こんな症状の方に

肩の痛み

肩の痛み
肩のところで痛みが起こると、腕を動かすたびに痛みが出るので日常生活にとても支障が出ます。 動かしたときに出る痛みは多くの場合、炎症性の痛みのため非常に痛いです。 しかも、炎症は一日中続いているので横になっても寝ていても痛みがあって睡眠を妨げてしまうこともあります。 ここで注意をしておかなければならないことがあります。 あまりにも強い痛みで一日中、横になっていてもある場合、特に朝方に強くなる場合などは内科的な問題、気質的な問題が隠れていることがあるので一度、 医療機関で検査を受けてみたほうがいいでしょう。 炎症での痛みが出てしまった場合注意をしなければいけないのが治っていく過程での組織の癒着です。 癒着が痛みを引き起こす原因になり、癒着が方が上がらないなどの機能低下を引き起こし、そして癒着が症状の改善を遅らせます。 状態をよく理解してきちんとした治療が必要です。
四十肩・五十肩
40歳や50歳ぐらいの年齢になると発症しやすいのでこの様に呼ばれている症状です。 肩に痛みが出たり、肩が上がらない、腕を後ろにまわせないなどの症状が出ます。 この症状になると服を着る動作、髪をとかす動作などが困難になって日常生活に多くの支障が出ます。 老化現象だなんて言われることもあります。 老化現象とは悪い生活習慣の蓄積です。 治療とともに悪い生活習慣に気づいて改善することが出来れば症状はよくなっていくでしょう。 しかし、気づかずに改善することが出来なければ症状は長引いてしまうかもしれません。 どういう事が肩の環境にとって良い事で、どういう事が肩にとって悪いのかに気づくことがとても大切です。
胸郭出口症候群
胸郭の出口付近(首の付け根のあたり、鎖骨付近)で神経や血管が圧迫されることによって痛みやしひれなどが 引き起こされる症状です。 圧迫がなくなれば、すみやかに症状は改善します。 しかし、炎症がおきていたり、長期間の圧迫によって血管が退化してしまっている場合などは回復に時間がかかります。 外傷以外の場合、圧迫の原因は姿勢によるもの、圧迫してしまうように働いてしまう筋肉の使い方によるものです。 生活習慣の中で体の、胸郭付近にとってよくない活動に気づくことがとても大切です。
頚椎症からくるもの
首の関節部分での障害による痛みが肩に放散していたり、頚椎の神経の出口のところでの炎症が神経を攻撃していたり、圧迫によって神経がいじめられていると 肩に痛みが出ることがあります。 首を動かすことによって痛みが出たり、頭の位置を変えることによって痛みが軽減する場合などは首に対して治療をすることが必要になってきます。
肩・腕の筋肉によるもの
多くの肩の問題が肩、腕の筋肉によるものです。 四十肩や五十肩のほとんどがこの分類に入ります。 肩の関節付近は筋肉が入り組んでいるので悪いストレスがかかっていることが続いていると筋肉の動きによる摩擦で炎症を起こしやすい構造になっています。 それと肩関節付近は筋肉の付着部が多いので筋肉にストレスがかかり続けるとその部分が炎症を起こしやすくなっています。 肩周りの筋肉は重い腕と頭を支えているため、よくない姿勢や不本意ながらやってしまう間違った筋肉の使い方によって多くのストレスがかかってしまう場合があります。 筋肉の緊張を改善させてあげる環境を作ってあげることが必要です。 筋肉を緊張させてしまう原因に関節からの神経の興奮や肩関節の機能異常があるかもしれません。 そのような場合は関節を調整してあげることが必要になってきます。 よくない姿勢や間違った筋肉の使い方をしてしまっている場合はどういうことが筋肉にとって良いことで、どういうことが悪いことなのかに気づく必要があります。