提供しております。
カイロプラクティックといいますと骨格調整や骨盤矯正などがよく知られておりますが、実は様々な療法がございます。当サロンの考え方やこだわり、安心の施術についてよくご理解いただけるよう、ブログで分かりやすくご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
秋津にある当サロンでは肩こりや腰痛をはじめ、頭痛やストレス等による自律神経の乱れなどお体の様々なお悩みの改善が期待できますので、初めての方もお気軽にお問い合わせください。