こんな症状の方に

腰の痛み

腰痛
腰は体の要です。人間が立って歩き行動をするための要になるものです。したがって腰になんらかの異常が起こると行動、生活に支障を及ぼし、生活の質(クオリティーオブライフ)の低下を及ぼしかねません。痛みの警告は謙虚に受け止め早めに対策を立てるようにしましょう。
座っていると痛くなる腰痛はこちらを参照してください。  
慢性腰痛
慢性的に腰痛のある人、朝起きるといつも腰が痛い、デスクワークしているとそのうち腰が痛くなる、なんていう人は 慢性腰痛と呼ばれている人たちです。 不本意ながらいつも腰痛になることをやってしまっていたり、腰痛にならないようにすることをやっていない為に腰痛になる環境が出来上がってしまっています。 腰痛になる行為を見直して見ましょう。 腰痛にならないようにする行為を積極的に行いましょう。 カイロプラクティック治療は腰痛になってしまう環境を改善するお手伝いをすることが出来ます。
ぎっくり腰
突然に襲われる腰に感じる強い痛みで立っていたり、身動きをとることが困難になります。 炎症性の痛みの場合と、筋肉が過収縮してしまった場合の痛みと、それらの複合での痛みの場合があります。 何度も繰り返してぎっくり腰を経験している人はぎっくり腰になる環境が出来上がっています。 自分の環境を見直してみたほうがいいかもしれません。
坐骨神経痛
腰の関節部分(腰椎)から出ている神経(坐骨神経)が炎症によって攻撃を受けたり、圧迫されていじめられているとその坐骨神経に関係している部分に 痛みが出る場合があります。 坐骨神経は腰からお尻を通って脚の裏側を通って足先までつながっています。 そのルートに痛みや痺れが出たりします。
椎間板ヘルニア
背骨(脊椎)の関節に椎間板というクッションのようなものがあります。 その椎間板の内圧が異常な状態が続くことによって内部が飛び出てきている(ヘルニア)状態や、飛び出ようとして椎間板が盛り上がってきている(膨隆)状態です。 炎症によって神経を攻撃したり、圧迫することによって神経をいじめています。 ヘルニアは首から腰までどこの椎間板でも起こる可能性がありますが、腰の関節(腰椎)には特にストレスがかかりやすいので腰に発生する場合が多いです。 最近の研究ではヘルニアがあっても腰が痛くない、つまり腰痛の原因がヘルニアではなかったなんていう研究報告も多数上がっています。 しっかりとしたヘルニアの鑑別が必要になってきます。
脊柱管狭窄症
腰椎に脊柱管という神経の通るスペースがあります。 椎間板の膨隆や靭帯の肥厚、加齢による関節の変形などでそのスペースが圧迫されることがあります。 脊柱管が狭窄されることで神経を取り巻く血管を圧迫したり、関節周りの炎症が起こります。 その結果下肢に痛みやしびれが出ます。 間欠性跛行が特徴的な症状です。 適切に対処しないと治ることのない症状です。 もっと詳しい説明はこちら
変形性関節症
関節に対してのストレスが続く環境に対応するために関節が変形してきています。 痛みはそのストレス環境によるもの、もしくは変形した関節によって機能が低下してしまったために起こります。 いちど変性してしまった関節を元に戻すことは非常に困難です。 しかし、関節が変性してしまう環境を放置しておくと症状はどんどん進行してしまいます。 関節周りの環境を改善することと、関節周りの機能を高めてあげる必要があります。