こんな症状の方に

足の痛み

足の痛み
股関節、膝、足首、それらを支えている筋肉や靭帯、それらを機能させている神経に障害が起こると痛みや痺れの症状が出ます。 足の障害で注意をしておかなければならないのが足は体重を支えているために一度悪化するとかつどのたびにいつでも痛みが出てしまうということです。 そして痛みのために日常の活動が制限されて2次的な病気を引き起こす可能性があるということです。 活動が低下するために身体の筋力が落ちたり、代謝が低下したりするかもしれません。 痛みをかばって活動するために姿勢が悪くなったり、骨格がゆがんでしまうかもしれません。 我慢をするよりも早めの対処が大事だと思います。
坐骨神経痛
足に良くわけのわからない痛みが出たときによく聴く言葉が坐骨神経痛です。 実際には腰の関節から出ている坐骨神経が障害を受けて痛みが出る病態です。 坐骨神経は腰椎から出ていてお尻を通って足の裏側を通って足先まで続きます。 その坐骨神経の分布する経路に痛みが出ます。多くの場合、お尻、足の裏側に痛みが出ます。 腰の部分とお尻の部分で障害を受けることが多く、耐えることは出来るが強い痛みが出ます。痺れの感覚を感じることもあります。 どこの部分で障害を受けているのか、何が坐骨神経を障害しているのかを確認することが大切です。
ヘルニアによる足の痛み
足の感覚の神経は腰の関節から出ていて足へとつながっています。坐骨神経はその一部です。 ヘルニアによって、もしくは関節周囲の炎症によって神経が刺激を受けると足に痛みを感じます。 炎症性の場合は非常に痛い場合が多いです。足を動かすと神経が伸ばされたりして刺激を増強して痛みが出ます。 足の痛みが本当にヘルニアによるものなのか鑑別することが大切です。
股関節の痛み
股関節の痛みで注意をしておかなければならないのがその痛みの状態である炎症や筋肉の緊張状態が関節を変性させたり、血流が低下して関節や大腿骨に栄養の供給が不足することによって 変性したり大腿骨の骨折につながる危険性があるからです。 自分の股関節の状態を認識することが大切です。治療を行ったほうがいいのはいうまでもありませんが、自分で対応する場合は関節や骨を変性させないように 活動することが大切です。
膝の痛み
膝の痛みは関節部分での炎症、靭帯の障害、クッションの役割をしている半月板の障害、膝を支えている筋肉の問題、関節の動きを滑らかにする為の滑液包 が炎症を起こしているなどによって起こります。 スポーツやそのほか外傷によって靭帯や半月版を損傷してしまうことがあります。外傷の多くは炎症を伴います。炎症を起こすと治っていく治っていく過程で線維化や 癒着を引き起こす可能性があるので適切な治癒過程を経過させてあげることが望ましいです。
膝の変形性関節症
関節に対してのストレスが続く環境に対応するために関節が変形してきています。 痛みはそのストレス環境によるもの、もしくは変形した関節によって機能が低下してしまったために起こります。 いちど変性してしまった関節を元に戻すことは非常に困難です。 しかし、関節が変性してしまう環境を放置しておくと症状はどんどん進行してしまいます。 炎症状態に対する処置が重要です。 関節周りの環境を改善することと、関節周りの機能を高めてあげる必要があります。
足首の痛み
多くの場合が外傷性によるものと炎症性のものです。 スポーツの際やつまずいたときなどに足の筋肉や靭帯に許容量以上の負荷がかかったときにその筋肉や靭帯が損傷してしまいます。 足には立っている際に常時ストレスがかかっているために靭帯が損傷してしまった場合には治癒過程を妨げてしまいます。 炎症が起きた場合には治癒過程で癒着や線維化を起こすことがあるので注意が必要です。 2次的な痛みや機能低下の原因になります。 炎症性の場合はよくない姿勢や歩き方で筋肉にいつも負荷がかかっていて筋肉の付着部、筋肉自体に慢性的な炎症状態になっています。 筋肉の付着部の炎症の場合は靭帯に影響を及ぼして状態を悪化させます。 自分の状態を理解して悪化要素を改善する必要があります。 そして炎症は癒着と線維化と関節の変性を誘発しますので注意が必要です。
外反母趾
足の親指の骨を安定させている靭帯が緩んでしまって親指の付け根が広がってしまい親指の指先が外側を向いてしまっている状態です。 母趾の関節に異常な負荷がかかっているためにとても痛みが出ます。靴によって親指が当たっている場合は常時親指の関節に関節技をかけられて悲鳴を上げているような状態です。 この状態が強かったり、いつも続いていると炎症を起こしてそのうち関節自体が変形していきます。 外反母趾の治癒が難しい理由に、外反母趾の悪化要素が常時あるということと、靭帯が再生していく際のサポート役である筋肉の機能が低下していることにあります。 悪化要素を理解することが重要です。 そして適切に靭帯を再生させてあげるステップを踏むことが大切です。 筋肉の機能低下の原因には他の関節の異常からきている神経の働きの低下の場合もあります。 治療とともに時間と自分の努力が必要になってくるので治癒が難しい症状です。